Hatena::Groupamimono

なつめのあみもの日記

2017年10月19日(木)

夏のポシェット 14:01

f:id:natsuume:20171019131059j:image



☆糸:毛糸倉庫キャメルの麻糸(4本撚り)

☆かぎ針5号

☆副資材:

 ・プラスチックビーズ 222個

 ・Dカン2個(1.2mm?)

 ・バッグ用チェーン


“ラナンキュラス”を編んだ麻糸がまあまあ余ってしまいました。

この糸でウエアはもう編みたくないなあ…と考えて、白い麻のポシェットなんか可愛いかも?と思いつきました。


最初はシンプルな模様編みで自分用にと思っていましたが、ふと、以前instagramで、いろんなビーズを編み込んだニットキャップを見かけたのを思い出しました。とても可愛かったんですよね。


むすめ用に、昔から子どものおもちゃでよくあるチープなプラスチックビーズを編み込んだポシェットはどうだろう、洋服でも、浴衣を着て夏祭りに行くときなんかにも似合いそうな夏っぽいバッグができるかも。と思いついて、編んでみることにしました。


ビーズはネットショップでいろいろ探して、

カラフルなビーズはこのお店↓

https://www.rakuten.co.jp/reinette/?l-id=order.my_PC_/_list:shopname

小さなメタルメッキのビーズはここ↓

https://www.rakuten.co.jp/s-shop/?l-id=order.my_PC_/_list:shopname

で購入。


ビーズを編み込むのは初めてで、糸にあらかじめビーズたくさん通しておいて編むということくらいしか知らずになんとなく始めました。

こま編みの裏側にビーズがくるということも編んでみてから気づきました^^;


f:id:natsuume:20171019132859j:image

カラフルなビーズが目に楽しく、どんな編み地になるかとワクワクして、せっせと編み進めました。



f:id:natsuume:20171019133419j:image


本体編み終わり、後半のほうが手がキツくなって幅が少々小さくなってしまったので、水通ししてからグイグイと引っ張って無理矢理伸ばしました^^;

(伸ばしたいほうだけピン打ちしてます)

太めの麻糸なので、濡らしても…というか濡らしたら余計に?編み地がめちゃくちゃ硬い…

けどなんとか形になってよかったです。


中表にして両脇は引き抜き綴じ。

その後、もう一段ぐるりと口に引き抜き編みをして整えました。


大きさを測って内袋を縫い、まつり縫いで合体。

最近“子どもsuica”を使うようになったので、カードがスッポリ収まるポケットを付けました。

f:id:natsuume:20170805104706j:image


ファスナーにすれば、閉めたときにバッグの形状維持に一役買ってくれるかなと思いましたが、それよりも開け閉めがラクなほうがいいかと今回はマグネットボタンで。

縫い付け式で小さめのもの(12mm)。

以前、バッグを編んだときに使ったマグネットボタンがあまりにも強力で、開けるのにひと苦労…しかも内袋のボタンまわりに力がかかり過ぎるため、しまいにはその部分が破けてしまうという哀しい経験があったので、今回は磁力弱めのものにしました。このくらいで充分でした。


Dカンは、両端の口の引き抜き編み部分に巻きかがりで付けました。

糸がまだ余っていたので、チェーンと付け替えられる共糸のコードも編んでいたのですが、途中で頓挫してしまいました笑

飾りのタッセルも作ろうかなと思いつつ…結局このままの状態で使っています。


内布アリでもやっぱり少々フニャっとしてしまうので、接着芯貼れば良かったかも。

あと、ビーズのおかげでけっこう重みがあるので、ビーズは片面だけでも良かったかなと思います。



f:id:natsuume:20170805154935j:image


むすめも気に入って、よく使ってくれています。

持っているとけっこう皆「かわいいね」と言ってくれて、ママも嬉しいです^^



今日はもう真冬みたいに寒くって、この写真見るだけでゾーッと寒気がしそうです^^;

編んだ夏物はこれでおしまい、ここからは、記事も冬物に衣替えです。

2017年10月14日(土)

ベビーカーディガン 11:14

f:id:natsuume:20171014094149j:image


☆パターン:『シンプルでかわいいわたしの赤ちゃんニット』(/日本ヴォーグ社)より、“14、15 カーディガン&帽子

☆糸:毛糸ピエロ “Carta(カルタ)” 52グリーン・51ホワイト合わせて113g(ちゃんと量るの忘れた^^;)

☆針:リブJP4号、本体5号輪針


友人に赤ちゃんが生まれたので、お祝いにカーディガンを編みました。

実はこのカーディガン、編むの3度目です。


最初は、むすめに。

f:id:natsuume:20171014094957j:image

昨日のことのように思い出されますが、今では1年生!ずいぶん大きくなりました。

あっという間でびっくりです…。


そして、やはり友人の出産祝いに。

f:id:natsuume:20171014095138j:image



f:id:natsuume:20171014095157j:image f:id:natsuume:20171014095210j:image



こうして並べて見ると、やっぱり今回のが一番きれいに編めてるな〜と思いました。

少しは上達してるかな^^


毎回、パターンとは少しずつ変えて編んでいますが、今回はとくにハイゲージだったので、目数・段数も大幅に変更。

パターンは寸法を参考にしたくらいで、ほとんど見ていないかも笑


以下、変更点です。

・裏編み段をなくし、メリヤスの2段ボーダーに変更。

・身ごろはすべてつなげて編む。裏目1目のフェイクシームをつくる。

・袖は、ボトムアップで別に編んで後でとじ付ける指示。これを身ごろから目を拾ってトップダウンで編む。

以前に編んだ同じカーディガン2着とも袖が長かった記憶があるので、パターンよりも2cmほど短めに変更。

・ガーターはすべてねじり一目ゴム編みに変更。

・ボタンを5個から6個に変更。


ちなみに、2枚目にプレゼントしたヨットのボタンの子と同じく、今回の赤ちゃんも海や船を思わせるお名前。

そういうわけで、今回はイカリボタンにしてみました。

f:id:natsuume:20171014100032j:image


この糸はシルクコットンで、サラサラもちもちな気持ち良い編み地です。

今まで色々編みましたが、赤ちゃんのお肌にも優しいんじゃないかなと思います♡

夏服2点 11:14

今までいくつも春夏用のニットを編みましたが、東京では真夏は暑過ぎて、ニットよりも涼しくてザブザブ洗えてすぐに乾く服に手が伸びがちです。

サマーニットは合理的でない…と思いながらも、やっぱり可愛いデザイン見ると編みたくなるし、なにより買い込んである糸くらいは編まなくっちゃなあ…というのもあり^^;

