Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-04-25

方眼編みのストール 編みあがりました

| 22:48

タッセル付方眼編みのストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年4月号掲載

     使用糸 ★ヘイズ col.41(サーモンピンク系) 3.6玉

     使用針 ★鈎針 3/0号

     サイズ ★長さ157㎝×幅12.5㎝

f:id:suuri:20170424171553j:image:left:w435

溜まってしまった糸をなんとか活用しようと今月から始めた、すてきにハンドメイド・テキスト企画を編む!活動、まずは4月分編みあがりです。

このストールで、デザインのポイントになっているのは、先端につけるタッセルです。

通常思うタッセルを作ろうと思うと、思った以上に糸を使うし、房の部分を綺麗に切りそろえるのも難しい。でもタッセルってかわいい!タッセルを作るのに何度も失敗している私です。

今回、提案されているタッセルは、房の部分を鎖編みで作るというものでした。

f:id:suuri:20170418181248j:image:left:w200

指で作る輪に引き抜き編みで鎖を編みつけていきます。

鎖編みを何本編みつけるかで、タッセルのボリュームが、

鎖編みの長さで、タッセルの房の長さが決まります。




f:id:suuri:20170417083013j:image:right:w200

今年の広瀬先生のすてきにハンドメイド・テキスト企画は、巻物&巻物のデザインから一部分を取り上げて小物を提案となっていて、この4月号では、このタッセルをサイズを変えて編み、イヤリングに展開しています。

方眼編みを綺麗に編み上げるには細編みと長編み、編み目をきちんとそろえることと、先生がおっしゃっています。このタッセルも鎖編みの長さをきちんとそろえることが綺麗に出来上がるポイントでした。



f:id:suuri:20170421070819j:image:right:w250

このタッセルの作り方、私にとっては、普通に作るよりも楽しく作れたので、他の何かに展開で来たらいいなと密かに思いました。例えば・・・ミトンに付けてみるとか、鞄のチャームとか。

仕上げは、コルクボードにピンで先端部分の階段状に減らし目をした部分を綺麗に整え、その上から、水で濡らし固く絞ったタオルを重ね、タオルが乾くまでそのままにしておきました。

編んでいる途中では、リネンのごわつきが気になりましたが、上記方法で整えた後は、柔らかさが出てきたように思います。

使用糸ヘイズは、残りが約0.5玉くらいあります。それは大切にとっておいて、またラッピング材として活用したいと思います。

NNiicckkyyyNNiicckkyyy2017/04/27 13:45着画写真、とっても素敵ですね~
春らしくていいです。

clematis2clematis22017/04/28 13:05素敵にハンドメイドはテレビ放送で見ていますが
テキストは買ってません。
タッセルの作り方、目から鱗ですね!
これなら、私でも綺麗に作れるかも?と
思ったりしました。いつか、トライしてみたいです!
ミトンに付けたり、チャームにしたらいいですね♪
余った糸で作っておくとプレゼントにもいいかも。

suurisuuri2017/04/29 08:27NNiicckkyyy 様
 着用写真を褒められて照れてます。
 今年はまだまだ朝晩肌寒くて、リネンストールの活躍は
 もう少し先になりそうです。


clematis2 様
 そうなんです!タッセルを自分で作ろうとすると
 房の長さがいびつになって、どんどん短くなっていく罠
 余り糸の活用方法にもなりますね^^

2017-04-21

方眼編みのストール その3

| 21:53

今週中に編み上がる勢いだった週の初め。しかし、外ランチに出かけた日もあったりして、もう少しで本体が編みあがるというところで、今週は時間切れとなりました。

f:id:suuri:20170417083103j:image:right

先端はこのように階段状に目数を減らしていきます。そして、先端部分にタッセルを付けることになります。

糸の色の再現について、写真写りが不安定(写している場所によって照明器具が違うため)ですが、その2が一番実物の色に近いです。

来週中には編み上げて、ゴールデンウィークに使いたいという野望を持っています。

さて、自宅では練習していたものをいよいよ本番の糸で、まずはスワッチを編みます。

2017-04-18

方眼編みのストール その2

| 23:21

職場のお昼休み時間に編んでいる方眼編みのストールは順調に編み進んでいます。方眼で描き出す模様の位置さえ覚えてしまえば、編み図を確認することなく編めるのがストレスフリー。

