Hatena::Groupamimono

糸偏日記

2016-05-13やっと一枚

細かなものばかり編んでたけれど、やっと一枚着るもの完成。

と言ってもお子様用セーターなんだけど、、、。

子供用セーター(Sサイズ) 09:07

f:id:osakof:20160513070050j:image


並太甘撚り毛糸 200グラム、4号、6号棒針使用。

毛糸は頂き物。Puppyの上等品。ラベルが多少色あせてたけど。

画像では明るめだけど、もう少し濃い目の紺色。

肌触りがとっても良くて軽い仕上がり。

同じサイズを別の糸で編んだら多分もう50グラムくらい必要だったはず。

首回りが予定よりほんの少し小さめになったけど、いい感じにできて、良し!!!


そうそう、この間のアクリルたわし。

考えたら極太で編んでみてなかった。

で、極太毛糸を手に入れて編んでみた。

在庫がないので極太アクリル毛糸を買いに行ったら値上がりしてた。

いつもご愛用のメーカの品がほぼ倍額。

お店の人も高くなって申し訳ないですねと、、、。

あれこれ使ってみてこれが一番いいんだけど、これからどうしようかなあ。

アクリルたわし(試作品) 09:07

f:id:osakof:20160512164708j:image


極太アクリル毛糸 50グラム、6号棒針使用

出来上がった感じでは、並太バージョンより極太バージョンの方が良いような気がする。

2016-04-29お試し

毎日使用しているアクリルたわしがへたってきたので在庫を見たら殆ど空っぽ。

そう言えばバザー用にと大半を提供したんだった。

早速アクリル毛糸を引っ張り出して編み編み。

毎度の定番品は厚みがありすぎるかなと思いながら使うこともあるのでちょっと試してみた。

アクリルたわし(お試し版 その1) 09:02

f:id:osakof:20160417165633j:image


並太毛糸70グラム、6号、8号棒針使用


見た目は変わらないけど左右で厚みが異なる。

左の2枚は並太1本、右の2枚は並太2本取り。

いつも使ってるのは並太2本取りで編んだもの。

ドミノ編みの小さい方は並太1本では薄すぎたような気がする。

ガーター編みの長方形は丁度いいような気がするけど実際はどうなのかなあ。

使ってみないと何とも言えないけれど、、、。


これまたアクリルたわしだけどもう一つお試し。

アクリルたわし(お試し版 その2) 09:02

f:id:osakof:20160428152855j:image


並太2本取り 90グラム、8号棒針使用

何がお試しかと言うと、2玉で定番のたわしを何枚編めるか、ということ。

いつも思いつくまま気の向くままなので、編むに要する時間はわかるけど、この量で何枚編めるかは把握していなかった。

で、試してみたらいつも使ってる45グラム巻き並太2玉で5枚編めることがわかった。

残ったのはどちらも数メートル。

これで残る半端糸を多少減らすことができるかな。


ついでなので、半端糸を引っ張り出してたわし編み。

出来上がったのはこれ。

アクリルたわし 09:02

f:id:osakof:20160429075605j:image


並太2本取り 130グラム、8号棒針使用

糸合わせは全部違うのに、並べると違いがあまりわからない。

もう少し編むつもりだったけど、急にやる気が失せてしまったのでこれでおしまい。


編んでいたのはたわしだけではない。

靴下も少々。

すべて進呈済みで手元には残ってないけど。

靴下(23cm前後) 09:02

f:id:osakof:20160417112705j:image f:id:osakof:20160423132327j:image


左:かぎ針編み

 中細 60グラム、3号かぎ針使用

右:棒針編み

 中細(綿ウール混紡)+合細(ウール)50グラム、2号棒針使用

まあこれはいつもの如し。

棒針編みの方は糸量が少なかったのでかかとから上が短め。

夏でも」靴下をはかないと足が冷えて仕方がないという知人へプレゼント。


そうそう、我が家の在庫糸が少し減った。

自分では使わないと思う糸を作業所で使ってもらうことに。

トータル770グラム。

もっとあるんだけど手持ちで持っていくにはこの程度が限界。

毛糸入れはちっとも空いた気がしないんだけどね。


f:id:osakof:20160415082846j:image

2016-04-11小物ばかり

寒暖の差が激しいせいか、大物に着手する気が起きない。

でも、編み物はしたい。

その結果小物ばかりが完成する。

靴下(24cm前後) 13:45

f:id:osakof:20160407083747j:image f:id:osakof:20160404103514j:image


共に、中細+合細 60グラム、2号棒針使用。

毎度のごとく至極シンプルなもの。

それなりの出来かな。

どちらも半端に残った糸使用。


靴下(23cm前後) 13:31

f:id:osakof:20160411091752j:image f:id:osakof:20160411091835j:image


共に、中細+合細 50グラム、2号棒針使用。

半端に残ったソックヤーンと、これまた半端に残ったコーン巻き合細の組み合わせ。

