Hatena::Groupamimono

なつめのあみもの日記

2017年01月13日(金)

遅れ馳せながら… 19:28

あっと言う間の年末年始ですっかりお正月気分も抜けてしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!


で、今ごろですが昨年を振り返ってみます。


2016年の編み物目標は、確か

「在庫の素敵糸からどんどん編む」

「夏場も冬ものを編む」


糸は、在庫も使いましたがそれ以上に「素敵糸をさらに増やす」という残念な(本当はちょっと嬉しい)結果に。笑

今年は夏場にミトンばかり編んでいたので、ふたつめの目標は概ね達成ですが、その糸のほとんどは新たに色を買い足したHolst Garnなのでした……この糸の色合いに惚れ込んでおります。汗


それにしても、作品を並べてみたら「えっ、これだけだったっけ!?」というくらい、意外と数を編めていなかったんだなあと…

日々編みまくっていますが、やはり手が遅いんですね〜。


そういうわけで、今年の目標はひとつ。

「速くきれいに編む」

これでいこうと思います!


2016年の編み物、写真だけ貼っておこうと思います。


*ウエア*

f:id:natsuume:20170113161920j:image:w150 f:id:natsuume:20161222084858j:image:w150 f:id:natsuume:20170113162007j:image:w150 f:id:natsuume:20170113162047j:image:w150

*娘のもの*

f:id:natsuume:20170113172306j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172315j:image:w150

*小もの*

f:id:natsuume:20170113172439j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172446j:image:w150 f:id:natsuume:20161208083151j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173339j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173430j:image:w150

*ベビーもの*

f:id:natsuume:20170113172531j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172541j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172553j:image:w150 f:id:natsuume:20161103072817j:image:w150

*ミトン*

f:id:natsuume:20170113173056j:image:w150 f:id:natsuume:20160906085115j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173120j:image:w150 f:id:natsuume:20160917085233j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173245j:image:w150




2017年編み初め作品 19:28


f:id:natsuume:20170113174422j:image


☆パターン:“Lighthouse Pullover” by Carrie Bostick Hoge(ラベリー内購入)

☆サイズ:35¾

☆糸:Brooklyn Tweed SHELTER

   ・Long Johns(赤)…6かせ弱

   ・Snowbound(ライトグレー)

   ・Postcard(ピンク混じりのグレー)

   ・Soot(チャコールグレー) ※配色糸は量り忘れ^^; 各少々 

☆針:JP8号・7号・6号輪針、8号かぎ針(別鎖の作り目)

☆メモ:

 ・袖、身ごろ共に別鎖の作り目でリブは最後に編む。(丈を調整するため)

 ・身ごろ両脇にフェイクシーム(裏目1目)を作り、後で脇のマチ&裾リブに吸収させる 。

 ・襟ぐりは7号針で3.5cm(10段)編み、内側は6号針で。伏せ目をせず別糸に通してから、襟ぐりの残り糸を使ってまつりつけ、別糸を後で抜く。

 ・袖リブ8cm(24段)、裾リブ7cm。1目ゴム編み止め。



以前の記事にチラッと書いたのですが、今年、4月に父が、6月には母が、めでたく揃って還暦を迎えます。

そこで、ふたりにお揃いの糸でとっておきのニットをプレゼントしようと計画しました。


実は、今まで母にはショールやカーディガンなどたびたび贈っているのですが、父にはせいぜいマフラーや帽子(それももうずいぶん昔…。帽子なんて、大きくなり過ぎた失敗作を、父ならかぶれる!とあげただけという^^; 笑)の小物しか編んだことがないのです。


地元は札幌なので、ニットの使い出はいくらでもあるし、何年か前から、父には長く着られるような素敵なアランカーディガンをプレゼントしたいなあと考えていました。

ただ、父はかなりの重量級なので、父サイズのパターン&あまり重くならない糸がなかなか思い当たらず、あっても英文パターンでは自分のレベルではついていけないと思っていたので、ずっと編めずにいたわけです。


それが、昨年初めてブルックリンツイードの糸で夫のセーターを編み、「この糸なら大きくても軽いアランカーデが作れるかも?」と思いついて…英文のパターンもだいぶん編めるようになってきたし。

そういえばちょうど還暦を迎えるし、大物ニットを贈るには良い機会じゃないか!と……今回の計画に至ったのでした。



そういうわけで、父に編みたいパターンは先に決まっていました。

最初は、母にも同じアランもの(ベスト、カーディガンorプルオーバー)にしようかな?と考えたのですが、いかにもなペアルックより、よく見たら糸が同じ?というくらいのお揃い感のほうが、同時に着ても抵抗が無くて良いかも…

何より、編む自分が飽きないってのも大事。笑


そこで楽しく編めそうなパターンを考えました。

片方アランなら、もうひとつは編み込みしたいな〜(2大好きな編み物)。

この太さの糸で編めて、ベースはさくっとメリヤスで、ちょっと編み込み模様があるプルオーバーがいいかも?

