Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-05-31

正しくは クマガイソウ

ガーターレースのスカーフ 番外編その1

| 23:21

私が4月からスタートした、【すてきにハンドメイドのテキスト企画を着々と一年編む】は、広瀬先生デザインの巻き物12か月という企画です。毎月巻き物を編むと同時に、そのデザインの一部を取り出して、アクセサリーを提案してくださるようです。4月号ではタッセルを使ったイヤリングを提案されていましたが、私は、イヤリングをする習慣がないので、編みませんでした。

5月は、ブローチの提案で、糸もギリギリ編めるくらいはあるので、作りはじめました。

本体であるスカーフを2玉分編み終わった時点でサイズを確認し、やぱり欲しいサイズに編むためには残りの糸量がギリギリでした。そこで、3玉目を続けて編まず、まずはブローチ用の編地を、針の号数を落として、きつめに編むことにしました。

f:id:suuri:20170516225930j:image:left:w400

掛け目と二目一度を使ってレース模様を編みます。

この編地を、ジグザクになったところで二つに折り、コサージュにまとめます。

f:id:suuri:20170531225614j:image:right


中央には花芯になるビーズを縫い付けます。

ビーズはTOHOバラビーズ特大サイズです。

副資材であるビーズも、ブローチピンも、裏芯になるフェルトも手持ちのもので賄います。


グラデーション・段染糸の罠にハマりました。


赤・紫が編地のメインに来てほしかったのに・・・朱色ベースにカーキのループ糸が絡んだところにばっちり当てはまってしまいました。うーん・・・編み始めはこの色だとわかっていたんだけど、そのあとに赤・紫メインがくるはずと編み始めたのですが、思った以上に朱・カーキパートが長かった。

べっ甲色のビーズもあまり目立たないし、一気にモチベーションが低下です。しかし、糸に余裕はないし、きつめに編んでいるので、今さらほどいても、ループ糸が絡んでほどくのも大変。

一旦ここでブローチピンを縫い付けたりといった最後の行程を中断し、スカーフ本体に戻ります。スカーフ本体はなんとか6月最初に編み上げたいです。

2017-05-26

薊に蜂

ガーターレースのスカーフ その2

| 21:59

編むことに一生懸命?で画像を撮っておくのをすっかり忘れていました。

画像は、殆どデジカメで撮っています。

iphoneだとどうもうまくピントを合わせることが出来ません。

この画像は今日慌てて撮ったもので、iphone画像です。

f:id:suuri:20170508124617j:image:left

色が全然ダメです。

私には棒針編みをする時、編み間違いを直すための必須アイテムが二つあります。

一つは鈎針編み!編み目を間違えた時など、細かい作業をする際に大活躍。

もうひとつは、細めのコットン糸

画像をよーくみると、編地に二本の白い糸が通っているのがわかると思います。

編み間違えた~ケロケロ~と、糸をほどく時、ピーッと全部ほどけないように、ガードするためのものです。

今日はここで終わりと思ったら、コットン糸を針に通して、棒針に沿って編み目に糸を通して終わるようにしています。


まだ棒針編みになれていなかった頃は、それこそ、2段ごとにコットン糸を通していた思い出があります。今ではそこまで神経質にはしないけれど、やっぱり常に編地にコットン糸は2本通っています。

コットン糸は命綱・・・っていうと大げさですね。

2017-05-21

綿毛がついてるっぽい編地

ガーターレースのスカーフ その1

| 21:38

気が付けば5月も後半に入ってました。4月に自分で決めた【すてきにハンドメイドのテキスト企画を着々と一年編む】、5月分を編み始めました。

今回の巻き物は【ガーターレースのスカーフ】です。”編地は棒針編みの基本である、ガーター編みをベースにした長方形、2段ごとに掛け目と3目一度をすることでジグザグ模様が現れます”と書かれています。基本です・・・頑張ります。

f:id:suuri:20170502084517j:image:right

今回の編み図で気になったのは作り目の作り方。

大抵は、一般的な作り目とか、指でかける作り目というコメントが入りますが、今回はわざわざ「鈎針と棒針で作る作り目」と指定が入り、編み方のチャートが載っていました。この作り目はあとから縁編みを編まない時に使う編み方だったように思います。記憶違いかもしれませんのでその辺はご容赦ください。

棒針5号と鈎針5/0号で作り目を作る指示ですが、私は鈎針3/0号で作りました。糸がループ糸などが絡んでいる意匠糸で編み目を緩く編んでしまうので、小さめの号できっちり編みました。

f:id:suuri:20170503175002j:image:left

こんな感じで編み始めました。

編みはじめの部分、ループ状の糸が絡んでいる部分で編みにくかったです。

どんなふうに色が変わっていくのか楽しみです。

2017-05-18

タイムリー?木香薔薇

この糸を購入したわけ その1 デッラルバ

| 20:41

編み上げるスピードよりもはるかに速いのが、糸が我が家にやってくるスピード。なんてことはない、糸をそれだけたくさん購入しているだけなんですけどね。

購入するからにはそれなりの理由=編みたいものがあったわけですが・・・どういうわけか編まれることなく箱の中に鎮座していたりして。

4月から、【すてきにハンドメイドのテキスト企画を手元にある糸で黙々と編もう】と思い立ち、開かずの箱ならぬ、茶箱を開けてがさごそ糸を探しています。久しぶりに目にする糸の数々・・・思い出がよみがえり、探す手も止まり気味。

