Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-06-22

連続モチーフ編みのストール 完成

| 22:19

紫陽花模様のストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年月6号掲載

     使用糸 ★ダイアサンタフェ TAF 608 (うす紫系グラデーション) 2.6玉

     使用針 ★鈎針 4/0号

     サイズ ★長さ128㎝×幅12㎝

f:id:suuri:20170611094025j:image:left:w250


編んでいる最中から、絶対に本物の紫陽花の花と一緒に写真を撮ろうと思っていました。

いざ花と一緒に撮影!と思うと意外とストールの重さに紫陽花の茎と葉っぱが負けてしまい、葉っぱの上で安定してくれなくて四苦八苦しました。

編んでいる時よりも、真剣にセッティングしていたかもしれません。

この写真が撮れて満足です。

これは、デザインと糸がぴったり合致したからだと思います。

f:id:suuri:20170613082539j:image:right:w250


オリジナルデザインは花モチーフ5つで幅を作っていましたが、使用糸が違うので、花モチーフ4つとなりました。

白いシャツの首元に、ネクタイのように結んで使ったらなカッコいいかなぁと思います。

f:id:suuri:20170604114347j:image:left:w250

2017-06-20

ガーターレースのスカーフ 番外編:コサージュ 完成

| 10:49

ガーターレースのスカーフ

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年5月号掲載

     使用糸 ★デッラルバ col.104(赤系グラデーション) 少々

     使用針 ★棒針 4号

     サイズ ★直径 約7㎝

     その他 ★茶色のフェルト/2.5㎝のブローチピン/特大ビーズ

f:id:suuri:20170610101637j:image:left:w230



地味な感じになってしまったブローチですが、裏にフェルトを付けて強度を補強したら、しっかりして帽子に付けても安定感が出てきました。

フェルトの縫い付け方はざっくりと・・・茶色い糸がなくて黒色です。

f:id:suuri:20170610101547j:image:right

真ん中のビーズは、ウッドビーズにすると素朴感が出ていいかもしれないと思いましたが、・・・手持ちのモノで作るを信条に進めます。

オリーブ色のニット帽子に合わせてみたら、朱色がいい感じです。ザクロの花に似ているかなぁ。何はともあれ、季節に逆行しているので、秋に着用するのが楽しみです。

2017-06-18

薔薇

糸について思うこと

| 23:48

最近は、会社のお昼休みに編むものと、自宅で編むもの、2つを常時手元に置いている状況です。編み物をお休みしていた間にため込んだ(もっと前からため込んでいましたが)糸をどんどん形にしていかないと、茶箱からあふれそうになっています。

編む糸の量>糸を購入する量にしなくてはなりません。わかっていてもなかなかそういかないのが性分です。

どうしてこんなに糸を購入してしまうのか。

学生のころと違い、働いているので自分で使えるお小遣いが格段に増えたことが最大の要因ですが、それだけじゃないなとわたしはにらんでいます。

一つの糸の販売期間がとても短いのです。

もちろん、定番として長く販売されている糸もたくさんあります。

それでも、ファンシー系に多いですが、中には去年の新製品が一年足らずで販売終了になっていたり。そうすると、必然的にそれらの糸は販売終了セールになったりします。学生のころは手芸店でそれらのセールを運よく見かけて、吟味を重ねて購入。

今はネットですぐに販売終了情報が流れて、セールになって、勢いで購入。

販売終了セールが悪いとは思わないし、私も利用して糸を手にしています。

でもね・・・メーカー側が正規に販売する期間=サイクルがすごーく短いのは問題だと思うのです。編み物本に掲載されているものを見て、編みたいな!と思っても、指定糸自体がすでに販売終了(カラーが販売終了じゃなくて、糸そのものが)で、ガッカリっていうのが多いなぁと思います。それがファンシー系だったりすると、指定糸以外だとテクスチャーも違ってくるし。

今買わないと!!って追い立てられて購入していることが多いかもしれないと反省です。

学生の頃、もう二度と手に入らないかもと思って購入した、ロベルタ系の糸が茶箱に入っています。うん・・・編まないと><反省。

旅行先で、量販店ではない手芸店を見かけるとついつい店内に吸い込まれます。小さな手芸店には、もう何年も前に販売終了になった糸が置かれていることもあって、思わぬ買い物をしたりすることがあります。探していた編物本を見つけたことも。