模様はあまり可愛らし過ぎないシンプルなので…


そんな感じで色々検討して、このパターンに決めました。

Lighthouse(灯台)って言われるとそんなイメージの模様。素敵〜♡


いちおう還暦祝いにこだわり、ベースは父と同じ渋めの赤で。

配色は、最初は“黒・グレー・白”のモノトーンをプラスするのが無難かなと考えたのですが、それだとちょっと、カッコ良い感じになり過ぎそうな気もする…

それで、あえてあまりパキッとしたコントラストをつけずに、ぼんやりやわらかめの配色にしてみました。


模様編み始めた時点では、ライトグレーとピンクグレーは差がなさ過ぎたかな?(かせで見ると全然違う色でも、模様の面積が小さいのとベースの赤が強いせいもあるのか、あまり差が無く見える…)と、やっぱりいちばん明るい色には白つかうべきだったかな〜と思ったけれど、編み上がってみればこれはこれで良かったかなという感じです。

写真だとどうしても赤が派手に写って模様の色味もよくわからないのですが、実物は全体的にわりと落ちついた感じで、どの色も微妙な色合いがなかなか素敵です。



ちょっと前に夫のセーターを編んだので、この糸にはすっかり慣れたつもりでいたのに、メリヤス編みだとまた勝手が違い、スワッチ→編み始めくらいまでは手加減を安定させるのに苦戦しました…

しかも編み目が揃わなくて気になる〜。


自分はもともとアメリカ式なのですが、メリヤスオンリーのときはいつもフランス式で編みます(そのほうがなぜかキレイに編める気がして…)。

まずは袖から編み始めたのですが、この糸はフランス式だと力がうまく入らないというか、加減するのが難しい感じがして、最初はアメリカ式で編んでいました。


それにしても、あまりに目がガタガタするので、ためしにフランス式で編んでみると……やっぱりこっちのほうがキレイに編めている!?


f:id:natsuume:20161227142401j:image


袖口から4つ目のマーカーまではアメリカ式だったと思われます。写真で見るとよくわかってびっくりしました。笑

ゲージも変わらないようだったので、フランス式に変更しました。


ちなみに、編み込みは基本アメリカ式(編みくるみの無い段では、配色糸は左手にかけてフランス式、地糸は右手でアメリカ式の二刀流でやることもたまにあります)、ゴム編みはアメリカ式です。

ややこしい^^; 笑


編み進めて慣れてくると手加減がきつくなっていくことがけっこうあるので、途中途中でゲージを測ってわりと慎重に編みました。


袖下は裏側から棒針3本のかぶせはぎの指定だったけど、メリヤスはぎに変更しました。

なんとなく、そのほうが内側がごろつかなくて良いかなと思ったのだけど……

ひょっとして、その分脇下がちょっとだぶついたのかな?と後で気がつきました。

けどまあ、気になるほどでもないか!と、今回はそのままです。


襟・袖と裾のリブを残して、一旦水通し。

サイズを見てから、各リブの長さを調整しながら編むつもりで。

リブから続けて編めるものをわざわざ分けて編むのは何かと手間がかかって面倒ではありますが、前回の夫のセーターでこの編み方をしてみると、後で丈を調整できる!というラクさ加減(気持ち的にも笑)が気に入って、今回もこの方法で編みました。


f:id:natsuume:20170113183258j:image


かるく脱水した後、自然に広げてみたら、あれ、ちょっと大きかったかな!? てかゲージぴったりだったはずだけど、ゆるくなってる?

と一瞬思ったけれど、ちょっと縦に伸ばし気味にしたら元通り、ゲージも寸法もほぼパターン通りで一安心。


乾燥後、まず襟の詰まり具合が袖丈にも影響すると思ったので、襟→袖→裾の順にリブを編みました。


f:id:natsuume:20170109073042j:image


ダブル仕立ての襟、これも前回夫のセーターで初めて編んで、しっかりと安心感のあるところが気に入ったのですが、今回もたまたまこの仕様でした。

しかしながら、編んだばかりなのに、どのように処理したんだったかサッパリ思い出せず^^;

パターンには詳しく書かれていないので、ネットでいろいろ調べたところまでは憶えているのですが。

確か、ゆるく伏せ止めしてからまつりつけたんだったかなあ……。

で、今回はなんとなく、伏せ止めせずに別糸を通しておいて、一目ずつすくってまつり付ける感じでやってみました。

別糸は最後に抜きました。

伏せ止めしてからまつるよりも、こちらのほうが簡単に感じました。


f:id:natsuume:20170113090448j:image f:id:natsuume:20170113191035j:image


またまた、プレゼントなのに試着です。笑

母はわたしよりもちょっと小さくてけっこう細めな小柄体型なので、本来いちばん小さいサイズで良いはずなのですが、好み的にピッタリしたセーターは好きじゃないと思ったので2番めのサイズで。

そしたらこれが予想通り、自分にジャストサイズ♪笑

本当にピッタリで、自分にも色違いで編みたくなりました。

配色糸はちょこっとずつしか使わないので充分余っているし、そのうち地糸だけ買い足して編もうかなと思っています 。


こういう、ウエストシェイプが入ったウエアは初めて編みましたが、スッキリ見える気がします。

今まで、ウエストシェイプはピタピタ系のニットのもの→あまり縁が無いと思っていたのだけど、それほどフィットしないニットでもシェイプの効果あるのね〜と納得しました。


さくっと編めるパターンですが、やはり手が遅いので20日弱かかってしまいました。

速い方ならおそらく一週間もかからずに編めるのではと思います。

父の誕生日が4月初旬なので、早速第2弾に取りかからないと…!

この母のプルはそのときに一緒にプレゼントするつもりなので、しばらく寝かせて、直前に仕上げ洗いをする予定です。

kekero_kerokekero_kero 2017/01/29 09:50 素敵、、、、、、、、、、
きれいなセーター、お母さんも喜ぶことでしょう
今年は札幌が例年より冷え込んでるようなので
うれしいプレゼントになりますね♪
メリヤス編みでゲージの細かいこと、、、それだけでもすごいのに
これがプレゼント、その根気にただただ尊敬です

そうそう、なつめさん、地元は北海道だったのですね~~~(^▽^)/

ゲスト



トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/natsuume/20170113