というわけで、罪滅ぼしもかねて、糸を購入した言い訳を書きます。

f:id:suuri:20170428081629j:image:left:w280

★デッラルバ★

ピーさんの2011年新製品です。

ストレート糸にループ糸が絡んで、複雑なグラデーションの合太糸です。

メインの色は朱色、カーキやパープルに変化する素敵な糸です。

購入したきっかけ:間違い

そう、間違って購入してしまった糸なのです。




編みたかったのは【手編みの本。vol.10】で紹介されていた、ゴム編みのネックウォーマーとアームウォーマーでした。

こげ茶のジャケットに合わせようと思って毛糸屋さんに行き、似合うなと思ってこの糸を購入しました。早速ゲージを取るため、ゴム編みをあみあみ。服ではないから、それほどゲージに拘らなくてもいいなと思っていたのですが、なんか本の写真と編地が違う。色が違うからかなと思ったけれど、ふわふわすぎる気が・・・。

糸のラベルを見て気が付く・・・私が購入したのは【デッラルバ】、本の指定糸は【ヴィツェンツァ】。糸を間違えていたのです。

どちらも編み進めていくと表情が違う糸が出てきて編地に変化が出来るのがポイントの糸だった。デッラルバはその年の新製品、ヴィツェンツァは多分その前年の新製品。お店の目立つところにあったのはデッラルバ。そして自分が編みたかったのは穏やかな色の変化のものだから、印象的な色遣いのヴィツェンツァよりもデッラルバに目がいったんだと思います。

試し編みをしての結論・・・うーんなんか違う。

そして、本の指定糸指定色を購入し直して編み、その冬、大活躍をしてもらいました。

で、このデッラルバはというと、編みこみセーターの一色として使えるかなぁと思い、ずっと茶箱の中にありましたが、約6年の歳月を経て、ショールに変身する予定です。

追伸:黄色グリーン系のデッラルバも茶箱に入っています。これもまたいつか・・・|д゚)

molly0808molly08082017/05/21 10:33編みびとあるあるですね〜♪
ショールに変身楽しみです!

下の記事のウィングレットショール
タッセル付きで素敵です♪
編み直しされたのにすぐに完成、おめでとうございます!

suurisuuri2017/05/24 21:12コメントありがとうございます。
すぐじゃないですよ~GWがあったからなんとかなんとかです。

ショールに変身の方は、レース編みなので、目を落とさないかおっかなびっくり編み進めています。

2017-05-16

ウィングレットショール 完成

| 20:46

ウィングレットショール

     デザイン★ベルンド・ケストラー(Bernd Kestler)

                内藤商事株式会社販売キットより

     使用糸 ★ナイフメーラ col.631

          (グリーン・グレー・イエロー・オレンジのマルチ) 2.3玉

     使用針 ★輪針80cm 5号

     サイズ ★長さ約115㎝×幅約33㎝

f:id:suuri:20170412082213j:image

途中、間違いに気が付いてケロケロ~したショールが無事編みあがりました。

f:id:suuri:20170514172435j:image:right

着用写真のモデルは、竹千代君です。彼は人気者で、法被を着ていることも多いため、今回モデルを引き受けてもらえないだろうと思い、別のモデル(像)を想定していたのですが、念のためにと彼に逢いに行ったところ、プレーン(何も着用していない)な姿で立たれていたので、これはチャンス!と、ショールを身に纏っていただきました。

f:id:suuri:20170514172405j:image:left




このショール、どうやって纏うのか、四苦八苦。

時間が出来たら、余ったナイフメーラを使って、ブローチを作ってみてはどうだろうかと思っています。



背後からの画像を見てもらうとイメージがわくと思いますが、本当にちょっと肩を覆うだけのサイズなので、防寒というよりもアクセサリー的な感じでしょうか。

f:id:suuri:20170514200656j:image:w250:left

このキットで気になっていた、タッセルのアップ画像がこちらです。

中央に穴がいくつも開いた細長いひも状の編地をつくり、二つ折りにして、穴に交互にひもを通していきます。タッセルというと、豪奢なイメージですが、太い縄状です。

気になってwikiで調べたら、【布の終りの部分に取り付けられる装飾】と書かれていました。確かに!これもショールの先端につけた装飾です。

このタッセルをどう生かして着用するか、ハードルが高いです。


実は、最後にショールとタッセルを巻かがる時、タッセルのどちら側をショールに巻かがればいいのか悩んで付替えたのは内緒です。

最初、私は画像で先端になっている部分でショールの本体を挟み込んで巻かがりました。

キットに掲載されている作品写真でも良くわからなくて><

挟み込んで巻かがるという面倒な方法をするのであれば、指示があるだろうということで、二つ折りにした側を巻かがりました。

苦手というか、全然できなかった引き返し編みがこれでちょっとだけ自分のモノに出来たかな?忘れないようにまた編み物をしなくてはです。

2017-05-13

藤は香りが苦手

毛糸だま No.174 2017年夏号 感想

| 10:28

2017年春夏シーズンで、おそらく最後に購入する編物本です。

秋冬シーズンに比べて、春夏シーズンに編み物関係の本自体発売は少ないのですが、それでも今年は例年に比べて少ないように感じます。

表紙を見てわかるように、レース特集!鈎針好きにはうれしい限りの特集です。使用糸も定番だから、慌てて購入する必要もないから、編みたい時にいつでも編めるのもうれしいです。

