Hatena::Groupamimono

糸偏日記

2019-02-04二枚目

もうすぐ立春

つい最近、新年の挨拶をしたばかりの気がするのに、節分が過ぎてしまった。

家の裏のふくだつ(蕗の薹)も、しっかり大きくなってきてるし、季節は確実に進んでいる。

話は飛ぶけど、わたしは未だに2月にふくだつ(蕗の薹)という実感がわかない。

雪の多い所に生まれ育ったせいなのか、ふくだつ(蕗の薹)は4月から5月の感覚。

今現在の場所に住むようになってからの年月の方が、生まれ育った場所に住んでいた年月よりはるかに長いというのになんでだろう。

なんてことはさておき、編みかけセーターの二枚目完成。

これも去年の春からの持越し。

こちらは暑さにめげたのではない。

併せた糸が細すぎて目を落としやすく編む気が失せたのがひとつ。

そして、配色糸が足らないことが判明してほどくかどうか迷ってしまったのがもうひとつの理由。

結局、足りないのはほんの少しなので、似たような色の糸を探しだして編みあげた次第。

子供セーター(Mサイズ) 09:09

f:id:osakof:20190204072623j:image f:id:osakof:20190204073033j:image


中細+極細(2本) 300グラム、4号、6号棒針

(中細)

 CRAZY

 ピエロ ソフトメリノ中細

 よじり糸(多分カネボウ、色違いで同じ糸のラベルがカネボウだった)

(極細)

 Puppy French Angora

 Puppy Dream Soft 2ply

途中で糸が足りないと判明したのは中細よじり糸。

玉の途中でつなぎ目だらけであることが判明。

いくらなんでもセーターに使うのはちょっとという短さだった。

てなわけで足したのがピエロのソフトメリノ。

編み上がってみたら、違和感なしでほっ。

それにしても、ここまで糸の素性がわかって併せたのは久しぶり。

半端糸を合わせる時は、ラベルがなくなっていることが多いからねえ。

特に頂き物の中細は、枷を巻き取ったものが多くてラベルがないのが普通。

どの糸も手触りが良くて編みやすい糸だった。

右に写ってるのが残り糸。

さて次はどの糸を使おうかなあ。


似た色の糸探しをしていてアクリル毛糸の半端を入れた袋発見。

半端糸は全部同じ袋に入れておいたはずなのに、、、。

見つけたついでにというわけでたわし編み。

アクリルタワシ 09:09

f:id:osakof:20190131120742j:image


アクリル並太2本取り 150グラム、8号棒針

すべて袋に残っていた半端糸の組み合わせ。

まあこれは言うまでもがな。