Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-02-25

すてきにハンドメイド 2月号

| 22:10

一か月前には購入していた本です。そして、広瀬先生のテキスト企画もすでに編みあがっています。早くアップしなくては!なのですが、まずは本の紹介を。

編み物は、編みぐるみマグネットとミトン。かわいい特集でした。

そのほか編み物関連?っていうのかな、巻頭の【季節を描く刺しゅう】で、チェーンステッチでセーターを刺しゅうしたものが登場しました。かわいいなぁと思ったデス。

そして、広瀬先生のテキスト企画は【ファータイプのセミロングスヌード】

編み方はゴム編みで編み始めと編み終わりを巻かがりでつなげてスヌードにしています。

・・・ファータイプの糸です。ファータイプの糸を自ら進んで購入したことは多分ありません。が・・・持っています。それらは福袋に入っていた糸です。どう使っていいのか悩んでいた糸が活躍出来るかも!?

でも指定糸の実物大写真を見ると、持っているファータイプの糸とだいぶ違う気がして悩むこと暫し。三種類持っているファータイプ(と思われる糸)はすべてPuppy社様から発売されていたもの。今回の指定糸もPuppy社様の新製品プリミティーボでした。

2018-02-11

ヨーロッパの手あみ2018春夏号 感想

| 22:26

すでに、Puppyさんの公式HPで販売されているのでご覧になっている方もいらっしゃると思いますが、書店販売は2/14のところ毛糸屋さん経由で一足早く購入しました。ヨーロッパの手あみの春夏号を手に取ると、あぁ春がくるなぁと思うというと言い過ぎですが、節分と同じでまだ寒い日が続くけど、春は一歩一歩近づいてくると思うわけです。

全部で26作品、色違い作品や、糸違い作品、サイズ違いの提案もあります。

去年話題に上がった、リーフィーを使ったウェアの提案がいよいよ本に掲載されています。リーフィーが登場した年のヨーロッパの手あみでもウェアは提案されていました。かくいう私も、チュニックを四苦八苦して編みました。素材や質感から目がそろわないしといったこともあったのかな?後ながらく鈎針メインの小物での提案が続いていました。しかし昨年から提案されている、単色リーフィーで編むウェアはナチュラルテイストでいいなと思います。プルオーバーの提案も欲しいなぁ。

新製品は3種類、ストレートヤーンに、ラメ系、段染糸と、変化に富んでいます。

〇編みたいなと思った作品〇

 新製品:ロマンツァを使ったフレンチスリーブセーター

 ピマデニムを使った、七分袖のセーター

 ルチアを使った、フレンチスリーブカーディガン

どれかは編めたらいいなと思うけど、どれも以前編んだことがあるようなテイストだなと我ながら思います。でもやっぱり着たいものを編む!これですよね。

2018-02-10

リーフ模様のモヘアストール その3

| 23:13

まだこれを編んでいるのか?と思われてしまうかな・・・一週間で編みあがりそうと豪語したのが1/25。現在は2/10です。

f:id:suuri:20180210225354j:image:left

このストールは持っている糸を編みきってしまうを目標に編み始めました。持っているのは4玉です。中央から左右に編み進めていくタイプなので、丁度2玉で半分編めば編み切り作戦は大成功です。

2玉で切りよく編みあがり、さああと半分と編み進めていき、最後の縁編みの段で気が付くわけです。4段一模様のこの編地、片側73段編んで縁編みを2段がテキストの指示。

が、私は55段編んで縁編みを2段編んでいたのです。指定糸とゲージがだいぶ違うこともあり、気を付けていたつもりがこの有様です。その2でアップしてある編地が間違っている証拠の写真!縁編みをほどいてあと2段編み足して再度縁編みを付ければいいのですが、そんなに糸は残っていない。じゃあ片側の段数を調整して、糸を足せばいいのではと思っても、背中心のデザインだからシンメトリーじゃないとおかしい。

一旦は2段糸をほどいて縁編みを足してみましたが、糸が余って少々もったいない。で、やはり最初に思ったように糸を編みきることを優先してみました。

それほど雰囲気は変わらないと思います・・・思いたい><明日にはアイロンをかけて完成です。

2018-02-07

毛糸だま No.177 2018年春号 感想

| 06:57

発売日当日に購入しました。今回は掲載作品よりも、まず【編み物男子】特集のご紹介。

連載コラムの一つで、編み物に関係する男性にスポットライトを当てたものです。

今回紹介されているのは、三島市で毛糸屋さんを営んでいる方です。

実はこの毛糸屋さん、私が年に数回三島を訪れる際には必ず立ち寄っているお店です。

三島大社とも近く、先月も初詣のあとにも訪れました。訪れるたびにお店がカラフルになっていく、そんな楽しいお店です。雑誌にも掲載されていますが、とってもキッチュな帽子が所狭しと並んでいるし、ルームシューズも色々な糸で編まれたものが並んでいます。

三島市は、このお店以外にも、いくつか毛糸屋さんがあり、三島に訪れると必ず何軒か立ち寄り、編み物をする私にとっては楽しい街です。今回紹介されているお店ではないお店の方がおっしゃっていましたが、人口の割には毛糸屋さん・手芸屋さんが多い地域だそうです。何か手仕事をする文化があるのかもしれませんね。

10年ほど前、今回の【編み物男子】の方とお話した際のエピソードを強く覚えています。買い逃してしまった編み物本を探して、旅先でも毛糸屋さん・手芸屋さんを見かけると、店舗に入っていた私は、このお店で探していた本を見つけました。勢い勇んで手に取りレジに向かった私に、とてもすまなそうに「これは売り物ではないのです」とおっしゃられました。

そう、本の裏表紙にはお店の名前がマジックで大きく書かれていました。よくみると、古い編物本が並んでいるその棚は、売り物ではなくて、そこで編み物をする人や糸を買う人が参考にするためのお店の本が並んでいるものでした。恥ずかしくて顔真っ赤になった私です。

自分が少しでもお会いしたことがある(お店の方と買い物客ですが)方がこうして紹介されるととてもうれしいものですね。

さて、掲載作品ですが、モチーフ特集ということで、鈎針作品が多い号です。春号ですが、色調は抑えたスモーキー調な感じを受けました。ショールあり、スカートあり、編みぐるみありと、盛りだくさんです。

2018-02-03

2018年に購入した糸を自己申告する その1 ブリティッシュエロイカcol.134

| 22:41

f:id:suuri:20180129212345j:image:left

ブリティッシュエロイカ Col.134×3玉 

購入目的:靴下を編む為

     ラベリー内のイベントに参加予定です^^

年末年始にかけて編んでいた、ラトビア伝統模様の帽子で使った糸と同じものを追加購入。

編みたい靴下で必要な糸は170g

ブリティシュエロイカは1玉50gです。帽子を編んで余った糸+3玉でギリギリ編めるかなという量になりました。