Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-12-29

年越しKCAL2017-2018 ラトビア伝統模様の帽子 その1

| 22:21

年末年始に入って、のんびり年越しKCALに手を付け始めました。

f:id:suuri:20171229214736j:image:right:w250

二色で編み込みで編んでいきますが、まずは矢羽模様の作り目!

同じような模様に編める編み方はいくつかありますが、ここで紹介されているのは、共鎖から拾い目をしていく方法で、帽子の縁にちょうどいい感じに編みあがると思いました。

針は、切替式輪針で、コードは20cm、針の長さは10cm×2です。

この矢羽模様の作り目部分、糸が絡みます。それが正しいとテキストにも書いてあるけれど、やっぱり不安になります。そして何よりも編みにくい!でも、ここはぐっと我慢で、グルグル絡まったまま一段編み上げます。そして二段目矢羽模様の上の部分を編むときには、一段目とは逆の糸操作をするので、絡まった糸は自然とほどけます。

一段目で我慢できなくて絡んだ糸をなおしてしまうと、結局二段目でもまた糸が絡んでしまうのです。

この糸を持っているわけ その1 ドラジェ×3玉

| 09:50

f:id:suuri:20171229092924j:image:left:w350

二年前にPuppy社から新製品として販売されている(されていた?)ドラジェです。

【ナイロンリリヤーンにウールの糸を吹き付けて作られた、ふんわりと軽くて柔らかい糸です。糸の途中に飴玉のようなノットが現れ、可愛らしい編地に仕上がる合太糸です。(イタリー)】という糸の説明文がついています。


ちょうど体調不良で編み物から遠ざかっていた時でしたが、友達からプレゼントされたものです。プレゼントというか、お試しって感じですね。

もう10年以上前、同じPuppy社さんから販売されていた【ロベルタ・コンタリーニ】という糸がありまして、大きなノットが編地にポコポコでるかわいい糸でした。(ロベルタ・コンタリニーニで画像検索をすると出てきます)

この糸、編みたい!と思って、ブリティッシュエロイカと縞模様に編むマフラーを編みまして、今でも洋服に合わせて着用しています。

このぽこっとした感じが好きで、時々思い出したように「こんな糸また出てこないかな」と話していたのを友人が覚えていて、「ノットは小さいけれど、ポコポコした編地になるみたい。リッチモアさんから発売されていたのよりも、ノットは多いよ」といって渡されました。

この糸を使って、すてきにハンドメイド12月のお題を編んでいます。

ポンポンがちりばめられたデザイン糸が指定でして、ポンポン=ノット・・・大きすぎるんですけど、手持ちの糸で一番近いかなとチョイスしました。

が・・・肝心の一目交差が目立たないかも。