Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-09-30

むくげの花

9月から10月へ

| 00:35

季節もようやく秋めいてきたようで、温暖な私の住んでいるところでも、最高気温が20℃以下になる日が近づいてきています。

一か月前には、ちょっと弱音を吐いて、attiさんに素敵なコメントを頂いていました。ネット上でしか交流がないからこそ、お互い相手を思いやるって大切ですね。もしかしたら私も相手が直接見えないことで、思わぬ発言をしてしまっているかもしれない。気軽に思いを発信できるツールを活用することの重大さを思わないといけないなと改めて思いました。

さて本格的な編み物シーズン突入~というわけですが、私の住んでいるところは温暖なので、厚手のセーターやコートといった大物は着る期間が短く、なんだかんだ、コットン糸や春夏糸にカテゴライズされるものを編むことが多いです。自分の好みもありますが、袖が長いセーターをあまり着ないので、毛糸で編むものもベストや袖が短いものが中心となります。(手首にまとわりつく感覚がダメで、腕時計もダメです。手袋などは、カフス部分っていうのかな、はめ口を長めにします。)

で、今編んでいるのは、春夏糸を使ったベスト、長袖のカットソーに重ねて着ようと思っています。

今年こそはアラン模様の服を編みたいと思っています。11月末か12月に旅行に行く予定なのでその時に着たいから、そろそろ準備をしなくては。

そして、広瀬先生の透かし編み模様のロングマフラー。この編み図を見ていてなんとなく、既視感があるのです。どこかで編んだ気がする・・・。そしてそれは何度も間違えてケロケロした記憶が。なんだったのかそれを思い出したいのと、編むための糸を探さなくては、ならないなという感じです。

編物本、Puppy社さんの秋冬のミニブックは、毛糸やさんかネット販売でしか購入できません。10月中旬に上京予定なので、その際に足を運ぶ毛糸やさんで予約済み。ついでに新製品も予約しました。

そんなこんなで、10月も編み物を楽しみたいと思います。

2017-09-27

すてきにハンドメイド 10月号

| 19:01

下のブログで書いたように、購入してきました、すてきにハンドメイド10月号。そして予想をしていた広瀬先生のテキスト企画、さっそく空振りです。

ここまで偶数月は鈎針編み、奇数月は棒針編みで来ていたので、10月は鈎針編みだろうと思い、鈎針編みだったらなんとかなる!との思いこみで、ウェアを編み始めたのですが・・・。

10月は棒針編みで、すかし編みのロングマフラー、糸の長さは800m近い大作でした。

すでに10月中に編み上げる自信もなければ、使えそうな糸(手持ちの糸で編むことを自分の中でのルールにしています)が思い浮かばない。800m近いっていうことは、ちょっとしたセーターの着分に近い量です。週末には、毛糸の入った箱をガサゴソ探すことになりそうです。

それにしてもすかし編みか・・・。5月のガーターレース模様があったから、すかし編みはないと思っていました。レース模様と透かし模様、違いが判らない。奥が深いです。

そのほか、メインテーマとして、「毛糸でラリエット風マフラー」が、テキスト企画で、足袋/帽子が取り上げられていました。

clematis2clematis22017/09/28 11:5310月号、私も買いました♪
表紙のラリエット風マフラーが可愛かったのと
他の記事もきっと後で見直したくなると思える内容だったので。
とくに、段ボール織りのコースターは
下手くそ紡ぎ糸がたくさんあるので、いつかやってみたいです。


それから レース編み 透かし模様の違いについて
ちょっと考えてみました。

レース編みは、レース糸(すごく細い糸)で編むもの。
編地が透かしになっていなくてもレース編みと呼ぶと思います。

そして、すかし編みは 極太糸だろうが、レース糸だろうが
穴がボコボコ開いているような編地のことで
穴が多い→ 透ける→ 透けやすい模様→すかし編みという
くくりではないか?と 私は思うのですが どうでしょう?

suurisuuri2017/10/01 00:19clematis2 さんコメントありがとうです。
私も表紙のラリエットマフラーかわいい!って思いました。
が・・・今年は広瀬先生の企画で毎月巻き物を編んでいるのでぐっと我慢><です。

