Hatena::Groupamimono

糸偏日記

2019-05-14何となく

元号改元大型連休が終わって少し静かになったかなと思える今日この頃。

とは言いながら、世の中物騒な話が飛び交い、何となくもぞもぞざわざわと気持ちが落ちつかないこと多し。

そんなときは無心に手仕事をするのが一番。

それもあれこれ考えないでただひたすら手を動かせる手仕事。

気が付けば、つづくろいやら、ほどき物やら、色んなものが広がって足の踏み場もない。

昨日も、バザーで売り物にならないから処分するというので頂いてきた祭の浴衣をほどいていた。

白地の飛び模様、すそや袖口の一部黒ずみ、襟に使ってあるのはある地域のお祭りのために作られた文字入り手ぬぐい。

確かに買ってくださる方はいないだろうなと思う。

でも、しっかりクリーニングに出して、きちんと保管してあったと思えるもの。

生地もしっかりしてるし、そのまま処分するにはあまりにもったいない。

模様が気にいったので袋物の裏や布巾に使ってみるかなと頂いてきた。

ほどきながら、丁寧な仕事ぶりにほれぼれとしてしまう。

糸こぶひとつとっても、そのきれいな仕上がりに感心する。

余分な糸端も表に響くようなごろつきも全くない。

後は推して知るべし。

ただひたすら感心しながら、ほどいていた。

まあそんなことはさておき、連休中の編み物

と言っても大したものじゃないんだけどね。

ラニースクエアモチーフ 11:11

f:id:osakof:20190505110803j:image


並太毛糸(と思しきもの) 80グラム

連休中に来ていた五歳児が「編み物したい」というのでお付き合いしながら編んだもの。

残っていたのは渋い色ばかりで地味目な仕上がりだけど、これまでのものと併せれば何とかなるであろう。


そうそう、縫い物も少々。

と言っても運針のみなんだけど。

刺し子布巾 11:11

f:id:osakof:20190506133913j:image f:id:osakof:20190506133922j:image f:id:osakof:20190506133925j:image


お手伝いしてる通所サロンのお姉さま方が縫い物したいとおっしゃるので、図案と材料を渡したら刺し子が出来上がってきた。

仕立てはやんないから、とのことなのでわたしが仕立て係。

ただひたすら運針をして出来上がったのがこれ。

ちなみに、完成品には未練がないそうで、、、。

縫ってる間が楽しいのだそうな。