ユニクロのブラトップ一枚、その上にがばっと一枚着てキマる!という感じのサマープルなら、それほど暑くもなく使えるかな?と、パターンを選んで編んでみました。


f:id:natsuume:20171014101608j:image


☆パターン:“Tegna” by Caitlin Hunter(ラベリー内購入)

☆糸:シルクハセガワ “ハニーサックル”(60%シルク/40%コットン)ミディアムブラウン 130g(2本取り)

☆針:本体→JP6号輪針  Neck→Jp3号輪針(BOだけJP6号)



ラベリーで写真を見て、エスニックな雰囲気と、身幅ゆったりの着やすそうなデザインに惹かれて編んでみました。

在庫の中の、この茶色の糸が合いそう!とすぐに思い浮かんだこともあり。

かなりのプロジェクト数の、人気のパターンですね。

身幅はたっぷりMサイズ、丈や袖まわりはSサイズを参考にしました。

身幅たっぷりにピッタリフィットの袖、というところが可愛いデザインと思っていたのだけど、やっぱり少しでも涼しいほうがいいよね…。

ということで、袖は編まずにそのままおしまいにしました。


丈はもうひと声短めでも良かったかな〜と思います。

襟開きがとても大きくなりそうだったので、3号針でかなり詰めました。

本当はこれよりももうちょっと広めでも良かったのですが、そうするとその分、丈も落ちて下がってしまうので、そのへんの兼ね合いでこの仕上がりに。


襟の処理は、パターンではメリヤス編みっぱなしですが、もうちょっとカッチリしたいなあ…けれどリブやi-cordほどではなく。

ということで、“…a hint of summer”の襟ぐりを編みました。

この処理はキレイに仕上がるのでお気に入りです。


f:id:natsuume:20171014102659j:image f:id:natsuume:20171014102721j:image

身幅かなりたっぷりです。


平置きだとこんなです

f:id:natsuume:20170704220327j:image


横から

f:id:natsuume:20170705183530j:image




f:id:natsuume:20171014103329j:image


☆パターン;“Ranunculus” by Midori Hirose(ラベリー内購入)

☆糸:毛糸倉庫キャメルの麻糸(4本取り)118g

☆針:6mm輪針、8号・10号かぎ針



こちらもたくさんの方が編まれている超人気パターンですね!

クレマチスさんも長袖バージョンを素敵に編んでいらっしゃいましたね♪

Gの皆さんもいろいろ検討されてましたが、わたしもシャリっと涼しくてガンガン洗えそうなリネンのが欲しいなーと思って編んでみました。


これはかなり重宝しました〜!

タンクトップの上にこれ一枚で、スカスカで涼しいけれど、「スケスケですよ!」って感じはあまりしなくて抵抗無く着られます。

本当にこればかり着ていたというくらい出番が多かったです。

このリネンは洗うと最初の数回は糸くずがたくさん出てきてちょっと心配になりましたが、その後落ちつきました。

ネットに入れて洗濯機で洗えるし、広げておけばすぐに乾くし、夏場に使えるニットになりました。


しかしながら、わたしの場合、編むのには思ったよりも苦労してしまいました^^;

糸があまり良くなかったから…と言いたいところですが、力量不足もあったと思います。汗

また長くなりますが、お時間ある方はどうぞ!笑


この糸、何を編もうと買ったのか忘れてしまったのですが、ただせさえハリのある麻糸を4本も撚ってあり、太くて硬い…しかも撚ってあるというか「束ねてあるだけ」な感じで、糸割れというレベルを超えてます笑

とにかくパラパラとばらけやすい。

それでなくとも、ただでさえローゲージの編み物が苦手なので、それが夏糸だと苦手意識が倍増です。汗


最初、小さめのネックで編み始めましたが、まずつくり目がうまくできない〜。

2、3回やり直してもできなかったので、ちょっとやり方を変えないと無理かな〜と考えました。

あとでほどくために別糸使う場合は毛羽のないコットンなどを使うのが普通だと思いますが、つくり目から太い針&細い糸で編むので、別糸がしっかり形状維持していてくれないとどうにも作業しにくい。

そこで太目のウール糸を別糸に使ってみる、それからねじれ防止に輪針でなく4本棒針を使って、なんとかつくり目を輪にできました。


しばらく編み進めて、頭からかぶってみると…なんだか思ったよりもネックまわりが小さいな〜

それに、目がかなり乱れていて気になる…。

と色々気になってきて、やはりほどいて編み直すことにしました。

f:id:natsuume:20171014104743j:image

ここまで編んでほどきました



あらためてパターンをよく見てみると、なんだかルーズなネックのつくり目のほうがやりやすそう。

そしてこの糸にちょっと慣れてきたので調子に乗って、今度は4本針ではなく最初から輪針で。


リブ編み終わり、少し編み進んだところで様子を見ようと編み地を置いてみると…なんとメビウスってる〜!!

すでに何度もやり直してるので発狂しそうになりました…

しかもメビウスよくある失敗だけど、こんなに編み進めてから気がついたのは初めてで、ショック笑


ここまできて、せっかくまたほどくならばと、最初からちょっと気になっていた「夏糸ではリブをきれいに編めない問題(当社比)」を考えることに。

冬糸で編むときにはこのままのリブのデザインで編みたいけど、今回のはネックも裾もリブをやめて、編みっぱなしみたいなラフな感じにしたらどうかな〜と。


そこで、あとでほどくつくり目で最初から90目つくり、トップダウンで編んでから、引き返し編み&端の処理は後ですることに。


ボディを18cmくらい編み下げたところで休めて、つくり目をほどいて目を拾いました。

前後差をつけるための引き返し編みはできれば省略したくないのだけど、どうするべきなんだろう。

パターンではトップダウンで編み進む引き返し編みだから、チャート(があったとして)を逆さまに見る感じで、目数も逆さまにして編み残す引き返し編みをすればいいのかな?