レース編みと透かし模様、似ているけどデザインした人の感覚で使い分けているのかなぁと思うようになりました。

2017-09-25

かのこベース模様のミニマフラー

| 23:15

かのこベース模様のミニマフラー

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年9月号掲載

     使用糸 ★Puppy ミュルティコ 等

     使用針 ★棒針5号/鈎針4/0号


f:id:suuri:20170923202946j:image:left:w250



ミュルティコとエヴァーフィール、二種類の糸を繋いで編み上げました。

ちょっと見た目にはつないであるようには見えないと思います。

鈎針で編んだ縁編み部分はエヴァーフィールです。ミュルティコよりも若干太い糸なので、テキストの編みあがりと違い、縁編み部分は少々太めに編みあがりました。

ミニマフラーの両端はわざと景色が違うように編んだので、結んだ時にどちらを上に見せるかで雰囲気が違ってきます。

このマフラーは編みあがり前から、家族から欲しいとの声がかかりました。

f:id:suuri:20170923155914j:image:right:w250

4月から編み始めたこの企画、半分が終わりました。

今更ながら気が付いたのが「編地を遊ぶ」と修飾語が付いていること。確かに、振り返ってみると鈎針/棒針、色々なテクニックを使った編地が提案されています。

かのこ編みは改めてこうして身に着けるものを編むのはすごく久し振りです。ノット編みもすごく久し振り。こうしてみると、まだまだ知らないテクニック、編地がたくさんありますね。



今後どんな編地が提案されるのか、残り6回を私なりに推理をしてみました。

 〇鈎針/棒針残すところ3回づつと予想

  大番狂わせで、アフガン編みが一回はいるかな?広瀬先生、アフガン編みの本を出されているし。私はプレーンアフガン編みならば出来るなぁ。

 〇棒針編みでは

  アラン模様・・・王道中の王道

  編みこみ模様・・・糸を縦に渡していくアーガイル模様を予想

  ブリオシュ編み・・・近年のトレンド?だから

 〇モチーフつなぎ・・これも王道

  玉編みを前面に押し出した何か・・・何かしか言えない><

  アイリッシュクロッシェレースを使ったもの

どれだけ当たるかなぁ・・・というわけで、明日テキスト10月号を購入してきます。

2017-09-18

世界の編物2017-2018秋冬号  感想

| 00:25

年1回の発売になって久しいですが、やっぱり外せないのが【世界の編物】です。今回も発売日のお昼休み時間に本屋さんに駆け込みましたが・・・。少々拍子抜けというか、本の薄さに衝撃を受けました。【毛糸だま】よりも厚みがあって、実用的=読み物部分が少なく、編み物の提案が多いという印象を持っていたので、本を開く前からちょっとがっかり感を覚えました。

特集は「シェットランドレース」模様を展開したウェアとショールの提案でした。難易度が高くない提案で、私も編みたいなぁ、編めそう?と思える切り口でしたが、微妙と思えるものもありました。 

伝統ニットですので、取り上げる古典柄が重なるのは仕方がないのかもしれないけれど、2名のデザイナーさんが同じ古典柄のショールを取り上げているのはごにょごにょ。事前に調整できなかったのかなと思ってしまいました。

あと、「憧れの模様を編みやすい太さの糸で編みました」というコピーが付いていますが、極太で、もこもこの意匠糸でシェットランドレースをというのは、いくらビックシルエットとはいえ、シェットランドレースの必要があったのか・・・うーん良くわからない。何をもってシェットランドレース模様とするのかという話になっていくのかもしれない。

唐突に始まる基礎プロセス付はじめてさんのアフガン編みも、何を訴えたいのかわからない特集。昨年の世界の編物とヴォーグ学園の1day講習のコラボレーションのような告知があるのかと、記事を探したけれどそれはないみたい。うーん・・・オトナの事情なのかしら?ダブルフックアフガンとか、フラワークロッシェなど、アフガン編み針を使ったものが再びブームになりつつあるのか、またブームにしたいのか。ブームにしたいならばもっと工夫が必要な気がします。基礎プロセスとあるからには、次回=一年後にはワンアップした何かが提案されるのでしょうか??

パピー事業部さんはいつも、自分のところでデザインをしたものを提案していたのに、今回は、自前のデザインはなしで、人気デザイナー3名がそれぞれの個性を生かした作品の提案をされていました。ほとんどがプレーンなストレート糸での提案でした。

掲載作品等は、手づくりタウンに特集ページが出ていましたので、是非チェックを^^ノ

2017-09-17

鳳梨模様の大判ストール 完成

| 22:11

鳳梨(パイナップル)模様の大判ストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年8月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ MATSU LILY col:SPA BLUE 約240g=約920m

     使用針 ★鈎針4号


f:id:suuri:20170917215201j:image:left


連続でのパイナップル模様です。

このパイナップル模様は、少しスリムなデザインでした。

使用糸は、これもまた連続で、シルクハセガワ社のマツリリー、シルク&レーヨンで、リリアン状の糸です。

指定糸はPuppy社様の新製品:ルチア、指定糸で編みたいなと思わないでもなかったのですが、そこはぐっとこらえて、手持ちの糸で編みました。

ルチアは実物を手に取って拝見しましたが、シルク100%でサラッとした肌触りで光沢は控えめでした。

私が使用したマツリリーはレーヨンが入っているので光沢ははっきりしていて、しかもリリアン状なのでもっちりしています。なので、パイナップル模様もくっきりボリューム感があります。色は薄い水色で、盛夏よりも初秋にかけて活躍できるかなと思っています。

