Hatena::Groupamimono

なつめのあみもの日記

2016年12月23日(金)

February Lady Sweater 16:39


f:id:natsuume:20161222142133j:image


☆パターン:“February Lady Sweater” by pamela wynne(Ravelry内フリーパターン)

☆糸:ダルマ横田 原毛に近いメリノウール no.5 スモークブルー 281g/858m

☆針:JP10号輪針

☆仕上がりサイズ(洗い後、平置きで)

【身幅】51cm 【着丈】68cm 【袖丈(脇下から)】34cm

☆メモ

・増し目はkfbで

・2目伏せて、次の段で巻き目で2目つくるボタンホール

・襟ぐりの伸び防止に、6号かぎ針で裏から引き抜き編み。



88歳の夫の祖母への贈り物に、カーディガンを編みました。


夫の実家は母親の両親が建てたお家で、義父はお婿さん。

夫とその兄・妹は生まれた頃からおじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしていました。

祖父は2年前に他界してしまいましたが、祖母は88歳でまだまだ元気です。

家から少し離れた小さな畑へ毎日何度も行き来して、無農薬野菜を作り、わたしたちにも季節毎に美味しい野菜をたくさん送ってくれます。


なぜ急に編むことになったのかと言いますと…

先日、実家へ遊びに行ったときに、娘が4月から小学校へ上がるということでお祝いをいただいたのですが、

おばあちゃん「お祝いと、それにばあちゃんが死んだときに来てもらう電車賃だからね」なんて言って、結構な金額を包んでくださってしまい…(変な日本語 ^^;)


義母に「こんなにいただけません、どうしましょう ^^;」と相談したところ、

「お金はもらっておけばいいからその代わり、なんかセーターでも編んでやんない!(←編んであげなよ、という方言)◯◯ちゃん編み物してるの知ってるそい、喜ぶよ」

と…

「簡単に素編み(←メリヤスのことかな?)でいいんだから、前開きで、ボタンはスナップボタンがいいよ」

と具体的なアドバイスまでくれて(結果的にはそうならなかったんですが笑)


これから両親の還暦祝いのプロジェクトを、完成まで最優先で編もうと決めていたところだったので、内心「どうしよ〜!」と思ったのですが…

けれど確かに、お礼に何か贈るなら、買ったものよりも、編んでプレゼントしたほうが感謝の気持ちが伝わるかもしれないなと思い、急遽こちらに取りかかることにしたわけなのです。


義母のアドバイス通りカーディガンで、シンプルなデザインのパターンを探しました。

スナップボタンで…と最初は考えたのですが、ニットだとたぶん編み地にリボンかテープかなにかを縫い付けないと無理ですよね?

うまくやれる自信がまったくなかったので笑、スナップボタンはまず却下させてもらい…

たくさんのカーディガンのパターンを見てあれこれ悩みましたが、

このデザインなら、ボタンが少なく着脱もラクそうだし、前が開いているのでゆったり着られて良いんじゃないかと。


実は、このパターンの元になっているベビーセーターが載っている本をずいぶん前から持っていました。


f:id:natsuume:20161222152517j:image

f:id:natsuume:20161222152608j:image

右上に小さくベビーセーターが。おそろいの帽子もありますねー


かなりうろ憶えなのですが、たしか三國万里子さんがほぼ日で初めて編み物中継をされたときだったんじゃないかな…

尊敬するニッターは?という質問に、「バーバラ・G・ウォーカーとエリザベス・ジマーマン」と答えられていて。(たぶん、です…^^;)

それでこの本を買ったんだと思いますが、まだちゃんと読んだことがありません…

だって英語なんだもん。汗

パラパラ見ると、パターンも載っていますが簡単に書かれている感じで、ほとんど読み物なんじゃないかな?素敵な編み物エッセイかな?と勝手に予想しています。

そのうちちゃんと読んでみようと思って何年も経っています笑


10号針でざくざくと編み進め、大きなひとかせでボディがほとんどおしまいのところまで編めました。

袖は、1本目がほぼ編めた所で、真ん中へんにミスを発見。泣く泣くほどいて編み直しましたが、それでも2週間ほどで完成。

自分としては早いほうだったと思います。


f:id:natsuume:20161219161052j:image


ヒラッとした袖は食事や家事のとき邪魔かと思い短めに、着丈は温かく長めに…

レース&ローゲージなので洗ったらけっこう伸びるだろうと予想して編んだものの、思っていた以上に伸びました。

10㎝くらい伸びたかも? ?

裾は長くて良いけれど、袖はもうちょっとだけ短くても良かったかな~

撚りがあまりなくフェルト化しやすそうな糸って気もするので、マラブリゴレースみたいに着ているうちにどんどん縮んでちょうど良い感じになってくれたら良いのだけど。


f:id:natsuume:20161220174535j:image

洗い後、ブロックせずに形を整えて乾燥させました。

レース模様が伸びてくっきり。


f:id:natsuume:20161222084858j:image

送る前に試着させてもらいました笑

お尻まですっぽり隠れて温かいです。


ゆったりサイズを目指して、下から3番目のサイズで編みましたが、思っていたほど大きくはなかった感が。

おばあちゃんはわたしよりもちょっと背が低くてぽっちゃりしているので、着たときのサイズ感が少々心配ですが、きっと大丈夫じゃないかな〜、可愛らしい感じになるといいなと期待しています。


この糸、先輩方のおっしゃるとおり軽くてふわふわやわらかいです。

そして色合いが複雑でとてもキレイ。


f:id:natsuume:20161222142228j:image

近くで、そして自然光で見ると、色の混じり具合がとても素敵です。


巨大かせ糸2つ買ったけれど思ったよりも使わなくて、100g以上余っちゃいました。

帽子ひとつくらい編めるかな?


