Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-09-30

むくげの花

9月から10月へ

| 00:35

季節もようやく秋めいてきたようで、温暖な私の住んでいるところでも、最高気温が20℃以下になる日が近づいてきています。

一か月前には、ちょっと弱音を吐いて、attiさんに素敵なコメントを頂いていました。ネット上でしか交流がないからこそ、お互い相手を思いやるって大切ですね。もしかしたら私も相手が直接見えないことで、思わぬ発言をしてしまっているかもしれない。気軽に思いを発信できるツールを活用することの重大さを思わないといけないなと改めて思いました。

さて本格的な編み物シーズン突入~というわけですが、私の住んでいるところは温暖なので、厚手のセーターやコートといった大物は着る期間が短く、なんだかんだ、コットン糸や春夏糸にカテゴライズされるものを編むことが多いです。自分の好みもありますが、袖が長いセーターをあまり着ないので、毛糸で編むものもベストや袖が短いものが中心となります。(手首にまとわりつく感覚がダメで、腕時計もダメです。手袋などは、カフス部分っていうのかな、はめ口を長めにします。)

で、今編んでいるのは、春夏糸を使ったベスト、長袖のカットソーに重ねて着ようと思っています。

今年こそはアラン模様の服を編みたいと思っています。11月末か12月に旅行に行く予定なのでその時に着たいから、そろそろ準備をしなくては。

そして、広瀬先生の透かし編み模様のロングマフラー。この編み図を見ていてなんとなく、既視感があるのです。どこかで編んだ気がする・・・。そしてそれは何度も間違えてケロケロした記憶が。なんだったのかそれを思い出したいのと、編むための糸を探さなくては、ならないなという感じです。

編物本、Puppy社さんの秋冬のミニブックは、毛糸やさんかネット販売でしか購入できません。10月中旬に上京予定なので、その際に足を運ぶ毛糸やさんで予約済み。ついでに新製品も予約しました。

そんなこんなで、10月も編み物を楽しみたいと思います。