ということでなんとなくやってみました。

これでいいのかわかりませんが、まあ問題なさそうです。

引き返し編み省略しても、さほど変わらなかったかなという気もします笑


ネックのBOでまた苦戦しました。

試着してみたら、ちょうど良い感じの広めの襟開きになっていたので、このままの大きさでBOしたいなと、太目の8mm針できつくならないようにふつうのBO。

そうしたらずいぶん詰まってしまった💦

なので今度は6mm針でエラスティックBOに。

開きは良い感じだけど、目が大きいのと糸のハリのせいか、ふちがちょっと立ち上がっちゃう感じが気になる…

そこで、最後に10号かぎ針で裏から引き抜き編みをしてみました。

1回目、気をつけたつもりなのにやっぱりキツくなりすぎて、かなりゆるゆるにやり直し、2回目で終了。


着てみて、丈もそれ以上編まなくて良い感じだったので、裾は6mmのままふつうのBO。


最後に、裾と袖まわりにも、8号かぎ針で裏から引き抜き編みをしました。

この「裏から引き抜き編み」は、naganasuさんの“さざなみスカーフ”で憶えた、端くるりん防止のワザです。

とても効果があります!


before

f:id:natsuume:20171014105256j:image


after

f:id:natsuume:20171014105323j:image


できあがり

f:id:natsuume:20171014105929j:image


これも身幅たっぷりのデザインです。

f:id:natsuume:20171014110049j:image


うしろ

f:id:natsuume:20171014110110j:image



そういうわけで、予想以上に手こずってしまいましたが、もともと手が遅い上に何度も編み直しをして1週間なので、やっぱり皆さんのおっしゃる通りquickknit!なパターンだと思います。



では今日はここまで、次回に続きます!

clematis2clematis22017/10/15 11:19なつめさん、こんにちは。
ラナンキュラスの夏バージョンレポ、参考になります。
来夏編みたいなぁ~とは思っているものの
作り目を考えると編むかどうか解らない・・というのが本音です。
毛糸でも苦労しましたよぉ・・とほほな出来で
同じようにどちらの作り目も試したり、なんどもやり直しました。
そしてもう水通しでなんとかなると信じよう・・と思って
編み進み、最後に斜行という・・・哀しい結果でしたが
このプルは本当に可愛いいし、年齢を問わず着られると思います。
いろいろ工夫された経緯を伺って とっても参考になりました♪
1週間で完成とは、手は遅くないと思います!
続き 楽しみにしています~♪

natsuumenatsuume2017/10/16 01:55作り目、クレマチスさんも苦戦されていたんですか〜!
ラベリー見ても、皆さん「簡単、可愛い、楽しい!」というご感想ばかりで作り目に関して書かれているのをあまり見かけなかったので、こんなにやり直してるのわたしだけかと思ってました^^;  難しいですよね?笑
しかも夏糸だからと思っていたのに、冬糸でも大変でしたか!わたしはそのうちモヘアで長袖バージョン編みたいなと思っていたので、心配になってきました〜!
けれど、クレマチスさんのラナンキュラス、着画も拝見しましたがとっても素敵でしたよ〜斜行もぜんぜんわからなかったし!
ちょっと難しく感じる点もありましたが、着るとやっぱり素敵なデザインですよね♪
手は本当に遅いんですよ💦ただ、最近は子どもも手を離れてきて、自分自身の仕事も今は短時間なので、家事をサボってけっこうな時間を編み物に費やしているという…^^; 笑
溜まっているネタをまた書きたいと思います♪

2017年10月13日(金)ご無沙汰しております…

前回の日記から早くも半年ちかく経とうとしております。汗

その間も休みなく編んでいたので、ネタが溜まってきました。そろそろ少しずつアップしていこうかと思います!

カシミヤのとんがり帽子06:38

f:id:natsuume:20171013052956j:image

☆パターン:オリジナル

☆糸:AVRIL CASHMERE L.グレー 66g(3本取り)

☆針:外側JP5号、内側US4号



以前、友人に頼まれて、市販のカシミヤ帽子を目コピーして編んだのですが

それを気に入ってくれたらしく、色違いが欲しいと追加注文をいただいて編みました。


昨年末に自分のが欲しくて一度編んでいて、都合3つ目なのですが、糸が違うし編む手も変わるし、何よりカシミヤは縮絨作業があるので、うまく仕上げられるか毎回ドキドキです^^;


今回、平置きサイズはぴったり計算通りなのに重さは少々軽めだったので、フィット感強めになっちゃったかなあと心配でしたが、かぶってもらうと「大丈夫だったよ!」とOKいただいてホッとしました。



f:id:natsuume:20171013054454j:image

2重構造なのでモフモフとしてとても気持ちよく温かいです。

右側のは自分ので、少し大きめに編んであります。昨年かぶり倒して手羽だっていますが、カシミヤらしいモフモフ感は増しています♪

自分でも気に入っているので、そのうち色違いを編もうかなと思っています。

カシミヤスワッチのほどき糸で編んだブローチ 06:38

f:id:natsuume:20170530071701j:image

☆パターン:ラトビアミトンの本から、伝統模様

☆糸:CHECK&STRIPE Cashmere100 グレー、ネイビー少しずつ

☆針:1.2mm

☆100円ショップのくるみボタン制作キット



友人に編んだカシミヤの帽子のスワッチがもったいないな〜と思い、ほどいて何かにできないかと考えました。

くるみボタンのキットは別の友人から以前もらったもので、それを見て思いつき、作ってみることに。


f:id:natsuume:20171013055704j:image


細い針でちまちまと編み込み。


カシミヤのスワッチは一度縮絨して毛羽立っている上に3本取りなので、ほどくのが難しいかな〜と思ったのですが、意外にもスルスルとほどくことができました。

1本取りまで解体して編んでいます。

そしてこのちょっとしたモケモケ具がむしろ、細かい編み込みをやりやすくしてくれたように思います。


適当に丸く編んで、水通し。


f:id:natsuume:20170527091952j:image



キットを使って編み地をブローチに仕立てました。

裏ブタについている金具をあらかじめヤットコで外しておいて、後でブローチピンを接着剤で付けています。


f:id:natsuume:20170530132808j:image

液状の接着剤を使ったので、ちょっと流れてしまいあまりキレイにできていません^^;