ところで、夫の実家というのが実は、昨日大火災が起きてしまった新潟県糸魚川市なのです。

現場がけっこう近いので、ニュースを見たときには慌てて家族に連絡をして、風向きのおかげで家は心配なさそうと聞き、とりあえずはホッとしたのですが…夜に鎮圧という情報を聞いても、しばらく安心できませんでした。


家族に被害はなくとも、小さな町ですから知り合いやその知り合いなどたくさんいるでしょうし、お義母さんは「糸魚川の大事な所がみんな焼けちゃった」と哀しそうに話していました。

何も力になれませんが、新しいカーディガンを着ておばあちゃんもほんの少し明るい気持ちになってくれたらと思っています。

2016年12月11日(日)

カシミヤのとんがり帽子07:54

f:id:natsuume:20161208083151j:image


☆糸:CHECK&STRIPE Cashmere100(カシミヤ100%、20g 約235m 横田株式会社)

   ライトグレー 3本取り 69g

☆針:JP5号・6号


昨年、友人に頼まれて、市販のニットキャップを“目コピー”して編んだ帽子。↓


f:id:natsuume:20161211065738j:image f:id:natsuume:20161211065755j:image

(友人がかぶっているダークグレーのが元ネタ帽子

http://amimono.g.hatena.ne.jp/natsuume/20150903/1441254202


これが自分でも欲しくて、先シーズンに糸だけ確保してありました。

(ちなみに現在は販売終了となっています。カシミヤの割にお安くて良い糸なので定番化してほしいなあ…)


友人は、元ネタ帽子に加えてコピー帽子もかなり使ってくれているらしいので、また追加を頼まれたときのためにも、

もしくは自分が誰かにプレゼントしようということもあるかもしれないので、パターンを再度テストしてみようかなという気持ちもあり編んでみました。


カシミヤなので、ポイントとしてはやはり縮絨後の縮み具合です。

一度編んでいるとはいえ、うまくいくかどうか。

ゲージが変わっている可能性も大いにある…

と思いつつ、自分のなので多少はいいやと省略。^^;


別鎖のつくり目で、外側から編み始め。

今回は最初から輪編みにして、フェイクシームを入れました。


前回同様JP5号で編み、良い感じと思っていたのですが…トップまで編んで一旦縮絨、計測してみたら、予定より1cmくらい縮んじゃったかも?


でもまあ許容範囲と考え、針サイズをJP4号に下げて内側を編みました。

編んでいるうちに、やっぱり前回よりも若干手がきついかな…という気がして、何度かゲージや幅を測ってみたり。

でもちょっと引っ張ると大丈夫なんじゃない?かぶってるうちに伸びるし…

なんて往生際わるく減らし目の直前まで編み続け、ちょっと試着してみたら、「やっぱりちょっとキツイ(涙)」


f:id:natsuume:20161204044411j:image

(内側を編んでいるところ)


せっかくカシミヤなんだから、ふんわりかぶりたい…。


とりあえず4号ゾーンはほどいて、5号ゾーンを内側として、5号より少し大きめに外側を編めば良い。ということはすぐに考えたのですが、具体的にどうしようかしばし悩みました。


編み地的には、これ以上ローゲージにしたくないのだけど、かといって目を増やすと、内側と外側の境目部分がなめらかに繋がらないし…(後で編む部分の縮み具合によって、境目が外側に見えてしまう可能性もあるので)


そういうわけで、US5(3.75mm)にしようかJP6号(3.9mm)にしようか迷った結果、JP6号で外側を編むことに。


これでとりあえず最後まで編みました。

絞りは、カシミヤでは切れやすいので、在庫糸からギンガリネンのライトグレーで(色が似てるし丈夫そうだと思い…)

最初に内側の残った目に2回通して絞り、続けて外側の目にも2回通して絞り、糸の両端を内側でギュウギュウと結びました。


ドキドキの縮絨でしたが、洗った後に置いて整えたら、タテヨコともに1cmほど大きい。

と思っていたのですが、完全に乾いたら前回と同じくらいの大きさな気もする。


まずは正確な測り方を身につける必要があるかもしれません^^;


結果的には、サイズは若干大きめですが自分には良い感じだし、やっぱりカシミヤなのでホワホワしていて気持ち良く温かいです。

でも編み地はやっぱり内側の5号で編んだほうが見た目もキレイだし、もっちり感がある。


外側が6号ではローゲージで、元ネタの帽子よりクッタリ気味&モフモフしたボリューム感が少々少ない気がするところもちょっと残念。

ローゲージな分、サイズはちょっと大きくても糸の仕様量は3g少なかったです。

今回はやっぱり、US5号で編むのがベターだったかも?

本当にわずかなゲージ差で、仕上がりの質感が違うものですね〜。


また機会があればこの点を踏まえて編もうと思ってます。


最後に、かぶった感じです。


f:id:natsuume:20161208090217j:image f:id:natsuume:20161211065248j:image

割り込みプロジェクト 07:54


帽子が仕上がったら早速、両親の還暦プロジェクトにとりかかるつもりでゲージもとってあったのですが…

訳あって急遽、夫の祖母にニットを編むことになりました。


まずはパターンを決めて、糸探し。

ざっくり編める太さで、あまり重くならない糸がいいなあ…

迷った末、今をときめく(?)ダルマ横田さんの“原毛に近いメリノウール”のスモークブルーを、かせで注文。

ついでに、(という名目で、)可愛いなあ欲しいなあと以前から思っていた、ニットキャップ型のニードルキャップも。

それにしても、2個入りで¥1,200…気軽に買えるお値段じゃございません^^;

2セットのうちどちらにしようか悩み、やっぱり好きなグリーンが入ってるほうに決めました。


ほどなくして商品が届いたのですが、箱を開けてビックリ。

毛糸の色が、思っていたのとぜんぜん違ったのです^^;

「え!?間違えて注文しちゃった!?」

と慌てて領収書を確認したら、商品名も色番も間違いありません。

毛糸に付いているタグの色番も見たら、5番……合ってる。


「てことは画像の色合と実物が違うってこと…??」

すぐにオンラインショップの画像を確認しましたが、頼んだつもりのはくすんだ水色っぽいブルー、届いたのは濃紺。

どう考えても色違うよね…汗

横にいた夫も

「画像の色が違い過ぎますってメールしたら?」

と^^;


届いた毛糸をもう一度見て、う〜ん、この色も悪くはないけど、う〜ん、返品するのいろいろ面倒だし…と毛糸のタグを再度見たら、あら?