が・・・販売終了した糸は、そうと知っていて販売しているのかな?追加注文が入ったらどうするのだろうか。もう10年近く前の編物本を見て、これを編みたいといわれても、指定糸がないけど、大丈夫??・・・心配になることもあります。

今編んでいるストールで使っている、サンタフェという糸。これはとても息が長い糸だったようです。サラッとした肌触りで、いいなと思い、購入したいと思って調べたら、去年?くらいに販売終了されたようです。画像をみると、すごくビビットな色で、変化に富んでいるものが多く、私が頂いたものは穏やかな色の変化で、途中でテイストが変わったのかもしれないです。

つらつらと思ったことを書いてみました。

2017-06-15

ホタルブクロ

連続モチーフ編みのストール その1

| 22:09

【すてきにハンドメイド・テキスト企画をひたすら編むミッション】、自分が今持っている糸を使うことを決まりごとにして始めました。

が・・・この決まり事、意外とハードルが高いです。

おそらくこの企画は、各メーカー様のその時々の一押し新作糸がラインナップされてくると思うのです。数ある一押し糸の中から、広瀬先生が、デザインにぴったりのものを選んだ、選りすぐりの糸です。似たような糸が手元にあればいいけれど、そういかないのが世の常でして、前回は、これから季節は夏に向かうというのに逆行した毛糸で編みました。それはそれで私の中ではいい感じに編めたのでいいのですけどね。

こうなると、自分の中で、広瀬先生との勝負!な気がふつふつと沸いてくる・・・な~んて言うとおこがましいですが、手持ちの糸で広瀬先生のデザインを魅力的に見せられたらいいなぁと思っています。

f:id:suuri:20170529083722j:image:left

6月は紫陽花モチーフのストールです。モチーフは連続モチーフ編みで編み進めるので糸始末も殆どなくてストレスフリー。紫陽花色にグラデーション。そんな都合のいい糸が・・・あったんです。それがこれ!【ダイヤモンド糸のサンタフェ】です。母のお知り合いの方から余った糸を頂いたことが何度かあり、その際にもらった糸です。

話を聞くと、編み物を長年習いに行かれているそうで、セーターなどを編んだ残りの糸のようです。この糸は3玉頂きました。


f:id:suuri:20170524192425j:image:right

派手なグラデーションではなく、ぼんやりした薄い青色だと思っていたのですが、編み始めてみたら・・・思った以上にグラデーションがありました。

糸もブークレ状になっているので、さらっとしたテクスチャーでいい感じです。

ゲージを確認すると、テキストでは幅は花5つを編んでいます。糸が指定のものよりも若干太めなので少々出来上がり幅が狭くなりますが4つの花で編んで行くことに決定です。

久しぶりの鈎針編みだからか、編み進む手が止まりません!

2017-06-09

ウォーキング中サギ発見

水玉サマーセーター その1

| 00:43

f:id:suuri:20170606063909j:image:left

3月から練習をしていた、すべり目を使った水玉模様のセーター、本番の糸でのゲージ確認も出来て、いよいよ編み始めます。毛糸だま2017年春号に掲載されていたサマーセーターです。これはひとめぼれ。指定の糸をいそいそと買い求めに上京しました。

このサマーセーターはセナぺ2色と新製品:カテリーナ1色を使います。毛糸だまでは、セナぺが水色と薄い桃色、カテリーナは生成色でした。とてもかわいい感じでして、私には似合わない。


そこで私が考えた渾身の組み合わせは セナぺがメロン色と紺色 カテリーナは薄い紫色の組み合わせです。セナぺのメロン色がお気に入りの色で、この色を中心に考えました。紺色が裾や襟、腕周りにくるので締まって見える効果もちょっと期待して。

しかーし、タイミング悪く、紺色が売り切れ中でした・・・残念。色変えをするので、出来たらイメージがわかるように実物を前にしてチェックしたかったこともあり、お店で急遽色の組み合わせを変更です。どうしてもメロン色を使いたくて、悩んで結局この組み合わせになりました。セナぺの水色とカテリーナの薄い紫色がどうも被るような気がしています。

かといって、カテリーナを生成りやペールグレーにすると、メロン色が引き立たないし。

うーんうーん どうでしょうかね?

この編地に、裾や襟ぐりに水色セナぺ2本どりでゴム編みをします。

完成目指してがんばりまーす。