ちなみに使ったキットはこれなのですが

f:id:natsuume:20170530132917j:image


お店にはいろんなタイプのキットがあると思いますが、このゴムの打具台が半透明なのがとても良いポイントなんです。

2コ作ってみて少しコツがわかったので、興味がある方はラベリーのノートをご覧ください。↓

http://www.ravelry.com/projects/natsume/untitled-26



f:id:natsuume:20171013061255j:image

☆パターン:『ちいさなブローチ  かぎ針で編む自然のカタチ』(/とりことり)より、“水紋のブローチ”

☆糸:CHECK&STRIPE Cashmere100 グレー

☆針:4号レース針

☆ニットリング8mm


もう1点ブローチです。

可愛いな〜とつい買ってしまった本から。

小さな丸いモチーフをつなげて、簡単に作れます。


作ってみて、やはりこのパターンは編み目がくっきりと出るコットンで編むほうが、ムチッとして、キモ可愛さが出て良い気がします。

ブローチとしての強度的にも、毛糸だとやわらか過ぎて、しなってしまう感じ。


f:id:natsuume:20171013062428j:image

こちらはゴールドのブローチピンを付けました。ちょっと高級感出たかな。笑



f:id:natsuume:20171013062647j:image

作っている最中、編んだモチーフが絡み合いそうなので、棚の側面にセロテープで貼り付けてあります。

これはこれで、こういう飾りのような。笑



この2種類のブローチは、例のカシミヤの帽子を編んだ友人の誕生日のときに、プレゼントにおまけとして添えて贈りました。

ほんのちょこっとの糸でも、こういう小さな可愛らしい物が作れてしまうとなると、ますます余り糸を処分できなくなってしまいます!


とくにくるみボタンのほうは、小さな面積に編み込みの世界をつくるのが楽しくって、模様や色を変えていろいろ作ってみたいなーと思いました。



まだまだ編んだものありますので、また次回に!

clematis2clematis22017/10/13 09:39ブローチ素敵です♪欲しいー!
くるみボタンキット、もしかしてあったかも?と
探してみたらありました!作ってみたいです。
うまくできたら、ボタンとして使いたいな♪
素敵なアイデア、ありがとうございます!

natsuumenatsuume2017/10/13 14:11クレマチスさん、ありがとうございます♪

ちょこっとの余り糸で、色遊び、模様遊びができて、しかもすぐに完成するので楽しいですよ〜。ぜひ作ってみてください!
編み地は布地と違ってよく伸びるので、ギュッとはめ込むときになるべく伸ばさないように意識するのがポイントだと思います。
ラベリーのノートに細かく書いたので、ぜひご参考になさってくださいませ〜!^^

clematis2clematis22017/10/13 15:01なつめさん、こんにちは。
はい、ラベリーのノート見せていただきました。
また実際編むときに参考にさせてもらいますね♪
ありがとうございます!

natsuumenatsuume2017/10/14 12:05そうでしたか、ありがとうございます!^^
もし作られたら、ぜひぜひ見せてくださいね〜♪

suurisuuri2017/10/14 23:12胡桃ボタンのかわいさにノックアウトです><
欲しい~ 作らなくちゃ~って感じです。

natsuumenatsuume2017/10/15 09:07鳳梨さん、ありがとうございます♪
少しの余り糸で簡単にできるし、ボタンにもブローチにもできて使えるので、楽しいですよ〜^^ ぜひ作ってみてください!

2017年04月30日(日)

還暦祝いプロジェクト 00:22


f:id:natsuume:20170430012213j:image


☆パターン:“Timberline” by Jared Flood(Ravelry内購入)

☆糸:Brooklyn Tweed Shelter 色=Long johns 780g(16かせ弱)

   パピー クイーンアニー 色番=818(とじはぎ用・7gくらい)

☆針:JP4・5・6号輪針、5号かぎ針


ラベリーのプロジェクトページ→ http://www.ravelry.com/projects/natsume/timberline


両親の還暦祝いプロジェクト、やっとやっと編み終わりました。

父の誕生日は4月上旬だったので、それに間に合わせる予定で3か月も前から編んでいましたが…結果的には間に合いませんでした^^;

予定外に引っ越しが早まってしまったことが大きな誤算だったのと、娘の卒園・入学にともなうあれやこれやに予想以上の時間を取られてしまって。

ギリギリまで、生活の中でできる限りこちらを優先して編み続けてもダメだったので、まあ仕方ない!というわけで、その後は、とにかく自分に出来得る最高の仕上がりになるよう手間を惜しまずにがんばりました!

また長ーくなると思いますが笑、お時間あれば読んでみてください♪


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


まずはサイズ選びから。


父はガッチリ太め体型で横幅があるので、トップスはだいたいLLサイズ、物によっては3Lサイズというところ。

けれど身長はそれほど高くないので、ただ単に大きめサイズで編んでしまうと、着丈や袖丈が長過ぎるかも。


そこで、母にわけを話して協力を要請しました。(ただし母にも先にプルを編んだことはまだ内緒です。)

ニットでもスウェットでも良いので、父が着ているちょうど良いサイズの洋服の寸法を測っておしえてほしい、可能なら現物を送ってほしいと頼みました。


早速、葉書を書いてくれたようで、数日後に届きました。


f:id:natsuume:20170430212327j:image


さすが、昔は編み物だけでなく洋裁もしていた母、知りたい寸法はすべて書き込まれてました。

しかも、測ったのは母が父に編んだセーターとのこと。きっと父にピッタリのサイズに作っているはず…いちばん信頼できるデータですよね。


パターンのサイズ展開と比べたところ、身幅で見ると、2番目のサイズがぴったり。

あの父で2番目サイズなのか…と少々ビックリしました。笑

やはり、外国のメンズサイズはかなり大きめなんですね!


けれども、肩〜袖ぐりまでの寸法を足してみると、パターンのままでは予想どおり袖が長くなり過ぎそうです。

デザイン的に肩が落ちていることもありますが、袖のパーツは少し短めに編まないと…

というわけで、袖は1インチ短く編むことに。

もうちょっと短くてもいいかなと迷いましたが、羽織ものなので短すぎるとそのほうがおかしいかなと思い、無難なところでとりあえず1インチくらいで。


着丈は、もしかするとお腹まわりの横幅にとられて、ちょっと短くなっちゃうかな?気持ち長めに編んでおく?