色番は確かに5番だけど、商品名がちが〜う!

シェットランドウールの5番、だったのでした。


なんだあ!あっちの間違いか〜!

とやっと気がつきました。

間違ったならこっち、と最初から思い込んでいたのですっかり慌ててしまいました^^;


そういうわけで、事情を説明して、毛糸の写真も添付して横田さんにメール。

翌朝丁寧なお詫びの返信をくださいました。

気になったのが、正しい糸といっしょに「粗品もお送りします」というくだり…

なんだろ〜、タオルとかかな〜?笑

でもわくわく〜


と思っていたら。

届いたのはなんと、2種類で迷って購入したニードルキャップの、まさに欲しかったもう一方のものでした!


f:id:natsuume:20161211071500j:image


なんだか申し訳ない気もするけど、ラッキー♪笑


肝心の毛糸のほうは…


f:id:natsuume:20161211074820j:image


どど〜ん、巨大なかせ糸!

ふわっふわです。


うちのかせくり娘、はりきって手伝ってくれましたが、さすがに「おもい…💦」と、ときどき休憩。笑

手持ちの玉巻器では一度に巻ききれず、けれどせっかくのかせ糸を途中で切るのもいやなので、ギリギリまで巻いたら一度はずし、今度は逆の糸端から巻いて、こうなりました。


f:id:natsuume:20161207143206j:image


ただいま小さいほうのケーキを編み終わったところです。

サイズが大丈夫か少々心配ですが、とりあえず進めています。


f:id:natsuume:20161211075216j:image

clematis2clematis22016/12/11 15:40カシミア!素敵♪ですねぇ、クレマチスです。
february lady sweaterかな?
おまけのニットキャップ、可愛い~!
この糸、編みやすいですか?こちらでは取り扱いがないので
まだ見かけたことがないです。撚りが波打っていて、面白い形状ですね。
柔らかくて軽い糸なのかな?と想像しています。
完成報告、楽しみにしていますよ~!

kekero_kerokekero_kero2016/12/11 21:35カシミヤの帽子、すごくいい!!!!!!!!
さすがですねぇ
私もいつか編みたいです

natsuumenatsuume2016/12/12 05:53☆クレマチスさん

コメントありがとうございます!
february lady sweater、ご名答です♪
おばあちゃん、小柄でお顔も小さく、サイズ小さめに見えて実はぽっちゃりしていたりするので、どんなシルエットのカーディガンがいいのかしばし悩みました。
これなら、ボタンが少なく着脱しやすい上に、胴回りの許容範囲も広いかな?と思いまして…
糸は、“原毛に近いメリノウール”という名のとおり、ほとんど撚りがかかっていなくて、縫い糸のような細〜い糸が1本ゆるく巻き付けてあります。それで波波となっている感じ?
本当にふわっふわで柔らかいので、ひょっとすると、編み物に慣れていないと一定の手加減にしにくい糸かもしれません。
編み地は本当に気持ち良いです♡今回は10号針でゆるめ&ガーターとレース模様なので、余計にやわらかいのかも。
逆に伸びがちょっと心配ですが^^; 笑 このまま完成させてみます!


☆けろポンさん

コメントありがとうございます♪
カシミヤ、贅沢ですよね♡たまには自分にも上等なニットを編みたい〜!ということで…笑
やっぱり肌ざわり気持ち良いです^^ けろポンさんもぜひぜひ♪笑

2016年12月03日(土)

メンズセーター 10:09

f:id:natsuume:20161203074319j:image


☆パターン:“Fort” by Jared Flood(revelry内購入)

☆糸:Brooklyn Tweed SHELTER almanac(ブルー)486g(10かせ弱)

   ダルマ横田 メリノスタイル並太 14(ブルー)少々←とじはぎ用

☆針:【本体】US5

   【リブ】JP4号

   【襟】US5号→JP4号→US7号→JP3号→JP4号

     →BOだけ、US7号でゆるめに。


★変更点:①袖、身ごろともに別鎖のつくり目で始めて、リブは最後に編み、ゴム編み止めに。

     ②袖の増目を、3回目から15段ごとに変更。(縦ゲージがゆるかったので調整)

     ③41¼のサイズで着丈は1インチほど長めに。



9月に入ったころだったか、だんなさんから「セーター欲しいな〜」と初めてウエアの注文が入りました。

これまで編んだなかで実際使っているものといえばニット帽くらいで、手袋やネックウォーマーなんか自分で頼んだくせにほとんど使ってなかったり…

「セーターとかカーディガンでも編んであげようか?」と言っても、毛糸は暑いしチクチクするからな〜ごにょごにょ、といつも乗り気じゃなさげだったのに。

どういう風の吹き回し??と思いつつ、編む予定はないけど編んでみたいメンズセーターリストはいっぱいだったので、気が変わらないうちにとあれこれピックアップして画像を見てもらい、このパターンに決定。


ちなみにこのパターン、 Brooklyn Tweed の『BT Men Volume 1』というコレクションの中のひとつなんですけど、この中のパターンはかなりツボなのが多いんです。


f:id:natsuume:20130525121555j:image f:id:natsuume:20130525131256j:image f:id:natsuume:20130525151834j:image

カッコイイ〜♡

モデルさんが良すぎるんでしょうか。笑

ぜんぶ編みたいです。


そしてやはりSHELTERで編みたい!ってことで(材料費はもちろんだんなさん持ち)、色を選んでもらいました。

今回、本家のサイトから購入したのですが、あっという間(4〜5日?)に届き、しかも、シェルターが指定糸の有料パターンが4つも(ウエア3点、キャップ1点)おまけで付いてきてびっくり。

太っ腹!

