Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-09-18

世界の編物2017-2018秋冬号  感想

| 00:25

年1回の発売になって久しいですが、やっぱり外せないのが【世界の編物】です。今回も発売日のお昼休み時間に本屋さんに駆け込みましたが・・・。少々拍子抜けというか、本の薄さに衝撃を受けました。【毛糸だま】よりも厚みがあって、実用的=読み物部分が少なく、編み物の提案が多いという印象を持っていたので、本を開く前からちょっとがっかり感を覚えました。

特集は「シェットランドレース」模様を展開したウェアとショールの提案でした。難易度が高くない提案で、私も編みたいなぁ、編めそう?と思える切り口でしたが、微妙と思えるものもありました。 

伝統ニットですので、取り上げる古典柄が重なるのは仕方がないのかもしれないけれど、2名のデザイナーさんが同じ古典柄のショールを取り上げているのはごにょごにょ。事前に調整できなかったのかなと思ってしまいました。

あと、「憧れの模様を編みやすい太さの糸で編みました」というコピーが付いていますが、極太で、もこもこの意匠糸でシェットランドレースをというのは、いくらビックシルエットとはいえ、シェットランドレースの必要があったのか・・・うーん良くわからない。何をもってシェットランドレース模様とするのかという話になっていくのかもしれない。

唐突に始まる基礎プロセス付はじめてさんのアフガン編みも、何を訴えたいのかわからない特集。昨年の世界の編物とヴォーグ学園の1day講習のコラボレーションのような告知があるのかと、記事を探したけれどそれはないみたい。うーん・・・オトナの事情なのかしら?ダブルフックアフガンとか、フラワークロッシェなど、アフガン編み針を使ったものが再びブームになりつつあるのか、またブームにしたいのか。ブームにしたいならばもっと工夫が必要な気がします。基礎プロセスとあるからには、次回=一年後にはワンアップした何かが提案されるのでしょうか??

パピー事業部さんはいつも、自分のところでデザインをしたものを提案していたのに、今回は、自前のデザインはなしで、人気デザイナー3名がそれぞれの個性を生かした作品の提案をされていました。ほとんどがプレーンなストレート糸での提案でした。

掲載作品等は、手づくりタウンに特集ページが出ていましたので、是非チェックを^^ノ

2017-09-17

鳳梨模様の大判ストール 完成

| 22:11

鳳梨(パイナップル)模様の大判ストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年8月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ MATSU LILY col:SPA BLUE 約240g=約920m

     使用針 ★鈎針4号


f:id:suuri:20170917215201j:image:left


連続でのパイナップル模様です。

このパイナップル模様は、少しスリムなデザインでした。

使用糸は、これもまた連続で、シルクハセガワ社のマツリリー、シルク&レーヨンで、リリアン状の糸です。

指定糸はPuppy社様の新製品:ルチア、指定糸で編みたいなと思わないでもなかったのですが、そこはぐっとこらえて、手持ちの糸で編みました。

ルチアは実物を手に取って拝見しましたが、シルク100%でサラッとした肌触りで光沢は控えめでした。

私が使用したマツリリーはレーヨンが入っているので光沢ははっきりしていて、しかもリリアン状なのでもっちりしています。なので、パイナップル模様もくっきりボリューム感があります。色は薄い水色で、盛夏よりも初秋にかけて活躍できるかなと思っています。

ラベリーで皆様が編みあがった作品をさり気なく木にかけて撮影しているのをよく目にして、自分もやってみたい!と思ってこんな感じで写真を撮りましたが、なんか失敗。風にそよぐような感じを出したかったのに。きっと選んだ百日紅の木がダメだったのだと思うことにします。百日紅は色々な色がありますが、私はこの色が好きです。

選んだ糸、マツリリーはアウトレット販売で購入したもので、他に紺色と白色を購入してあります。マリンストライプのカーディガンを編みたいと思っての購入で、コントラストがきつかったら、クッションの役目に使おうと、この薄い水色も購入したものを今回活用。マリンストライプのカーディガンも、いつか・・・。

f:id:suuri:20170917221938j:image:right:w300

クシュクシュっと首もとで結ぶとこんな感じです。中央から左右に編み進めていくので、縁編みも模様なりで、最終段はピコット編みでまとめます。

ストールの長さでいつも悩みますが、指定の長さになるように模様を増やしました。着用して、もう少し長さが欲しいなと思ったら、まだ糸は残っているので模様単位で簡単に長さを伸ばせるのはうれしいです。

2017-09-12

葛の花

鳳梨模様の大判ストール その2

| 23:35

折り返し地点を過ぎて順調にストールは編みあがりに向けて伸びています。

真ん中から左右に編み進めていくタイプなので、希望する長さの半分まで編み進めたらそこで終わって、反対側を同じ段数だけ編みます。

f:id:suuri:20170901175239j:image:left




マフラーだったりストールだったり、巻き物って長さを決めるのが難しいと私は感じています。テキスト通りの長さにすれば一番いいのかもしれないけれど、やっぱり使い勝手ってあるし、好みもありますからね^^

大抵、私は長すぎることが多く、その経験則を元に、次は短くしていま一つ使い勝手が悪い・・・。大は小を兼ねるとよく言いますが、長いは短いを兼ねるってことはあまりないですね。

2017-09-03

お菓子みたいな色で好き

この糸を購入したわけ その2 ミュルティコ&エヴァーフィール

| 18:41

この糸というよりも、この糸のセットを購入した訳になります。

編みたいと思ったものがあったのでこの糸を購入しました。

編みたいと思ったものは【毛糸だま2012年冬号No.156】に掲載されているポス編みのマフラーです。特殊な棒針をつかって編むこの編地は、織り機で編んだような感じで一目見て編みたい!と思い、すぐに編み針を注文。毛糸は近くの毛糸やさんで購入すべく足を運んだところ、一種類は取り寄せになるというので、似た糸を購入しました。

