Hatena::Groupamimono

糸偏日記

2018-04-21二枚目

急に暑くなって、体がついていかない。

着る物の調整が難しいったらありゃしない。

とか何とか云いながらも、二枚目お子様セーター完成。

出来上がるのは早かった。

はずみがついたのかな。

子供用セーター(Sサイズ) 07:33

f:id:osakof:20180418060847j:image


太毛糸 150グラム、4号、6号棒針

多分太毛糸(ほどき糸でラベルなし)

一枚目とほぼ同じサイズなのに、使用糸量は50グラムも少ない。

確かに編みかけをほどいた時、サイズの割に軽い気がしたけど、ここまで違うのかねえ。

結局、もう一枚Sサイズのお子様セーターが編めるくらい糸が残ってしまった。

出来は上々。


<閑話休題>

前々からいってみたいと思っていた足利の藤の花を見に行ってきた。

毎年、花の咲く時期と自分たちの日程が合わず涙を呑んでいたので、やったね!の気分。

感想は、唯々驚き、その大きさに圧倒された。

白花は三分咲き、黄花はまだやっと花芽が出た程度で少々残念であったけれど、、、。

藤だけでなくつつじも八重桜も、たくさんの花々も楽しめて、とってもいい日であった。


f:id:osakof:20180419104559j:image f:id:osakof:20180419141014j:image

2018-04-15やっと一枚目

夏糸在庫の整理を少ししたら、適当に突っ込んである毛糸が気になりだした。

思い立ったが吉日と入れ物を引っ張り出して在庫チェック。

太さで分けて入れ物をやりくりしながら入れ直したら、とても探しやすくなった。

合細と太の量が思ったより多い。

頂き物を中細や並太だと思って突っ込んでおいたんだけどよく見たら合細や太というのが大半。

道理で配色用に合わせようと思うと太さが合わないはずだ、と妙に納得。

中でも太は子供用のセーターが編めそうな量のが何色か。

見ているうちに何だかセーターが編みたくなってきた。

用意してある糸には見向きもせず、せっせとセーター編み。

で、やっと一枚目のセーターが編み上がった。

子供用セーター(Sサイズ) 18:57

f:id:osakof:20180415071639j:image


ニッケビクター毛糸 ファンシー 200グラム、4号、6号棒針

ラベルにあった使用針の号数を見て並太だと思っていたけど、並太と書かれたラベルの毛糸よりやや細目であった。

セーターの出来は、久々に編んだにしては良し。


一枚編んだら弾みがついたらしく、またもお子様セーターを編み始めてしまった。

これまた使っているのは太。

4時間の成果がこれ。

f:id:osakof:20180415115256j:image


セーターを編み始める前に編んでいたのは靴下

例の発掘したウールコットンの糸使用。

靴下(24cm前後) 18:57

f:id:osakof:20180408173159j:image


中細2本取り 80グラム、3号棒針

ウールコットンとウール100%の組み合わせ。

靴下(23cm前後) 18:57

f:id:osakof:20180406152611j:image


中細+合細 70グラム、3号棒針

合細はウール100%


大したものではないけど縫い物も少々。

手ぬぐいとして使うには少々生地が固くてしまい込んであったもので布巾4枚。

布巾 18:57

f:id:osakof:20180407105552j:image

2018-04-05色合わせはあきらめた

今年は着るもの編んでないなあ。

糸はすでに用意済みなんだけど何だか食指が動かない。

代わりにというわけではないけれど、今編んでるのは靴下

それも、おしゃれなものとは度遠い、実用一点張りのもの。

一年中靴下が欠かせない人用。

この2週間ほどの間にできたのがこれ。

靴下(24cm前後) 08:37

f:id:osakof:20180329150305j:image


中細+中細よりやや太め 100グラム、3号棒針

履き口を長くしたので、いつもより使用毛糸量は多め。

ふっくらと出来上がって満足。

靴下(23cm前後)その1 08:37

f:id:osakof:20180402062920j:image


中細+極細2本 90グラム、3号棒針

この極細、母の帽子だったものを、どうやって編んであるのか気になってほどいたもの。

使い切るかと思ったけれど、少し残ってしまった。

中細はウールコットンの段染め糸なんだけど、ほとんどわからないので色合わせは気にせず。

こちらは使い切り。色合わせをしてたら足りなかったかもしれない。

靴下(23cm前後)その2 08:37

f:id:osakof:20180329150321j:image 


中細+合細 70グラム、3号棒針

中細はウールコットンの段染め。

多少ずれてる部分もあるけど、色合わせした感じにできたかなあ。

実は途中で色合わせをあきらめたんだけどね。

中細は使い切り。

靴下(23cm前後)その3 08:37

f:id:osakof:20180403144748j:image


中細+合細 70グラム、3号棒針

中細はウールコットンの段染め。

こちらは編んでる途中で結び目が出てきて色合わせは完全にあきらめた。

何せ、とんでもない色同士が結んであったのだもの。

おまけに、最後数十センチ糸が足りなくて、似た糸を探すのが大変だった。

何とかそれらしくなったかなあ。


ウールコットンの糸探しをしていて発掘した夏糸多数。

ここは夏糸と決めて入れてはあったのだけど、ここしばらく中を見てなかったからねえ。

特に去年は、余った糸や頂き物を適当に放り込むだけで碌に整理していなかったし、、、。

そんな訳で、あちこちひっくり返し、持っていても使わないだろうなと思う糸を集めて、いつもの作業所へ進呈。

例の秋までに2000枚のコースター作成に糸がどれだけあっても足りないと言ってたから、役立ててもらえるであろう。

進呈した糸 08:37

f:id:osakof:20180401075403j:image f:id:osakof:20180405064919j:image f:id:osakof:20180405070034j:image