なので身ごろは逆に1インチ長く編むことにしました。


大体の計画が立ったところで、袖から編み始め。


f:id:natsuume:20170430213309j:image


アランの場合、スワッチを編んでもぜんぜん予想通りにいかず、結局何度も編み直すパターンがとても多いので、もうはなから編み直す覚悟でいきなり編み始めます。

大概は袖から。解くことになっても、面積的に痛手が少ないので。汗


今回の場合は、直前に同じ糸で母のプルを編んでいたので、自分の編んだメリヤスゲージと、こちらのカーディガンの裏メリヤスの記載ゲージとを比較して、針サイズのあたりをつけました。


それでいくと、本体はJP6号。リブは2号下げて4号。

実際に編み始めてみると、4号ではリブが小さ過ぎる感じだったので、5号で編み直しました。


二目ゴム編みの作り目は初めてでした。

しかも、基礎本やYouTubeで見るやり方とちょっと違って、最初は一目ゴム編みで、後から目を入れ替える作業をして二目ゴム編みになるという。

ぜんぜん憶えられず、パターンを何度もガン見しながら編みました笑


モリモリのケーブルがいっぱいの袖なので、輪編みがとてもやりにくかったです。

輪編みはゆるみやすいし、シェルターはきつめに編んだ方がうまくいく(当社比)という意識からか、逆に若干きつくなり過ぎていたことに、その後で編んだ身ごろと見比べてみて気がつきました。

ギュウギュウと力を入れて編んだので、指も腕もとても疲れて、時間もかかってしまいました。

とじはぎは好きじゃないけれど、平編みで編んで後でとじたほうが、編みやすくてストレスも少なく、しかもとじはぎの時間をプラスしても早く終わったんじゃないかと思います。


f:id:natsuume:20170430230042j:image

(2本できあがった袖をはめてはしゃぐ人)


f:id:natsuume:20170430224944j:image



身ごろは袖と同じくゴム編みのつくり目で編み始め。

このリブの端の処理は、浮き目とすべり目を使うやり方でした。

最初、これどういう作業なんだろう〜と思いながら編みましたが……丸まらず平らで、しかも厚みのあるきれいなエッジになって感動!

これはいつでも使えるように憶えたいなと思いました。



身ごろの途中くらいまで、編めている寸法とゲージがとても気になって「小さいんじゃないかな…」「編み直したほうがいいかな」と何度となく頭をよぎったけれど、そのたびに「いやいや、アランは水通しで伸びる…」「着たらさらにちょっと伸びる…」と呪文のように自分に言い聞かせて、迷いながらもそのまま進めました。

前後・左右の身ごろをすべて同じ段数にそろえるために、編んだ段数をチャートに書き込みながら。


その後、休めていたボタンバンド(右前身ごろ側)を編み、バランスを見てボタンの個数と配置を決め、ボタンを付ける段にマーカーでしるしをつけて、

それに段数を合わせてボタンホールを作りながら、ボタンホールバンド(左前身ごろ側)を編みました。

どちらのバンドを編むときにも、後で段数を数えやすいように、それに身ごろととじつけるときにも目安になるかなと、10段ごとにマーカーでしるしをつけながら進めました。


ボタンバンドは、増し目が始まるまではゲージを気にする必要がなかったのですが……

そういえば、わたしはゴム編みを編むと必ず縦ゲージがかなりゆるいのでした。

パターンでは、増し目が終わると、「リブを伸ばし気味にした状態で身ごろの肩のエッジの高さになるところまで、さらに編む」という指示。

けれども自分の編み地を見ると、伸ばし気味にするどころか、この時点ですでに肩のエッジの高さを超えちゃってる……^^;


とじはぎでギリギリごまかせる範囲かなという感じだったので迷いましたが、とじつけた後でやはりリブが伸びてヒラついちゃった…なんてことになるとよろしくないなあと思い、観念して編み直すことに。


“Right Collar Shaping Seaquence B” の始まりまでほどいて、4段ごとの増し目を3段ごとに変更。

ちなみに、ねじり増し目のねじる向がパターンではすべて同じだったと思うのですが、左右対称になるように(ちなみにわたしの場合、増し目を3段毎に変更したので、WSで増すときにはRSと逆向きにねじりました)揃えて編んでみました。

このほうがきれいに見える気がします。

増し目で形成されるショールカラーの傾斜も、編み直してちょうどパターン通り進められる感じになったと思います。


ボタンホールの作り方は“One Row Button Hole”。これも初めてのやり方でした。

ざっくり言うと、編んでいる糸をおいといて、左針にかかってる目をそのまま(編まずに)右から左へ順にかぶせて伏せ、その後、編んでいる糸で伏せた分の目をつくって、編み進める感じ。