編み間違えてもすぐにほどいて修正できるのもストレスフリー。

f:id:suuri:20170414192524j:image:left

すてきにハンドメイドのテキスト企画のいいところ(というか、すてきにハンドメイドのテキスト全般かな?)は、実物大の編地の写真が掲載されているところ。テキストで指定されているサイズと自分の編地がどれだけ違うのかが視覚で一目瞭然。一般的な編物本だと、10㎝×10㎝四方の目数と段数のゲージで表現されていることが多いけれど、なかなかその通りに編めないものです。テキストの指定糸を使って作品を編むならば、大いに役に立つこと間違いなしですね。




・・・私は手持ちの糸で編むのであまり意味はないかもしれないけれど、近いサイズで編み進めています。

2017-04-16

編みたいと思って挫折した思い出 その1

| 22:47

編みたいと思って、糸を購入していざ!出陣ならぬ、編むぞーと思ったのに、完成に至らなかったもろもろ・・・。ありすぎる><

苦い青春の思い出と言えればいいですが、編まれることなくケースに詰められた糸は現実として目の前にあるわけです。それら苦い現実は年二回の衣替えのシーズンに目にして、いつもなら見ないふり~をしていましたが、さすがに今回はそういうわけにもいきませんでした。約一年近く、あまり編んでいなかったのに、糸は順調に増えていたわけだから。

この春夏シーズンは、すでに二着分の糸を購入済。これ以上は買わない!心づもりで行きます。

で、手元にある糸を活用して、方眼編みのストールを編み始めたわけです。

風工房のマリンニット

風工房のマリンニット

本来編みたかったのは、この本に掲載されていた、セーターです。

指定糸:ヘイズで、太い針でざっくり編んで行くデザインでした。掛け目と二目一度で

ガーター編みのレース模様とメリヤス編みでボーダーになります。

このデザインは、前後身頃を長方形に編み、肩と脇を綴じ、袖をちょっと編む=肩の引き返し編みがないのが、私の中ではアピールポイントが高かったです。

この本2014年発行、3年前の本です。

私は、シーズンごとに出るPuppyさんの編物本や毛糸だま、時々購入するベストアイズコレクション等の編物本以外にデザイナーさんの名前で出る編物本はあまり購入しません。答えはシンプルに・・・引き返し編みがあると敬遠するから。この本は、直線的なデザインが多くて、これは編めそう!と思ったものがいくつかあったので購入しました。

で、挫折した理由は、前の記事でも書きましたが、何度も掛け目を落としたことです。

調子に乗ってきたなぁと思うとつるんと落とす。

ガーター編みで毎段掛け目と二目一度があったので、間違えたところを修復するのも大変で、挫折・・・。

実は、今回糸を流用するにあたり、もう一度このセーターにトライしたいと思わないでもなかったのですが、すでにラッピング用で使ってしまっていて必要量に足りませんでした。もうちょっと太めの糸、毛糸で初秋用ぽい明るい色でいつかトライ出来たらいいな。

2017-04-13

方眼編みのストール その1

| 21:10

怪我でなかなか編めなかった間も、編物本の購入と、糸の購入は休むことなく着々と続けておりました。本も糸も、一期一会感が毎年高まっている気がします。つまり・・・買い逃したら二度とお目にかかれない><

そして・・・気が付けば、どうするんだ!?という状況になっていました。

編む気はあるのに、時間がない。

老後の楽しみにするにはまだ早いし、それまで保管しておくのも大変!編み上げても着られない可能性も大。

で、なんとか今ある糸を毎月編めないかとしばし考えて・・・こういうルールを思いつきました。

【すてきにハンドメイドのテキスト企画を着々と一年編む】

今年の年間通じての編物テキスト企画は、広瀬先生が担当されます。巻物を毎月1点、そしてその中のデザインを応用した小物を1点、提案されるとのこと。

巻物だったら、指定の糸ではなくても大丈夫ではないかと思うのです。あくまでも今ある糸を使うのが目的です。

さっそくテキストを購入。今回は方眼編みのストール。指定糸はウールも入っている梅春物用のようですが、気にせずにこれ!リッチモアのヘイズです。

f:id:suuri:20170412082325j:image:left:w250

4玉とちょっと残っています。

これは、風工房先生の本に載っていた、ローゲージのセーターの指定糸で指定量購入、ゲージを取るところまでした糸です。麻がメインの糸で、ハリが強く、何度も何度も掛け目を落とし編み上げることが出来ずそのままに・・・。編みかけをほどいた部分は、バレンタインチョコのラッピングに使用しました。この糸、なんとなく荷造り紐にも似ているし、ピンク色が入っているので、鈎針で花のモチーフを編んで、チョコレートをいれた紙袋をひもでしばって、モチーフを飾りました。それはそれでかわいくできたのですが、やはり身にまとうものを作りたいなと。

糸量もストールを編み上げられそうです。