一応重さをはかってから始めるのだけど、最後まで糸が足りるか冷や冷や物。

青いほうは何とか足りた(ほんの少しだけど糸が余った)けど、ピンク系は中細合細ともに足りなくて半端糸を漁り何とか辻褄合わせ。

段染糸が足りないのは、糸合わせが大変。

でもまあそれなりの出来で満足。


アクリルタワシ 13:31

f:id:osakof:20160411091720j:image


並太(ちょっと細目)2本どり、8号棒針使用、2枚で25グラム。

アクリル毛糸入れからはみ出した分だけ編んでみた。

ついでに量産するつもりだったけど、何だか編む気が失せてこれでおしまい。


さて、次は何を編もうかなあ。

小物ばかりだと、かなり編んだはずなのに毛糸が減ってる気がしない。

今回も3本のコーンが空になり、くしゃっと残っていたソックヤーンを3種類と、半端な中細2玉を使い尽くしたのに、どこが減ったの?って感じだもんねえ。

2016-04-03赤と黒

確かこんな表題の小説があったっけ。

そうそう、スタンダール。

毛糸をいじってたらこんなものが完成。

お子様帽子 12:27

f:id:osakof:20160401164500j:image


並太 35グラム、6号棒針使用

色合わせが強烈すぎた気がしないでもないけど、これはこれでありかな。

靴下(23cm前後) 12:27

f:id:osakof:20160329062527j:image f:id:osakof:20160401080346j:image


共に中細2本取り 一足が70グラム、2号棒針使用。

ウール100%の中細に、段染め糸を合わせてある。

合わせた段染め糸は「ゆざわやオリジナル」で、糸の組成が異なる。

方やアクリルナイロン(ブルー系)、こなたウールナイロン(茶系)。

編んでみた感想はアクリルナイロンは糸が伸びやすいし手に引っかかる。

感触はやはりウールが入ってる方が柔らかい感じがする。

40~45グラム巻きの糸が増えてるけど、この糸は50グラム巻き。

お足の方もまあまあかな。

左右の模様合わせは敢えて意識せずに編んでみた。

まずまずかな。


<誰か教えて>

windows updateをしたら(と言うか自動的にされてしまったんだけど)星マークが見えない。

アップデート後に自分でつけた星は見えるんだけど、、、。

編み物グループ内のどのブログを見に行っても表示されない。

何でだろ。

それにやたらとセキュリティが厳しくなってコンテンツが表示されない部分が増えてしまった。

いちいちセキュリテイレベルを変えるのは面倒。

2016-03-27三寒四温

暖かかったり寒かったり、花咲く時期特有の気候が続く今日この頃。

日差しが明るくなったら、これまで見過ごしていたところが気にかかる。

薄汚れてきたレースのカーテンを洗ったら、危惧していた通りあちこち裂けてしまった。

仕方ないので、なぜか残っている長いカーテンを短くしたはいいのだが、ミシンの調子が悪い。

ミシン掃除をしようと思ったら、簡単に開けられない構造。

買い替える前のミシンはぱかっと蓋を開けることができたのになんで?

ぶつぶつ言いながら、ドライバーを引っ張り出し、ボビン周りや糸通し周りのふたを外して埃取り。

ようやくミシンの調子は元に戻ったものの、うーんと考え込んでしまった。

今回の埃取りもそうだけど、電子ミシンになって以来、ちょっとしたことが面倒。

縫い始めの糸始末も機械任せで思うようにいかない時が結構あるし、糸切だってボビン糸のセットだってそう。

やっぱり適当に原始的なミシンの方が私は使いやすいのかなあ。

買い替える前のミシンは何とか動くようになったもののボビン調整がうまくいかなくて放ってあるけど、専門家に見てもらおうかなあ。


手仕事は相変わらずステッチメイン。

でもねえ、これが遅々として進まず。

まあ進んでいないわけではないけど目に見えて大きな成果が出ていないというのが現状。

そんなわけで飽きてくると手が出るのは編み物。

簡単なものばかりだけど、これだけ出来上がった。

お子様帽子(三角鱗バージョン) 09:58

f:id:osakof:20160325065158j:image


共に、並太 50グラム、6号棒針使用

目についた黒の半端糸をいじっているうちに出来上がったもの。

少々地味すぎたような気がしないでもないけど、案外いいんじゃない、と自分では思ってる。

お子様帽子(一目ゴム編みバージョン) 09:58

f:id:osakof:20160326171434j:image


中細よりやや太めの糸2本取り 50グラム、6号棒針使用。

折り返せるように少し長めの丈にして見た。

かぶったら案外可愛いんじゃないかなと思うけどどうだろう。

お子様帽子(縞々バージョン) 09:58

f:id:osakof:20160327072342j:image f:id:osakof:20160327072416j:image


並太 45グラム、6号棒針使用。

渋めのピンク糸を眺めてるうちに思いついたもの。

縞々は特に規則性がなく思いつくまま気の向くまま。

ベレーっぽくしてみたくて編んだらこんな形になった。

無条件に可愛いと思うのは私の独りよがりだろうか。


これだけ編んでも毛糸玉数個分が形になっただけ。

大物編まないと在庫糸が目に見えて減ることはないなあ。