パターンの技法説明を読み、YouTubeでも見てみると、パターンでは2×2リブの中でボタンホールを作るためなのか、ちょっとやり方が違っていました。

正しく解釈できているのかどうか、細かい部分が最初は不安でしたが、よくよく読んでみるとちゃんと理解して編めました。


ボタンは、着丈をちょっと長めにしたことと、寒いときに上のほうまで留められるように、5個から6個に変更。

けれど、完成してみると、実際着るときには一番上は開けたほうがバランスが良さそう。

平置きの写真も一番上は留めていません。


f:id:natsuume:20170430224825j:image


そして、とじはぎ前にウェットブロッキング。

ここで、パターンの寸法にピッタリ合うようピン打ちをがんばりました。

やはり、濡れるとけっこう伸びます。

「小さいかも…」と不安に負けて解いてしまわず、良かった〜!と思いました。

リブはとくに丁寧に整えました。

そして、せっかくリブと身ごろとをピッタリに突き合わせたので、乾いたらそのまま糸で結んで仮留めを。


f:id:natsuume:20170416145552j:image


いつもはマーカーで留めるのだけど、糸のほうがピッタリ留まるし、引っかからずに作業しやすいかなと。

しかしこれが、短いコットン糸をギュッとひと結びしただけだったからか、編み地を動かすとすぐにつるりと解けてしまい…結局マーカーで留め直すはめに^^; 笑


最初に肩はぎから、中表にして、5号かぎ針でかぶせはぎ。

ボタンバンドはすくいとじ。

襟のうしろの繋ぎ目は、メリヤスはぎにしようか迷ったけれど、結局パターンのとおり棒針3本のかぶせはぎで。

はぎ線はくっきりだけれど、しっかり丈夫な感じで伸び防止に良いかもと思いました。

その後、袖は中表に合わせて半返し縫いでとじました。


そういえば、とじはぎ用の糸は、シェルターを持ってオカダヤさんへ行き、

・素材は同じウール100%で

・太さと色ができるだけ近い

という糸を探しました。

クイーンアニーにかなり良い感じの色を発見。


f:id:natsuume:20170430230639j:image


ボタンは、最初は革ボタンふうのナイロンボタンに決めて、裏ボタン用に平たい貝ボタンも用意したのですが。

いざ、付けてみると…カーディガンの前を開けて着たときに、ボタンの重みでなんだかあまり良くないヒラヒラ感が。

しかも裏ボタンが丸見えになり、かっこ悪い!

ガーン……。

せっかく全部付けて完成!と思ってたのにショックでした。

やってみないと気がつかないものですね^^;


そこで、家のボタンコレクションを物色。

ありました〜、色も大きさもちょうど良いのが。

碁石みたいにツルッとしていて、しかも軽めのプラスチックボタン。

裏ボタンも無しにしました。

糸も黒にしようか、とじはぎ糸と同じにしようかと迷って、結局とじはぎ毛糸の割糸2本で付けました。

糸始末すれば、ボタンバンド裏もスッキリ。


f:id:natsuume:20170430230840j:image


それから、このカーディガンは、置いたときに首の内側が見えているので、タグを付けたらちょっと既製品ぽくなるし可愛いかも〜と思いついて、ネットで探して買った刺繍タグを縫いつけてみました。


f:id:natsuume:20170430231038j:image


もっと大人っぽい、お洒落なタグもいろいろあったのだけど、ここはやはりヒツジで❤

ちなみにこのお店で購入しました♪可愛いタグがたくさんあって、娘の通園グッズにも使えるかも〜といろいろ買っちゃいました。↓

http://www.rakuten.ne.jp/gold/pres-de/


そういうわけで、最後の最後のボタンつけまでやり直しで疲れましたが、妥協せずに完成させられたので満足です。

しかし、大きかったな〜!^^; 笑

後で母のプルを並べて見たら、とても小さく感じました。


このパターンに❤を付けたときには「こんなのいつかは編めるかな〜?」という気持ちだったし、実際編み始めてからも我ながら半信半疑だったので笑、ちゃんと完成させられて本当に嬉しいです。

24ページもあるパターンでちょっと怯みがちですが、長いのは説明が丁寧だからなんだと編んでわかりました。

途中途中のnoteとか、英文パッと見ると「なんのこと書いてるんだ…」と面倒に思うのだけど(スミマセン)、ちゃんと解読すると、「そんなことまでちゃんと説明してくれてるんだ!」とわかり、自信を持って編み進められることが多かったです。

セクション終了ごとに目数が記載されているのも、わかりやすかったところです。


英語が苦手でも、真面目に単語を調べながら読めば理解できる親切なパターンでした。


f:id:natsuume:20170430231751j:image

(うしろもケーブルがもりもりです)


できあがりは800gちかくありますが、この糸は本当に不思議と軽く感じるんですよね。

カサッとした感触で(けれどチクチク感はありません)、糸同士がフェルト化して形状記憶している感じというのかな…

メンズニット特有のズッシリ感、着たときにダレる感じがありません。


ちなみに、母のプルも一緒に送ろうと当初は考えていたのですが…


f:id:natsuume:20170430231851j:image

(記念にお揃い写真)


誕生日プレゼントって、遅れてしまってももらえば嬉しく「ありがとう!」ってなるけれど、フライングだとなんとなく、「まあ、まだなんだけどね…。」という違和感がある気がするんですよね。

歳とるのがイヤとかそういう意味ではなく、単純に、誕生日ってその日まではその歳になってないわけなので…


そう思い直し、母のは母の誕生日に合わせて贈ることにしました。

6月にウールのセーターなんてまるで嫌がらせのようですが^^; 笑


自分の手紙と、娘のイラスト付きお手紙&卒園式のときの写真も一緒に父に送りました。

数日後、父から電話があり「サイズちょうどよかった。本当にビッタシ!だったよ」とのこと。

よかったー!

やはり、身につけるものはとにかくサイズが重要だと思うので。

着たところを見たいけれど、写メとか簡単にできる人たちじゃないので、着画はこんど帰省するときまでおあずけかな〜笑

「お父さんすごく喜んでたよ、ありがとうね〜」となぜか母のほうが嬉しそうでした。

母にも送りますよ〜。


さて、ホッとしたのも束の間…

最近“春のインフルエンザ”なんて聞きますが、うちにもやってきてしまいました。

娘が寝込んで、現在3日目です^^;

みなさんもお気をつけ下さい〜!


編み物は、昨年から友人に頼まれているものを編み始めています。

またこちらでもご紹介します♪

attiatti2017/05/07 08:43何と手の込んだオーダーメイドの還暦祝い❤
気持ちがこもってて しかもペア♪
とっても素敵です 完成おめでとうございました。
BT デザイン とってもいいですよね!私もウエアはBTが多いです。
アメリカのパターンなのにきっちりしてる(笑)何インチまでなんてアバウトなものがないし のしいかスタイルがほとんどなく 丁寧で細かいです。シェルターは引っ張りに弱いのか BOやCOにちょっと普通と違う指定があったりと。
私も来年は還暦なんだけど 娘はこういうの作ってくれないんです(編み物しないし)通常ぷれぜんとはいらないといって拒否っているので どの口が言ってる?ってはなしですが・・
ご両親 お喜びだったでしょうね。