このブルーは、サイトの画像で見るよりも落ちついた深い青という印象です。


今回、6才の娘がカセ糸を玉巻きするのを手伝ってくれました。

両腕にかせをかけて、何も教えないのに自然と手をくるくる大きく回して、とても上手!笑

かせくり器なしで、今までひとりでやっていたのに比べるととてもラクでした。

娘も楽しかったようで、これからはいつも手伝ってくれるそうです。良い助手ができました^^

だんなさんも、自分のセーター作りに娘が参加してくれてるのが嬉しそう笑


スワッチを編んだ感じでは指定のUS7号で良さそうだったんですが、編んだ方々のノートを見ると針サイズを下げている人がけっこういて。

編み上がりに水通ししたら伸びた!という話もあったり…たしかにかのこ編み(2×2かのこです。チェッカーボードステッチというのですね)って、表目、裏目と編むのでゆるみやすく後で伸びやすいような気もして…

迷いつつ、最初はUS7号で袖から編み始めたのですが、しばらく編むとやっぱり縦がかなりローゲージ。

US5号でも編んで比べてみると、横ゲージは変わらず縦はましになったので、やはりUS5号で編むことに決めました。


f:id:natsuume:20161203084021j:image


パターンでは、袖も身ごろも、ゴム編みのつくり目で始めて続けて編む指示です。

ですが、わたしはリブは後で編むつもりで別鎖のつくり目で編みました。

袖の1×1リブから、袖下→身ごろの脇→裾と、数センチ幅の1×1リブがライン状に繋がっていくデザインなので(この部分パターンを読んで理解するまで時間がかかりました^^;)、別鎖のつくり目で後でリブを編むと模様が半目ずれてしまいます。

でも、このセーターはできれば長く着て欲しいなあと思って、すり切れやすいリブだけ後で編み直しがしやすいように…

それに、できあがりの丈の調節もしやすいので、やはり今回はリブを最後に編むことにしました。


f:id:natsuume:20161203084119j:image


袖と身ごろが編み上がったら、パターンではウエットブロッキング→袖付けをして、最後に襟を編む指示です。

ですが先に袖を付けると、かさ張って襟を編むときに大変かなと思ったので、わたしは襟を先に編みました。

ダブルの襟を編むのは初めてでしたが、指示どおりに針サイズを変えて、内側にまつりつけるとしっかりとした襟に仕上がって、ちょっと感動しました。


その後、わたしにとっては一番の難関、袖付け…

初めて半返し縫いとじで付けました。

ちなみに、このSHELTERは引っ張るとちぎれやすいので、とじはぎは別糸でする指示になっています。

在庫糸から似た色を探したら、以前カニ帽子を編んだブルーの糸が、色も太さもぴったりでした。

(ですが、肩は編み残しの糸をそのまま使ってはいでしまいました^^;)


f:id:natsuume:20161203084731j:image

本当はしつけ縫いをすべきなのでしょうが、横着してステッチマーカーで留めただけで…


両袖が付いたところで、水通しをしました。

サイズ変化によって、袖と裾のリブの長さを調節しようと思ったので。

ブロックせずかるく整えただけでそのまま乾かすと、縦横ともにほんのすこしゆったりした程度で、あまり変化なかったようです。

きっちりキツめに編んだおかげかもしれません。

サイズの参考にしていた、だんなさんのトレーナーと重ねてみると、ほぼ同じくらいになりそうで一安心。


f:id:natsuume:20161117105136j:image f:id:natsuume:20161117105054j:image


試着してもらい、着丈と袖丈を決めて、リブを編みました。


BOはゴム編み止めにするつもりで編んでいたのですが…ふと、「この糸でゴム編み止め、大丈夫か?」と不安になりました。

裾ともなると、ひと息に止めるには、残り糸をかなり長く残して作業することになりますよね。

長ーい糸を200目近いループに通しているうちに糸同士が擦れて弱くなり、すり切れてしまったり…それでなくとも糸が長いと何かの拍子に引っかかって強く引っ張ってしまいそう。

切れる怖れ大アリ…。


なんて思いつつも、伏せ止めよりできればゴム編み止めにしたかったので、糸のダメージが最小限になるように、なるべく負荷をかけないよう、引く方向や強さに気をつけながら慎重に止めました。

ものすごく時間がかかったけれど、なんとか切れずにおしまいまでいけてホッとしました^^;


そういえば、別鎖のつくり目で始める場合、別鎖を拾う一段目はすべて表編みで編むほうが良いのでしょうか?

後でほどくときに、1×1リブ部分だけ、別鎖の糸が入り組んでいてほどくのが大変で…。

2×2かのこ編み部分は大丈夫だったと思うのですが、どういうことなんでしょう。


完成したセーターはボリューミーで温かく、それなのにとても軽い!

色も深みがあって素敵だし、すごく気に入りました。

だんなさんも「すごく温かいしチクチクしない」と、かなりお気に召した様子。

さっそく色違いも欲しいとリクエストいただきましたが……ほかの編む予定がいっぱいなので、来シーズンかな^^;


この糸は伸縮性があって、編むときに引っ張ると意外と細く感じるのたけど、編み地はとてもボリュームがあります。

最初のスワッチで、編むときの手加減に迷ったし、大抵いつも針号数をパターンより上げないとゲージが合わない“キツ手”のわたしが2号も下げるなんて…このデザイナーさんどんだけキツキツに編んでるの!?