主に、夏糸や変わり糸、ブークレーなど。

合計5550グラム。

これだけ放出しても、毛糸入れの数が変わらないとは、何をか況や。

まあ、ぎちぎちが多少ゆったり程度にはなったんだけど。

2018-03-17編み物はしたし、されど、、、。

実に表題の通り。

編み物したいけど、面倒なものや大物はちょっとねえ、の気分が続く今日この頃。

編み図観なくていい、すぐ完成する、となるといつものワンパターン。

そんなグダグダ編み物でも、幾つか完成。

靴下(23cm前後) 14:02

f:id:osakof:20180311064913j:image f:id:osakof:20180314154357j:image


ソックヤーン+合細(のはず)、3号棒針

左:70g

 糸が細いような気がして目数を増やしてみた。思ったほどゆるくない。

 やっぱり、合わせた合細が何時も使ってるものより細かったのかなあ。

右:70g

 いつものごとくの定番。履き口からかかとまでを数センチ長くしてみた。


目数を増やした方は定番品より余分に糸を使ってるはずなのに、重さが同じ。何で?

まあねえ、合わせた合細が、毛100%かアクリル混じりかの違いはあるけど。

よくわからない。

アクリルタワシ 14:02

f:id:osakof:20180316151539j:image


アクリル並太2本取り 200g、8号棒針

バザー用に在庫をすべて放出したので。

購った毛糸 14:02

f:id:osakof:20180312114652j:image


アクリル並太 計300g

つい先日、アクリル毛糸の在庫が多いから減らさなくっちゃと思ったばかりのはずなのに、全く何をかいわんや。

きれいな色の誘惑に勝てなかった。


さてさて、用意した糸で着るもの編み始めるかなあ。

寒い季節は終わろうとしてるけど、ここで手を付けなかったらまた編まないで終わってしまいそう。

あれとこれとそれにあれも、と編みたいものは山積してるもんなあ。

noahchannoahchan2018/03/17 15:45こんにちは。noahです。
私も真似してドミノ編みのアクリルたわし作りをしています。
すぐ出来て役に立って在庫糸も減ると思ったいたけどやはり
また綺麗な色が欲しくて買ってしまいました。
ダメですね。

osakofosakof2018/03/18 07:26noahさん>
ははは、そうですよね。
きれいな色を見ると、ついつい手に取ってしまう。
結局、減らした分ほど増えてしまう。
でも、編んでて楽しいから良しとしましょうよ。
編んだものは役に立つんだし。
と、自己弁護。(^^)

2018-02-20整理してみたら

先週末、帯やしないを持って&顔見に京都へ。

合間に御所の梅見に行ったけど、ほとんど咲いていなかった。

更に、一度行ってみたいと思っていた渡月橋に嵐電に乗って行ってみたはいいけど、あまりの人の多さに唖然。

寒い時期だから人は少ないだろうと思っていたのに、、


f:id:osakof:20180216103506j:image f:id:osakof:20180216144401j:image


梅園の立て札はあるけど、花はなし。

遠景で見難いけど、橋の上は人、ひと、hito。

季節関係ないのねえ、と改めて思う。

道中のお供は相変わらず編み物。

出来上がったのがこれ。

大人用帽子 17:14

f:id:osakof:20180220160703j:image f:id:osakof:20180220160715j:image


ウールボックスメランジ 85グラム、8号棒針

前回編んだものと編み図は同じ。

ただし、ひと模様追加。

つれあいも私も頭の鉢が大き目。

普通サイズでは小さすぎてかぶれないので模様を増やしてみた。

結果、どちらがかぶっても大丈夫。

つれあいが気に入ったらしいので、彼のものになった。

自分用はまた別の糸で編む予定。

ちなみに、前回進呈した帽子は、小さすぎたかと思ったけどぴったりだったとかで、如何に我々の頭の鉢が大きいかを思い知ってしまった。


で、表題だけど、、、。

去年からのつけをようやく片づけて、最後まで残ったのが手仕事関連。

編みかけ、縫いかけ、刺しかけを少しづつ片づけ、ついでに材料も見直し。

入れ物を変えたり置き場所を変えたりあれこれいじってやっと片付いた。

その結果、やりかけを入れたり、細かな備品を入れたりしてるプラ籠がかなり余ってしまった。

去年は、足りないと思って買い足したのに、全く何たること。

そして、アクリル毛糸の在庫があまりに多くてびっくり。

かなり編んで減らしたつもりだったから。

少しは在庫を減らそうとせっせとたわし編み。

アクリルタワシ 17:14

f:id:osakof:20180215070656j:image f:id:osakof:20180220064743j:image


アクリル並太2本取り 145グラム、8号棒針

これだけ編んでも在庫はこれだけ。

籠の深さがあるのでみかけよりかなり多い。

タワシは編んだ端から羽が生えて飛んでいくから、編みすぎということはないけどねえ。

とにかく、せっせと編むしかないかな。


f:id:osakof:20180220064855j:image