natsuumenatsuume2017/05/15 06:32☆attiさん

ナゼか!?今の今まで気がつかずごめんなさい〜!💦コメントありがとうございます!
BTのパターンは❤をつけているものがとってもたくさんあるんですが、これでまだ2作目なんです。編み物スキルにも、英文パターンにもあまり自信のない者にもやさしいパターンだと思います♪
シェルターもすっかり好きな糸のひとつになりましたが……やはり切れやすいですね〜
実はたて続けにまたBTのシェルター作品を編んでいるんですが笑、ふつうの“指でかけるつくり目”を初めてやったら、いつもの調子でやると、目を引き締めるときの引っ張りで何度も糸をちぎってしまい……^^;
ゆっくり引っ張るときれいに目を揃えられなくって、コツがわかるまでかなり苦労しました💦
attiさんも来年はおめでたいお歳なのですね♪編み物してると、手編みのプレゼントも嬉しいものですが、編んでくれなくても毛糸や編み物グッズなんかもさらに嬉しいですよね?わたしも誕生日やら記念日に夫にきかれれば「欲しいものとくにないからいいよ〜」と言いますが、本当に何もくれなかったら「本当に何もくれないなんて…!」と責めますよ。笑
わたしも実は来年には四十路突入で、こんな歳になっても両親には世話をかけっぱなしなので、たまには少し特別な贈り物をしたいなと頑張りました。母にも早く渡したいなと楽しみです♪

2017年01月13日(金)

遅れ馳せながら… 19:28

あっと言う間の年末年始ですっかりお正月気分も抜けてしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!


で、今ごろですが昨年を振り返ってみます。


2016年の編み物目標は、確か

「在庫の素敵糸からどんどん編む」

「夏場も冬ものを編む」


糸は、在庫も使いましたがそれ以上に「素敵糸をさらに増やす」という残念な(本当はちょっと嬉しい)結果に。笑

今年は夏場にミトンばかり編んでいたので、ふたつめの目標は概ね達成ですが、その糸のほとんどは新たに色を買い足したHolst Garnなのでした……この糸の色合いに惚れ込んでおります。汗


それにしても、作品を並べてみたら「えっ、これだけだったっけ!?」というくらい、意外と数を編めていなかったんだなあと…

日々編みまくっていますが、やはり手が遅いんですね〜。


そういうわけで、今年の目標はひとつ。

「速くきれいに編む」

これでいこうと思います!


2016年の編み物、写真だけ貼っておこうと思います。


*ウエア*

f:id:natsuume:20170113161920j:image:w150 f:id:natsuume:20161222084858j:image:w150 f:id:natsuume:20170113162007j:image:w150 f:id:natsuume:20170113162047j:image:w150

*娘のもの*

f:id:natsuume:20170113172306j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172315j:image:w150

*小もの*

f:id:natsuume:20170113172439j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172446j:image:w150 f:id:natsuume:20161208083151j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173339j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173430j:image:w150

*ベビーもの*

f:id:natsuume:20170113172531j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172541j:image:w150 f:id:natsuume:20170113172553j:image:w150 f:id:natsuume:20161103072817j:image:w150

*ミトン*

f:id:natsuume:20170113173056j:image:w150 f:id:natsuume:20160906085115j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173120j:image:w150 f:id:natsuume:20160917085233j:image:w150 f:id:natsuume:20170113173245j:image:w150




2017年編み初め作品 19:28


f:id:natsuume:20170113174422j:image


☆パターン:“Lighthouse Pullover” by Carrie Bostick Hoge(ラベリー内購入)

☆サイズ:35¾

☆糸:Brooklyn Tweed SHELTER

   ・Long Johns(赤)…6かせ弱

   ・Snowbound(ライトグレー)

   ・Postcard(ピンク混じりのグレー)

   ・Soot(チャコールグレー) ※配色糸は量り忘れ^^; 各少々 

☆針:JP8号・7号・6号輪針、8号かぎ針(別鎖の作り目)

☆メモ:

 ・袖、身ごろ共に別鎖の作り目でリブは最後に編む。(丈を調整するため)

 ・身ごろ両脇にフェイクシーム(裏目1目)を作り、後で脇のマチ&裾リブに吸収させる 。

 ・襟ぐりは7号針で3.5cm(10段)編み、内側は6号針で。伏せ目をせず別糸に通してから、襟ぐりの残り糸を使ってまつりつけ、別糸を後で抜く。

 ・袖リブ8cm(24段)、裾リブ7cm。1目ゴム編み止め。



以前の記事にチラッと書いたのですが、今年、4月に父が、6月には母が、めでたく揃って還暦を迎えます。

そこで、ふたりにお揃いの糸でとっておきのニットをプレゼントしようと計画しました。


実は、今まで母にはショールやカーディガンなどたびたび贈っているのですが、父にはせいぜいマフラーや帽子(それももうずいぶん昔…。帽子なんて、大きくなり過ぎた失敗作を、父ならかぶれる!とあげただけという^^; 笑)の小物しか編んだことがないのです。


地元は札幌なので、ニットの使い出はいくらでもあるし、何年か前から、父には長く着られるような素敵なアランカーディガンをプレゼントしたいなあと考えていました。

ただ、父はかなりの重量級なので、父サイズのパターン&あまり重くならない糸がなかなか思い当たらず、あっても英文パターンでは自分のレベルではついていけないと思っていたので、ずっと編めずにいたわけです。


それが、昨年初めてブルックリンツイードの糸で夫のセーターを編み、「この糸なら大きくても軽いアランカーデが作れるかも?」と思いついて…英文のパターンもだいぶん編めるようになってきたし。

そういえばちょうど還暦を迎えるし、大物ニットを贈るには良い機会じゃないか!と……今回の計画に至ったのでした。



そういうわけで、父に編みたいパターンは先に決まっていました。

最初は、母にも同じアランもの(ベスト、カーディガンorプルオーバー)にしようかな?と考えたのですが、いかにもなペアルックより、よく見たら糸が同じ?というくらいのお揃い感のほうが、同時に着ても抵抗が無くて良いかも…

何より、編む自分が飽きないってのも大事。笑


そこで楽しく編めそうなパターンを考えました。

片方アランなら、もうひとつは編み込みしたいな〜(2大好きな編み物)。

この太さの糸で編めて、ベースはさくっとメリヤスで、ちょっと編み込み模様があるプルオーバーがいいかも?