と少々困惑したり^^;

そう考えると、糸を引き気味にきつめに編んで良い糸ってことなのかな?それとも、たまたまかのこ編みだから?


ノートを拝見すると、「簡単であっという間に編めるわ!」という方が多い気がしましたが、わたしはなんだかんだで丸2か月もかかってしまいました^^;

もう少し編むスピードが上がるように修行しないと!


だんなさんの実家の新潟に帰省するときに着てもらいたくて(寒いので)、当日の朝ラストスパートで、ギリギリセーフでした。


実家の庭でなんぼ写真撮りました。


f:id:natsuume:20161203094929j:image


本人的には、“果物に顔を寄せる”というモデル風ショットを狙ってくれたみたいですが、どう見てもミカン農園のおじさんです。


ともかく、セーターの仕上がりを見て、この糸がとっても気に入ってしまいました。

そこで、来年、両親がそろって還暦を迎えるので、とびきりのニットをプレゼントしようかな!?と思い立ち…


f:id:natsuume:20161203095534j:image


2着ぶん、大奮発してしまいました。

噂に聞いていた税金……初めて取られました^^;

それでも、送料と合わせても国内のショップで買うよりお得です。

ついでにシェードカードも。素敵な色ばかりでもっと欲しくなります♡

手が遅いので今から準備です。がんばって編まなくちゃ〜!

clematis2clematis22016/12/04 18:20素敵なセーターにうっとりさせてもらいました。
ブルックリン・ツィード、さすがに良い風合いですね♪
もう糸は買わない。と決めた心が揺らぎます!
バタバタしていてコメントを残せなかったのですが
かに帽子の経緯にほっこり、たくさんのミトンにうっとり
ちっちゃいものクラブにびっくりさせられちゃいましたよ!
そして、ベビちゃんもの。友人がおばあちゃんになると聞いたので
編みたいな。と思っていたので、参考になりました。
そしてご両親に編む特別なニットにも 心が躍ります
誰かの喜ぶ顔を思い浮かべながら編むのは 幸せな時間ですね!

natsuumenatsuume2016/12/05 00:16☆クレマチスさん

コメントありがとうございます!嬉しいです〜^^
シェルターの編み地、見た目の雰囲気も、さわり心地も、それからなんといってもとても軽く感じるところが魅力なんです。
実際の重さはそんなに軽くはないと思うのですが、ウールのメンズセーターのズッシリ感がないんですよね!
実は以前から、長く着られるようなかっこいいアランカーディガンを父に編みたいと思っていたのですが、うちの父、かなりの重量級なもので^^;
ビッグサイズでも重くならなそうな糸!ってことで、じゃあこれで還暦祝いに編もう!と思い立ったのでした。
しかしながら、クレマチスさんのように糸から自分で作ったセーターをプレゼントできたら…何より素敵な贈り物だなと思います。
そればかりはとても真似できそうにありません〜!

2016年12月01日(木)師走です

どうも、半年ぶりです〜!^^;


前回の記事では春夏モノ、今ではすっかり冬糸の季節ですね〜

書こう書こうと思いながら、その時間を編むほうに費やしてしまい…編んだだけで記事にできていないものがかなり溜まっています。

とりあえずラベリーに記録だけはしているので、それをたよりに記憶をたどってまとめてみたいと思います!


一気にできるかな^^; 笑

カニ帽子 14:56

f:id:natsuume:20161201122957j:image


☆パターン:“Classic Crab Hat “by Molly Kent(revelryで購入)

☆糸:ダルマ横田“メリノスタイル並太”(wool100%)

   No.14(ブルー)、No.2(生成り)、No.13(マスタード)

☆針:JP4号輪針

(詳細はラベノートに→http://www.ravelry.com/projects/natsume/classic-crab-hat



前回のプルオーバーの完成前に、ひとつ編んだものがあったのでした。



春頃のこと、地元札幌の中・高校時代の後輩(ふたつ下で、もともと中学のときの美術部の後輩→高校もたまたま一緒だったのです)と偶然SNSで再会しました。

なんと、会社を辞めて、念願だった魚屋さんを開業するべく準備中だと …しかも東京でやるらしい。

高校生以来会っていなかったので、小柄で人懐っこいボクちゃんだった彼が、立派な(そしてチャキチャキな)大人になっているだけでなんだかビックリ!

まあ、お互いさまなところがあるでしょうけれど笑



で、最近の写真なんか見ると、彼はよほど魚好きなんでしょう…いつも魚の柄のシャツや、カニのワンポイントがついたジャンパー(以前マ◯ハのカニ課で働いていたときのものらしい)を着ているんです。



中でも特にカニが好きらしく、水色の地に赤いカニの総柄という強烈な編み込みセーター(どうやらForever21のものらしい)を着ている写真を見たときには、なんだか感動〜!

こんなオモシロ柄のニット着てくれちゃうの?だったら編みたいなあ…

と思いませんか?笑



そういうわけで、ひょっとしてラベリーならカニ柄の何かがあるのでは…と思って検索したら、やっぱりあった!

