Hatena::Groupamimono

手を動かしてこまこまと RSSフィード

2009-02-01三ツ葉屋さんに行くかどうか迷っているわたし

| 23:21 | 三ツ葉屋さんに行くかどうか迷っているわたし - 手を動かしてこまこまと を含むブックマーク

オレのハート用に極ピンクの糸とか欲しいなあ。

木曜日あたりから、RavelryでHeartモチーフのパターンをチェックしては、ガンガンQurteにぶちこみました(笑)。1ページ分ハート関係のパターンで埋まってます。さすがRavelryだわと感動。星とか月とかこうもりとかもたくさんあったもんね。

ピンクのハートでネックウォーマー。がんばっている彼女(オレの彼女という意味ではありません)に元気出してもらえるように。

またはオレンジ。赤は彼女のダンナ様に悪いですからね、なんとなく。真っ赤なバラと真っ赤なハートは、ダンナ様か彼から贈るものだと思うから。

前置きが長くなしましたが、そんなわけで三ツ葉屋さんに行くかどうしようか迷ってます。うーん、この前買ったDesigners DKのチェリーピンクでもいいんだけどなあと弱気になるのは、このお店から手ぶらで出てくる勇気はとってもないからです。

魔窟さんも多分、ね。

asakokameさんからおもしろいものをいただきました。アメリカのジュース。ちょうどZARAの白があるので今度の週末に糸を染めるの初挑戦の予定。やっぱりブルーの糸やってみたいです。

やれるかどうか不安だった「輪針で左右の袖を同時に編む」のは、いろいろ教えていただいて試行錯誤しながら、なんとか進んでいます。ありがとうございますー。

これなら、靴下も同時にふたっつあめそうです。この方法でつま先から編んでみたかったのですが、それは無理なんだそうで・・・。でも、本を見てるとパターンがいっぱいのっていて楽しそうだし、Sock Kitも届いているのでオレのハートが終わればとりかかれるかな。

 そして早速やりました。SylviのCuff、どうもおかしいと思ったら片方を裏返しで目を拾ってそのまんま鹿の子編みしてました。増減をするところまでこのまま左右同時編みをして、あとは片方だけ外して表にしてから増減をして袖を仕上げます。

 Sylvi、楽しいですよ。袖はCuff部分が終わるとずうっと鹿の子編みですが、わたしは鹿の子が大好きなこともあって楽しいの一言につきます。Rowan Cocoonは太い糸なのでざくざく進むのがすごく楽しいです。

lillicatlillicat2009/02/02 13:39みおさん、初めまして。
そして、これからどうぞよろしくお願いします。

Sock Kitの件ですが、私のブログにもお返事を書きましたがお知らせに参りました。
バインダーは今回つけなかったんだそうです。
大きな厚紙がついていたのを覚えていらっしゃいますか?
あれを自前のバインダーの表紙として、自分でスクラップッキングをしなさいとの事です。
「年末にはコンテストもあるかも?」とも書かれていました。
お気づきかもしれませんが、10%割引きのクーポンはDyer's Noteの最後のページについています。
それでは、ぜひオレのハートと共にがんばってください。

mimistraussmimistrauss2009/02/02 22:28りりさん、こちらこそコメントありがとうございました。両方にレス書き込んでくださって感謝です。
メリッサさんて、本持っていました。1本の輪針で左右同時に靴下を編む方法の本の著者の方だったのでちょっとびっくりしつつうれしい気もちです。
三つ穴のバインダーですが、ソニープラザとかショップインあたりで見つからないかなと思っています。暇な時にでもチェックしてみますね。

こ、コンテスト・・・・・!
>クーポン
 全く気づいてませんでした(^^;)。パターンのページを読み始めたばかりだったので。教えてくださってありがとうございます。あー、それでRのグループの掲示板にCouponについてのスレッドがあったんですね。今さらながら気づきました。
 とりあえずデンタルフロス買ってみて3つほど通してみました。ほんとだ、毛糸に通る!それだけで感激している状態です。2月後半はきっとSockとSylviの仕上げをやっていると思います(^^)。

2008-08-28

本とかいろいろお買い物しちゃいました

| 12:51 | 本とかいろいろお買い物しちゃいました - 手を動かしてこまこまと を含むブックマーク

Ravelryで見たデザインがあんまりステキだったので、Knitter's Magazineのアラン模様の特集号とかいろいろ4冊ほどバックナンバーを購入しました。マガジンマートさんでも扱いがないようなのですが、とてもステキなマガジンで買ってよかったという印象です。凝った模様から、簡単にできるおもしろい編み方のものまで満載。特に2007年のComing Homeがテーマの号はなんとTeam Beroccoの特集ページが3ページもあって、表紙もTeam Beroccoのデザインのもの。思わぬお得で嬉しかったです。

 BeroccoはNorahさんとあと女性と男性のデザイナーの三人でTeamを組んでいること、社長さんのお母さんはもう80代だったかな、お年ですがグランマと呼ばれて編むのが大好きで毎日出社してお仕事をされていることなど、写真入りで「こんな風に作ってます」というアットホームな雰囲気が感じられて斜め読みでも楽しかった。

グランマがとってもキュートでチャーミングなおばあさまなのです。いつかBeroccoの糸でBeroccoのデザインを編んでみたいなと思いました。

 Knitter's Magazineのおもしろいところは、Materialで他の本より詳細な糸の情報がないことです。どのくらいで何ヤード必要ということしか書いてなくて、巻末に糸の写真見本が載っているだけ。

半袖で作るとこんな(夏物だとこんな)、長袖で作ると冬物はこういう感じになる同じ模様の柄が並べてあったり、バリエーションを重視しているのかもしれないなと思いました。

 本当なら糸を詳細にすぐわかるところに記載されていれば、同じような糸を探すのに簡単なんですけれど・・・・それを気にしなければ、ちょっとひと工夫したおもしろいデザインが揃っています。マガジンマートさんにリクしてみようかな。でも出版社で世界中にオンラインストアOKとなってたら難しいかしら。

そして三ツ葉屋さんからお初のバーゲンの葉書が届きました。

ドキドキしながら初日に行く気まんまんです。緊張するお店ですから。

 吉祥寺のきむらやさんに取り寄せをお願いしていたRowan Magazineが届いたという連絡を先週いただいているので、明日は近くで仕事があるのをいいことに、受け取ってくる予定です。糸は買わないように気をつけよう。でもバーゲンでいいのがあったら買うかも(すでに弱気です)。Rowan Magazineは記念号だそうなので、これも楽しみ。だいぶ英文のパターンにも慣れてきたので翻訳なしでもなんとかなるかしら・・・・。

アンモナイトくんは2つ目に挑戦中。今度は赤ですが、なんかおかしくなるのが10段目くらいなんですよねー。気をつけないと。でも指定糸並の太いのだとウール100%でもゴワゴワ堅い分厚いと三拍子揃って着心地悪そうなものが上がりそうなのでどうしよう。