あみあみバッグの特集では口金を使った作品が提案されていて、内袋の作り方も比較的丁寧に書かれているので、ちょっと編んでみたいかなぁと思わせてくれました。

ただ・・・リーフィーはどうしても編んでいるうちに糸が絡んでしまって、編んでいる時間よりもほどいている時間が長い!・・・編み始める前に気合が必要な糸です。

この号で終了となる連載が複数あります。

広瀬先生のあみもの探検隊/アルネ&カルロスの庭/大塚陽子さんのおしゃれのススメ/快適手芸ライフ(体操の提案)

次号から編集長も代わるそうなので、毛糸だま自体も紙面の作り方等変化の時なのですね。

手あみとニードルワークのオンリーマガジン

これからも色々な新しい提案をしてくださるとうれしいな。

次号の巻頭特集:アランニット

 アランセーターを編もうと思って2年以上。これは・・・編む絶好のチャンスかも。

そのほか、連載として、ヘルガ・イサガーさんの世界が始まり、Keitoさんで取り扱う世界の糸のご紹介もスタート。次の発売までの三か月。編みかけのものを編みあげて、発売を待とうと思います。

2017-05-07

このオレンジ色が好きです

ウィングレットショール その3

| 22:49

仕切り直しとなったウィングレットショール。

5/1には、GW中=一週間で編みあがるかもと思っていましたが、落とし穴におちたこともあり、予定は未定と相成りました。それでも針を動かさなければ先に進まないわけで、前進あるのみ!

f:id:suuri:20170404080336j:image:left

ちょっと体育会系のノリで自分を励まします。

キットに入っていた糸は3玉。

気を取り直すべく、新たな毛糸玉からリスタートしました。

なので、縞模様の出方がその2と違っています。

f:id:suuri:20170405123345j:image


三角形パーツを2つ編み終えた写真とその2の写真を見比べてみて頂ければ、私の間違いが一目瞭然だと思います。

ウィングレットショールはお昼休みに会社で編もうと思います。

molly0808molly08082017/05/08 12:45途中で気づいて、良かったですね。
実は私も連休に編み始めたショールの間違いに気づいてケロケロしました。
悲しかった〜。
一緒に編み直し頑張りましょう〜♪

suurisuuri2017/05/08 21:03molly0808様
コメントありがとうございます。
ケロケロは、ぴーっと糸を引くまでがやーな感じでうじうじしていましたが、ケロケロ~って糸を引いてしまえば、すっきり!でした。
一緒に編み直し頑張ります^^

2017-05-05

終わりかけのチューリップ

ウィングレットショール その2

| 23:36

molly0808さんに励ましのコメントを頂いたのに・・・派手にケロケロと相成りました。

4つめのパーツを編み始めて、ふと思ったのです。

このウィングレットショールは、ひも状のタッセルを付けるデザインです。タッセルは編み始めの位置に巻かがりで綴じ付ける指示が出ています。ひもなので、太さがあります。それでも、キットについていた写真を見ると、巻かがる相手である本体よりも細いみたい。しかし・・・私が今編んでいる本体の編み始め側は太くありません。この後三角パーツを4つ編むけど、編み始め部分まで編むことはない・・・編まないよ?

f:id:suuri:20170329082004j:image:left
















悩んで編み図とにらめっこ。

ようやく気が付いた私の間違い。編み図通りの編み進め方は写真に書き込んだコメント!

三角形をずらして編んでいくということに気を取られ過ぎていたんだと思います。

ちゃんと編み図を確認しないとダメですね。

これが・・・ケロケロ。

で、でも、この糸はウールコットンだから、編みほどいても毛羽立ちは殆どないから大丈夫!ガーター編みの練習と思えばね。気を取り直して最初から編み始めます。

2017-05-04

いっぺの花が咲きました

ウィングレットショール その1

| 09:50

f:id:suuri:20170329082010j:image:left:w280

ショールKALに参加して編み始めたウィングレットショールは順調に、三角のパーツが3つ分編みあがりました。三角パーツは8つ編むので、もう少しで半分です。

引き返し編みも・・・ちゃんとできているように思います。(自己満足ですが)

molly0808molly08082017/05/04 15:09進んでいらっしゃいますね!
成長していくのが楽しみですね〜♪
raverlyのKALグループの方でもよろしくお願いしますね。