こんなカニ柄のニット帽なんて、なかなか売ってないよね。ってことで、開業したらお祝いにあげようかなと編んでみることに。



彼のお店のロゴマークの色合いが可愛いかったので、似た感じの色の毛糸を探していて、この糸にたどり着きました。



f:id:natsuume:20161201125902j:image

http://sunaosuisan.com/#

(↑現在絶賛営業中♪店主の魚に対する情熱がスゴイです。笑 お魚の美味しさは間違いないです!東京にお住まいの方はぜひぜひご利用ください♪ちなみに“すなお”は彼のファーストネームです)



すっかりおしゃれイメージになったダルマ横田、この糸はふっくらやわらかいウールで編みやすかったです。

何より色出しが綺麗。特にこのブルーは、ちょっと赤っぽい繊維も混じっていて、鮮やかなようなくすんだような、なんともいえない良い色でとても素敵です。海外の糸みたいだなと思いました。



f:id:natsuume:20161201130935j:image



なんということのない編み込みのニット帽なのですが、編み込みのゲージと模様と仕上がりサイズの擦り合わせに少々苦労したり、減らし目し始めてからのフォルムが思うように決まらなかったり…何度か編み直しをして、思っていたよりも時間がかかってしまいました。



彼に直接会って渡すことができて、とても喜んでくれました。

「見たところこれはガザミですね!英語で言うとSwimmingClab」

とのことでした。

さすがです!笑

Kelly 14:56


f:id:natsuume:20161201131829j:image f:id:natsuume:20161201131839j:image


☆パターン:“Kelly”by Keiko Kikuno

☆糸:純毛並太 グレー、ベージュ

☆針:US6号輪針



おなじみpookiさんデザインのamirisu掲載作品、テストニットさせていただいてました!


f:id:natsuume:20161201132308j:image

http://www.amirisu.com/wp/issue-11-fall-2016/



f:id:natsuume:20160710102045j:image


表も裏も素敵な、リバーシブルのカウルです。

リバーシブル編みは初チャレンジでしたが、説明のとおり進めていくとちゃんと模様ができていくので、楽しくてどんどん編めました。



f:id:natsuume:20161201133507j:image



途中でCC糸を休めて数段編むところがあり、

このCC糸は縦に渡して編みくるんでゆくべきなのか…?

だけどリバーシブルだからあまり目立たせないようにしたいし…

と思いつつ、何もせず放置して編み進んでいくと。

再びCC糸が登場したときに「わあ!模様がきれいに繋がった〜!」

と感動しました!

こういう細かいところが嬉しいです。



このわたしの編んだものの画像、一カ所編み方が間違っているのですが、実は今回のテストニットは本番前の練習のつもりで編んだものなので、間違った編み方のままで完成させています。

サンプルのグリーン×グレーの色あいがとっても素敵で、わたしもとびきり良い糸で編みたいなあ…と糸を考えています。

今回のはコンパクトサイズ&太めの糸でカッチリめの仕上がりなので、本番は肌ざわりの良いやわらかい糸で、もう少しゆったりクッタリにしたいな〜。



色と素材、サイズでかなり雰囲気が変えられて、自分好みにいろいろアレンジできるカウルだと思います。


pookiさん、今回も良い機会をいただきありがとうございました♪^^

ミトンいろいろ 14:56


f:id:natsuume:20161201134317j:image



f:id:natsuume:20161201134825j:image f:id:natsuume:20160906085115j:image f:id:natsuume:20161201134858j:image



f:id:natsuume:20160917085807j:image f:id:natsuume:20160917085233j:image



夏の間、なぜかミトン編みにハマってたくさん編みました。

和柄のものは、『クロスステッチで楽しむ和の模様』という本をたまたま見かけて、模様の美しさに衝動買い…

クロスステッチはやらないけれど、編み込み模様にも使えるかも?と思って編んでみました。

糸はうちにあった Jamieson's Shetland Spindrift を使っています。



そのほかはすべて、Holst Garn Supersoft 2本取りです。

子ども用の、シンプルな柄で色合いの可愛いミトンを編みたいなあと思い、パターンを考えて編みました。

もっとたくさん溜まったら、そのうちどこかで販売してみようかな?とうっすら考えています。



魚の模様のだけは、友人の息子ちゃんへのプレゼントで、「好きなものは、サカナと傘とお星さま」と聞いたので、それをぜんぶ柄にしてみました。笑

ちっちゃいものくらぶ 14:56


f:id:natsuume:20161201140343j:image f:id:natsuume:20161201140357j:image f:id:natsuume:20161201140448j:image



ミトンを編んでいるときにふと思いついて、1本取りでミニチュアバージョンを編んでみました。

携帯ストラップにしています。



その後、たまたまネットでみかけた0.7mmの輪針、「一体どれだけ細いんだろう!?」と興味本位で買ってみたんですが…

買うとやはり使ってみたくなり、縫い糸を編んでみました。



f:id:natsuume:20161201140721j:image



縫い糸をぴっちりハイゲージに編める細さでした。笑

縫い針のように細いです。


そこで、子どもの頃から小ちゃいもの好きで、TVチャンピオンの“手先が器用選手権”にかなり影響を受けていた(5mm四方の折り紙を折ったり笑)わたしのチャレンジ精神に火が点いて、ストラップよりもさらに小さなミトンを編んでみました。



f:id:natsuume:20161201141102j:image



マジックループで、一応親指も編んであります。指つりそうでした。笑

途中、気づいたら息止めてた…ってのが何度か^^;

小指の先ほどの小さな小さなミトンになりました。



限界に挑戦!というつもりで、「ていうか、何やってんだ…」とたまに我に返りながらも、結果なんとかカタチになり満足したので、もう2度とやらないと思います笑

細〜い編み針は予想どおりすぐ曲がっちゃいました^^;




小さいのでステッチマーカーの飾りにしました。



f:id:natsuume:20161201141300j:image

メリージェーンパンプスふたたび 14:56


f:id:natsuume:20161201141430j:image


☆パターン:“メリージェーンパンプス”by michiyo/『手編みのベビーシューズ』より

☆糸:内藤商事マノロ(ホワイト、グレー、ピンク)

☆針:4号輪針

★メモ:今回になって気がつきましたが、底のメリヤス接ぎをする前にストラップの縫い付けをしてしまうほうが断然ラクです!