指定糸は、オリムパス製:メイクメイクシリーズ:スマイル(段染糸)とエヴァーフィール(単色系)。どちらもロービングタイプの糸です。ロービングタイプといえば、Puppy社のミュルティコです。私はミュルティコとエヴァーフィールを購入。

f:id:suuri:20170903165649j:image:left

5年後・・・手元には手つかずのミュルティコ1玉/エヴァーフィール1玉とほどいた糸があります。取り寄せをしたポス編み針もあります。挫折した訳です。

特殊な編み方なので紙面で丁寧に解説もされていますが、この編み方の肝である刺し色(ここではミュルティコ)の編地を渡る際の引き加減がどうもうまくいかなくて、ピシッとした編地にならず、何度もケロケロほどいて編むことを繰り返し、ロービングタイプの糸はけばけばが激しくなり、糸も細ってきてしまい、いつしか大切に仕舞われたままになっていました。


折角針を購入したのだからと、ポス編みを取りまとめているところに、私の住んでいるところから通えるお教室・教えてくださる先生のご紹介をお願いしましたが、気軽に通える範囲にはありませんでした。東京の教室に来てくだされば、体験という形で、毛糸だま掲載のマフラーをお教えしますよとおっしゃってもらったのですが、平日通うのは難しく断念。

今思うと残念なことをしたかも・・・今もお願いすれば教えてもらえるかなぁ。

で、この糸にスポットライトを!

糸の量も決まっているし、もうこの糸追加購入は出来ないから必然的に小物。二種類を使ってボーダーの毛糸の帽子が無難かなと思っていたのですが、すてきにハンドメイド9月号のマフラーが編めるかもしれないと思い立ち、糸の長さをチェック。本体をミュルティコで編みきって、エヴェーフィールで縁編みを指定よりも長めに編めばなんとか恰好になりそうです。

予定とは全く違ってしまうけど、5年越しでマフラーになりそうです。

2017-08-31

suuri20170831

8月から9月へ

| 22:04

8月は予定していたプルオーバーに全く手が回らず、このままで来シーズン持ち越し決定!となりそうです。

7月のすてきにハンドメイドのお題:三角ストールは、編んでいて思った以上に楽しかったです。しかも、使用頻度高いです。スーパーなど、冷房がガンガン効いているところで肩を冷やさないように羽織るのにちょうどいい大きさでした。

そして、久しぶりに鳳梨(パイナップル)模様とがっぷり四つ。好きだと編む手も早くなります。ストールも間もなく編みあがります。

9月は衣替え・・・秋冬物を編みたいと思います。そして、糸を購入したい病が発病~。

すてきにハンドメイドのお題は、かのこ編みベースのマフラー これは手持ちの糸ですでに決定すみ!

何かベストを編みたいと、編物本をチェックしています。

さてここで・・・ちょっとした呟き。

パイナップル模様のプルオーバーを編んで、ラベリーに登録し、参加しているグループの編みあがりを発表しようスレッドに書き込みをしたところ、コメント・メールをいくつか頂きました。ありがたいことです。

が・・・複数の方から、編み図はどこで手に入れたの?あなたはどうやって手にしたの?というような内容のものを頂きました。

2009年発行のベストアイズコレクションに掲載されたこの作品、ラベリー上では大人気なのです。毎年複数の人が編み上げていて、編み人もワールドワイド。日本以外の方の方が絶対に多い!ベストアイズコレクションは再販されることはないから、経年すればするほど、入手は困難になるのになぜ?と思わずにはいれれなくて、心の中で、んー・・・著作権を無視したことが起こっているのでは?と思っている私です。

特に、あなたはどうやって手にしたの?という質問は、暗に私にも編み図を分けてっていうことなのかなぁと・・・。あぁ><こんなことを考えてしまう自分がちょっと嫌になりました。リアルで知り合いの方だったりしたら、本を貸したりすることは出来るし、図書館に収められているような本だったら、それをお教えするけれど。外国にお住いの方にはそういったことをして差し上げることは出来ないから。「あなたの住んでいる国の方で編んでいる方がいるから、どこかで編み図を見つけることが出来るかもしれませんね。幸運を祈ります」というコメントをお返しすることしか出来ませんでした。

これでよかったのだろうか・・・。

他にも、「★★★のステッチ(日本語でいうと、長編みの玉編み)を教えて」といったメールを頂いて、無料動画を探してお伝えしたところ、「★★★の編み図がないけど、どこにあるの」と返事が来て・・・ため息。

ラベリーで素敵な編み物に出会うチャンスが増えたし、多くの方から刺激を受けて、のんびりでも編み物を再開したけれど、こういうことが続くと、ラベリーは閲覧だけでいいかなぁと思いはじめた、今年の夏でした。

attiatti2017/09/04 21:37ラベリー が というわけでもなく 日本の方でも 日本の編み物コミュニティーでも 割合として必ず存在しますね こういうタイプのかた。
ある程度は仕方がないので さらっと流す というつもりで 関わっています。
日本語で書いてあり、日本人ってわかっているのに 堂々と(当然のように)英語で 書いてくるんですから 日本語で返事を出そうかな?って思ったりしますが そこまではできなくて
翻訳ソフトを使って 英語を日常使っていないので 英語で書けません。とか書いたりして 何か褒められたりしたとしても thanks:)で済ませたり
ただ そんな トンデモ な方ばかりでもなく 探してもなかった廃番の毛糸を譲ってもらったり 丁寧に 翻訳ソフトで英訳してみたの 使ってみて って 提供いただいたりと
やっぱりメリットが多い ラベリーです。