ラベリーで皆様が編みあがった作品をさり気なく木にかけて撮影しているのをよく目にして、自分もやってみたい!と思ってこんな感じで写真を撮りましたが、なんか失敗。風にそよぐような感じを出したかったのに。きっと選んだ百日紅の木がダメだったのだと思うことにします。百日紅は色々な色がありますが、私はこの色が好きです。

選んだ糸、マツリリーはアウトレット販売で購入したもので、他に紺色と白色を購入してあります。マリンストライプのカーディガンを編みたいと思っての購入で、コントラストがきつかったら、クッションの役目に使おうと、この薄い水色も購入したものを今回活用。マリンストライプのカーディガンも、いつか・・・。

f:id:suuri:20170917221938j:image:right:w300

クシュクシュっと首もとで結ぶとこんな感じです。中央から左右に編み進めていくので、縁編みも模様なりで、最終段はピコット編みでまとめます。

ストールの長さでいつも悩みますが、指定の長さになるように模様を増やしました。着用して、もう少し長さが欲しいなと思ったら、まだ糸は残っているので模様単位で簡単に長さを伸ばせるのはうれしいです。

2017-09-12

葛の花

鳳梨模様の大判ストール その2

| 23:35

折り返し地点を過ぎて順調にストールは編みあがりに向けて伸びています。

真ん中から左右に編み進めていくタイプなので、希望する長さの半分まで編み進めたらそこで終わって、反対側を同じ段数だけ編みます。

f:id:suuri:20170901175239j:image:left




マフラーだったりストールだったり、巻き物って長さを決めるのが難しいと私は感じています。テキスト通りの長さにすれば一番いいのかもしれないけれど、やっぱり使い勝手ってあるし、好みもありますからね^^

大抵、私は長すぎることが多く、その経験則を元に、次は短くしていま一つ使い勝手が悪い・・・。大は小を兼ねるとよく言いますが、長いは短いを兼ねるってことはあまりないですね。

2017-09-03

お菓子みたいな色で好き

この糸を購入したわけ その2 ミュルティコ&エヴァーフィール

| 18:41

この糸というよりも、この糸のセットを購入した訳になります。

編みたいと思ったものがあったのでこの糸を購入しました。

編みたいと思ったものは【毛糸だま2012年冬号No.156】に掲載されているポス編みのマフラーです。特殊な棒針をつかって編むこの編地は、織り機で編んだような感じで一目見て編みたい!と思い、すぐに編み針を注文。毛糸は近くの毛糸やさんで購入すべく足を運んだところ、一種類は取り寄せになるというので、似た糸を購入しました。

指定糸は、オリムパス製:メイクメイクシリーズ:スマイル(段染糸)とエヴァーフィール(単色系)。どちらもロービングタイプの糸です。ロービングタイプといえば、Puppy社のミュルティコです。私はミュルティコとエヴァーフィールを購入。

f:id:suuri:20170903165649j:image:left

5年後・・・手元には手つかずのミュルティコ1玉/エヴァーフィール1玉とほどいた糸があります。取り寄せをしたポス編み針もあります。挫折した訳です。

特殊な編み方なので紙面で丁寧に解説もされていますが、この編み方の肝である刺し色(ここではミュルティコ)の編地を渡る際の引き加減がどうもうまくいかなくて、ピシッとした編地にならず、何度もケロケロほどいて編むことを繰り返し、ロービングタイプの糸はけばけばが激しくなり、糸も細ってきてしまい、いつしか大切に仕舞われたままになっていました。


折角針を購入したのだからと、ポス編みを取りまとめているところに、私の住んでいるところから通えるお教室・教えてくださる先生のご紹介をお願いしましたが、気軽に通える範囲にはありませんでした。東京の教室に来てくだされば、体験という形で、毛糸だま掲載のマフラーをお教えしますよとおっしゃってもらったのですが、平日通うのは難しく断念。

今思うと残念なことをしたかも・・・今もお願いすれば教えてもらえるかなぁ。

で、この糸にスポットライトを!

糸の量も決まっているし、もうこの糸追加購入は出来ないから必然的に小物。二種類を使ってボーダーの毛糸の帽子が無難かなと思っていたのですが、すてきにハンドメイド9月号のマフラーが編めるかもしれないと思い立ち、糸の長さをチェック。本体をミュルティコで編みきって、エヴェーフィールで縁編みを指定よりも長めに編めばなんとか恰好になりそうです。

予定とは全く違ってしまうけど、5年越しでマフラーになりそうです。