娘の保育園のお友だちに妹が生まれたので、ささやかながらプレゼント。


マノロは太めのコットンなので4号針だとかなりきつめですが、それでサイズSとMの中間を狙ったのと、ムッチリ質感も良いかなということで。


仕上がりは底の長さ10cm弱くらいで、2か月の赤ちゃんにちょうどよいくらいでした。


グレーのはパターンどおり、ピンクはアレンジで、5号かぎ針でキツキツに鎖編みを35〜40目くらい編み、リボンにしてみました。(真ん中と、リボンの先を留め付けてあります)

レペットのバレエシューズイメージで♡



ママがすご〜く喜んでくれて、送り迎えのときに履かせてくれていたり、リビングに飾ったりもしてくれているとのことで嬉しいです。^^

ベビーベスト 14:56


f:id:natsuume:20161103072817j:image


☆パターン:“ガーター編みのベスト”by michiyo /『編みやすくてかわいいベビーニット』より

☆糸:ておりや“Tハニーウール” No.4(薄いピンク)94g(1かせ弱)

☆針:JP8号輪針



シンプルで可愛いな〜と以前から思っていたmichiyoさんのベビーベストです。

9月に姪っ子が生まれたので、今度会うときまでに何か編んでおこうと思っていたのだけど……たまたまお友だちが自分の赤ちゃんに編んだのを着せた写真を見て、「やっぱりカワイイな〜♡」と編みたくなりました。

そのときだんなさんのセーターを編んでいたのだけど、ちょうど飽きてきたところだったので、中断して編みました。

小さいのでほとんど一日で編み上がり。



ておりやさんのTハニーウール、カラフルなネップがたくさん入っていてどの色番も可愛いです。



f:id:natsuume:20161103072946j:image



身ごろをすべてつなげて編んだり、うしろ襟ぐりを下げたり(この糸は少々チクチクするかもしれないので)、パターンを少し変更して編んでいます。



さて、あともうひとつのところなのですが、ちょっと記事が長くなり過ぎているので

休憩します〜!笑

toukokuu12toukokuu122016/12/02 22:25写真みてたらコメントせずにはいられず、こんばんは(^_^)
カニ食べいこうー🎵
ちっちゃいものくらぶグッズ、いいなぁ☆☆☆

natsuumenatsuume2016/12/03 10:19☆tokoさん

おひさしぶりです、コメントありがとうございます〜♡
カニ柄、北海道の寒ーい海と空に雪、のイメージで編んでみました。
地元に帰ったときくらいしか食べられない贅沢品……タラバ食べたい〜!
ちっちゃいの、ストラップのサイズくらいならすぐに編めて楽しいんですが、極小はもう編める気がしません〜!^^; 笑

robin-knitrobin-knit2016/12/03 18:39どれもこれも素敵な作品がずらりと並んで、とても刺激的です。
ガザミ!が動き出しそうなカニ帽子をかぶったすなお君にお会いしてみたいですね。きっと満面の笑にを浮かべておられることでしょう。
おしゃれな色合わせが印象的なミトンの数々にうっとり。
そしてちっちゃいものくらぶにびっくり、とてもまねできません。目と根気と技量が足りませんもの。
ベビーベストは編みたいものリストに挙げているので近いうち編みたいと思っています。よき刺激を有難うございました

natsuumenatsuume2016/12/03 21:05☆robinさん

ご無沙汰しています、嬉しいコメントありがとうございます〜!
ミトンは、娘のミトンを編んで以来、本当にこの毛糸の色合いに惚れ込んでしまって…♡
組み合わせを考えるのが楽しくて、あれもこれもと試したくなってしまいます。まだまだ編みたいと思っています!
ベビーベスト、とてもシンプルながらこの曲線ぽいフォルムが可愛いですよね♪
編んだ方の作品を拝見すると、ニュアンスのある混ざり糸やネップ入りの糸でも、パキッとした単色でも素敵で、また別の糸でも編んでみたいな〜と思います。
robinさんの作品もぜひぜひ見たいです!^^

koronyakoronya2016/12/06 15:31ダンナさまの素敵ニットからかわいいベビちゃんものまで
すべて見ごたえ充分すぎる作品の数々に圧倒されちゃいました!!
どれも丁寧で、送られた方の喜びが想像できます^^

natsuumenatsuume2016/12/07 13:56☆koroさん

お久しぶりになっちゃいました、コメントありがとうございます〜♪
更新が滞り過ぎて^^; 長くなっちゃいましたが、読んでくださって嬉しいです!
みなさんのブログ徘徊もぜんぜんできていなかったので、一気に拝見して、これはこれで「おお〜✨」と刺激が目白押しで楽しいです…!笑
koroさんのペプラムセーター見て、あっこれも編みたいやつ!と思い出しました。
ふわふわで、キレイなグリーン…とっても素敵です〜♡

2016年05月27日(金)

お久しぶりです 21:01


気づけば前回の記事からもう2か月も経ってしまっていました!