模様はあまり可愛らし過ぎないシンプルなので…


そんな感じで色々検討して、このパターンに決めました。

Lighthouse(灯台)って言われるとそんなイメージの模様。素敵〜♡


いちおう還暦祝いにこだわり、ベースは父と同じ渋めの赤で。

配色は、最初は“黒・グレー・白”のモノトーンをプラスするのが無難かなと考えたのですが、それだとちょっと、カッコ良い感じになり過ぎそうな気もする…

それで、あえてあまりパキッとしたコントラストをつけずに、ぼんやりやわらかめの配色にしてみました。


模様編み始めた時点では、ライトグレーとピンクグレーは差がなさ過ぎたかな?(かせで見ると全然違う色でも、模様の面積が小さいのとベースの赤が強いせいもあるのか、あまり差が無く見える…)と、やっぱりいちばん明るい色には白つかうべきだったかな〜と思ったけれど、編み上がってみればこれはこれで良かったかなという感じです。

写真だとどうしても赤が派手に写って模様の色味もよくわからないのですが、実物は全体的にわりと落ちついた感じで、どの色も微妙な色合いがなかなか素敵です。



ちょっと前に夫のセーターを編んだので、この糸にはすっかり慣れたつもりでいたのに、メリヤス編みだとまた勝手が違い、スワッチ→編み始めくらいまでは手加減を安定させるのに苦戦しました…

しかも編み目が揃わなくて気になる〜。


自分はもともとアメリカ式なのですが、メリヤスオンリーのときはいつもフランス式で編みます(そのほうがなぜかキレイに編める気がして…)。

まずは袖から編み始めたのですが、この糸はフランス式だと力がうまく入らないというか、加減するのが難しい感じがして、最初はアメリカ式で編んでいました。


それにしても、あまりに目がガタガタするので、ためしにフランス式で編んでみると……やっぱりこっちのほうがキレイに編めている!?


f:id:natsuume:20161227142401j:image


袖口から4つ目のマーカーまではアメリカ式だったと思われます。写真で見るとよくわかってびっくりしました。笑

ゲージも変わらないようだったので、フランス式に変更しました。


ちなみに、編み込みは基本アメリカ式(編みくるみの無い段では、配色糸は左手にかけてフランス式、地糸は右手でアメリカ式の二刀流でやることもたまにあります)、ゴム編みはアメリカ式です。

ややこしい^^; 笑


編み進めて慣れてくると手加減がきつくなっていくことがけっこうあるので、途中途中でゲージを測ってわりと慎重に編みました。


袖下は裏側から棒針3本のかぶせはぎの指定だったけど、メリヤスはぎに変更しました。

なんとなく、そのほうが内側がごろつかなくて良いかなと思ったのだけど……

ひょっとして、その分脇下がちょっとだぶついたのかな?と後で気がつきました。

けどまあ、気になるほどでもないか!と、今回はそのままです。


襟・袖と裾のリブを残して、一旦水通し。

サイズを見てから、各リブの長さを調整しながら編むつもりで。

リブから続けて編めるものをわざわざ分けて編むのは何かと手間がかかって面倒ではありますが、前回の夫のセーターでこの編み方をしてみると、後で丈を調整できる!というラクさ加減(気持ち的にも笑)が気に入って、今回もこの方法で編みました。


f:id:natsuume:20170113183258j:image


かるく脱水した後、自然に広げてみたら、あれ、ちょっと大きかったかな!? てかゲージぴったりだったはずだけど、ゆるくなってる?

と一瞬思ったけれど、ちょっと縦に伸ばし気味にしたら元通り、ゲージも寸法もほぼパターン通りで一安心。


乾燥後、まず襟の詰まり具合が袖丈にも影響すると思ったので、襟→袖→裾の順にリブを編みました。


f:id:natsuume:20170109073042j:image


ダブル仕立ての襟、これも前回夫のセーターで初めて編んで、しっかりと安心感のあるところが気に入ったのですが、今回もたまたまこの仕様でした。

しかしながら、編んだばかりなのに、どのように処理したんだったかサッパリ思い出せず^^;

パターンには詳しく書かれていないので、ネットでいろいろ調べたところまでは憶えているのですが。

確か、ゆるく伏せ止めしてからまつりつけたんだったかなあ……。

で、今回はなんとなく、伏せ止めせずに別糸を通しておいて、一目ずつすくってまつり付ける感じでやってみました。

別糸は最後に抜きました。

伏せ止めしてからまつるよりも、こちらのほうが簡単に感じました。


f:id:natsuume:20170113090448j:image f:id:natsuume:20170113191035j:image


またまた、プレゼントなのに試着です。笑

母はわたしよりもちょっと小さくてけっこう細めな小柄体型なので、本来いちばん小さいサイズで良いはずなのですが、好み的にピッタリしたセーターは好きじゃないと思ったので2番めのサイズで。

そしたらこれが予想通り、自分にジャストサイズ♪笑

本当にピッタリで、自分にも色違いで編みたくなりました。

配色糸はちょこっとずつしか使わないので充分余っているし、そのうち地糸だけ買い足して編もうかなと思っています 。


こういう、ウエストシェイプが入ったウエアは初めて編みましたが、スッキリ見える気がします。

今まで、ウエストシェイプはピタピタ系のニットのもの→あまり縁が無いと思っていたのだけど、それほどフィットしないニットでもシェイプの効果あるのね〜と納得しました。


さくっと編めるパターンですが、やはり手が遅いので20日弱かかってしまいました。

速い方ならおそらく一週間もかからずに編めるのではと思います。

父の誕生日が4月初旬なので、早速第2弾に取りかからないと…!

この母のプルはそのときに一緒にプレゼントするつもりなので、しばらく寝かせて、直前に仕上げ洗いをする予定です。

kekero_kerokekero_kero2017/01/29 09:50素敵、、、、、、、、、、
きれいなセーター、お母さんも喜ぶことでしょう
今年は札幌が例年より冷え込んでるようなので
うれしいプレゼントになりますね♪
メリヤス編みでゲージの細かいこと、、、それだけでもすごいのに
これがプレゼント、その根気にただただ尊敬です

そうそう、なつめさん、地元は北海道だったのですね~~~(^▽^)/

natsuumenatsuume2017/05/01 08:33けろポンさん、ご無沙汰しております!お返事がすっかり遅くなりすみません〜💦
このプルを編み終えてもう3か月…しかし贈るまでさらに寝かせることになりました笑
というか父のカーディガンも、いくら札幌とはいえもう季節外れになっちゃった感ですね^^;
両親とも、次の冬にはたくさん着てもらえるといいなと思います!