編み物はぼちぼちと進めていましたが、年度の変わり目ということもあり、関係ないこともあり、予定がかなり詰まっていてバタバタしていました。

それらがやっと一段落したので、完成したものをご紹介したいと思います。


サイドフリルプルオーバー 21:02


f:id:natsuume:20160527195124j:image f:id:natsuume:20160527195054j:image


☆パターン:『シンプルなのに仕掛けが光るニットのふだん着』(/michiyo)より“サイドフリルプルオーバー”

☆糸:シルクハセガワ “ギンガリネン” No.1 ライトグレイ 214g(約1,068m)

☆針:本体…5号輪針(フリルの伏せ止めだけ7号)

   ひも…4号かぎ針(つくり目のくさり編みだけ6号かぎ針)



前回の記事からすると、3月には編み始めていたのです。

そもそもこれ、できれば5月のアタマに着たいなあという予定があったのですが、結果的にはまったく間に合いませんでした^^;


こういう、フリルのデザインは今年の流行みたいですね。

わたしはこれを本屋さんでパラパラと見たときに、「あ、カワイイかも〜」と思ったのですが、同時に、ずいぶん前に編みかけて頓挫してしまったニットに似ている!と気がつきました。


f:id:natsuume:20111125144734j:image


『毛糸だま』2012年春号掲載の、原田睦美さんデザインのプルオーバーです。

そういえばmichiyoさんのプルのほうも、パターンではピンク色ですね。


この、身幅ゆったりめなのと袖がフリルなデザイン、自分やっぱり好きなんだな〜と思ったので、どちらかを編もうかな、どっちがいいかな〜と考えて、


①ベースが透かし模様よりもメリヤスのほうがスッキリシンプルで良いかも

②裾ゴム入れるのが面倒くさい?


それからもうひとつ、決め手は、このmichiyoさんのプルは襟ぐりのリボンを後ろで結ぶ仕様が可愛いかったんですよねー

f:id:natsuume:20160527202453j:image


そういうわけで、michiyoさんのプルに決めたのでした。


糸は、今までに編んだ夏糸ランキング断トツ1位のギンガリネンです。

たくさん編んでも、まだ充分な在庫があるので笑

フリル+リボンの甘いデザインなので、色は地味目なライトグレイがちょうどいいかなと。


ゲージを取ってみたら、縦ゲージがぜんぜん合わなかったのですが、なんとか計算して、だいたいパターン通りの寸法に編むことができました。

編んだ段数はパターンよりも26段も少ないです。

そのおかげもあるのか、リネン100%ではなくシルクが入っていることもあるかもしれませんが、パターンよりも軽く仕上がっています。


往復編みのところを輪編みにしたり、ゲージが合わなかったので増目のペースを変更したり、襟ぐりをパターンよりも広めにしたり、変更点の詳細はラベリーのノートに載せました↓

http://www.ravelry.com/projects/natsume/p8-side-ruffles-pullover


実は、ゲージを合わせたいのと、目をできるだけきれいに揃えたいのとで、針や手加減を変えて編むうちに、一時的に“手加減スランプ”になってしまい、何度も編み直しをしたりして時間がかかってしまいました^^;


ゲージを調整するには一定の手加減で編むことが前提なのですが、もともとわたしはどんなパターンを編んでも縦ゲージがローゲージになってしまうので、やはり編み方に何か原因があるのだろうなあ…と日頃から気になっているんですよね。


なにか意識を変えることで改善できるならそうしたいものだなあと…

今回のようなメリヤスベースのパターンならば調整はそれほど難しくありませんが、模様のあるものだとどうしても、パターンどおりの模様の入れ方・パターンどおりの寸法に仕上げたいなあと思うことが多いのです。


基本的に手がキツイのですが、縦はローゲージなのだから、横ゲージが詰まり過ぎてるということなのかなと。


今回は、横ゲージ(目数)だけ合わせようとすると、パターンでは4号針のところ6号で編まないといけない感じだったのですが、そうするとますます縦が長くなってしまいそうで…

そこで、編むときに、糸を引き過ぎることだけではなく、目と目の間隔を詰め過ぎないようにと、いつもより気をつけて編むようにしてみました。

それだと針は5号でなんとかなりそうだったので、今回はその手加減を変えないように意識して編みました。


そうやっていろいろ悩みつつ、試しつつ編みましたが、完成後ゲージをとってみると、場所によってゲージが全然違うし^^; 笑

やっぱり夏糸のメリヤスは難しい…。


最初に往復で編んでいたのにほどいて輪編みに変えたり、最初に編んだ袖フリルの引き返し編みのペースを間違えていたことに最後の最後で気づいてほとんど一枚分編み直したり…

襟ぐりのリボンはかぎ針で編んで後で巻きかがりするのですが、これが全然うまくいかず、3度もやり直したり…


毎度ながら試行錯誤のくり返しでずいぶん疲れましたが^^;

できあがりは気に入ったものになり満足しています♪

clematis2clematis22016/05/27 23:29手加減スランプ!
お疲れ様です。とても真摯な編み人だな~と
読んでいて素直に 尊敬しました。
自分が納得できるラインまで 努力する姿勢
見習いたいと思います! 
そして 最後に満足できるものができあがって よかったですね。
私も まだまだイロイロ躓くことが多いですが
やっぱり丁寧な仕事。が一番大事だな・・と思うようになりました
そして、途中経過にこそ 上達の鍵があるんだなと
なつめさんの記事を読んで感じました。
編むものを決める視線も とても参考になりました!

natsuumenatsuume2016/05/28 18:30☆クレマチスさん

コメントありがとうございます〜!
あれこれ苦労したところが報われた気持ちになるような嬉しいお言葉です(涙)
真摯、というよりも、往生際がわるいというか、粘着質というか…そっちな感じはあるんですけれど笑
やっぱり、せっかく時間をかけて編むのなら、自分のできる範囲の最大限のことはやりきりたい…そうしないと結局、あまり着ないということになりそうだし、
あとは、ちょっと気になるけどこれはこれでまあアリかな…と思っている部分でも、ふと「ひょっとして、ああしていたらもっと良くなったんじゃないかな?」と思いつくと、とにかく試してみないと気が済まない性分なんですよね。
あ〜、トホホ…。と思いながらもガンガンほどいてしまいます笑

「やり直したけど、あんまり変わらなかったなあ…。」ということも多々あるので、本当に、とにかく実践、修業の道は長いですね!笑