月虹 ~ あみもの日記 ~

09/03/20(金)

寄り道

「春に寄す」を編み終わるまでC0すまいと己と戦っておりましたが、あっさり負けました。

3目一度が続く箇所で停滞していた春から逃避し、ちょっと寄り道です。

だって、akoさんが素敵なショールを次々と完成させてらっしゃるんですもの。COだけ2本取りというのが気になっていたんですもん。

私もKnitted Lace of Estoniaから編んでみたかったんです。

『Knitted Lace of Estonia』からLilac Leaf Shawl。



パピーのNew2plyがほぼ1玉残っていたので、1玉買い足して2玉用意しました。

エッジを編んでみたところ、2玉じゃ足りない予感がします(^^;)


模様が表面だけの操作なので、編みやすいだろうと高をくくっておりました。

が、しかし、両端のガーターとすべり目に苦汁を飲まされています。

裏面で帰ってくるときに、最後のガーターを忘れてメリヤスで突き進んでみたり、「sl 1 pwise wyf」で裏目を編むようにすべり目をすべきところを、FLSの名残で表目を編むようにすべり目してみたり、「きぃ~!!」となること数回。寄り道したバチが当たっているのかもしれません。


それでも、春に寄すに比べれば、サクサク進む気がするので楽しいです。

掛け目と3目一度だけなのに、スカラップになるのが面白い~。


ところで、このショール、両端のガーター編みは、各段最初の1目めはすべり目「sl 1 pwise wyf」の指示ですが、インストラクションによると、裏目を編むように滑り目して、糸を右針と左針の間から向こう側へ回すという操作ですよね。


一方『Victorian Lace Today』には、各段最初の1目めのすべり目は↓のように2種類ありました。

  • (1)Slip st purlwise with yarn at WS
  • (2)Slip st purlwise with yarn at RS

Slip st purlwiseは、裏目を編むように針を入れてすべり目ということは分かるのですが、

with yarn at WS と with yarn at RSはどう違うのでしょうか?


段の途中だと、(1)と(2)の違いは、すべり目と浮き目の違いであるとどこかで見たような気もするんですが、各段1目めだとどういう操作をするのでしょう?糸の持っていきかたがわかりません。

でもって、(1)と(2)のどちらかは、「sl 1 pwise wyf」と同じことなんですか?

お分かりになる方、教えてくださいませんか。よろしくお願いしますm(_ _)m

ako12ako122009/03/20 23:15akoです。すごくキレイな色ですね。薄紫でしょうか?今から完成が楽しみです。
ところで「sl 1 pwise wyf」はVictorian Lace Todayの(2)と同じ事で、作業としては「浮き目」と同じだと思います。wyfはwith yarn in frontですのでRS側に糸がある状態です。(1)はすべり目ですね。多分これで間違いないと思うのですが。 Victorian Lace Todayは私も持ってるのですが、結構レベルが高いというか、RS側もWS側にも操作があるのでなかなか手が出ません。 みーこさんのショール楽しみにしてますね。

mikocelestemikoceleste2009/03/21 10:50●akoさん
ありがとうございます。すべり目の上を通る糸がRSかWSかということなんですね。(1)のすべり目で次の目が表目の場合、糸は編み地の外側から向こうへやるんでしょうか?(編み始めの1目めのときです)
糸はニュー2plyの241番で薄紫です。糸の太さと色からLilacにしました。Nuppも少ないので練習にちょうどいいかと思って。この本にはたくさん編みたいものが載ってますよね~♪
Victorian Lace Todayは写真集として眺めているだけで、まだまだ手が出せそうにありません(^^;)

gleannorachgleannorach2009/03/21 12:50こんにちは、gleannです。Victorian~からMytre leaf・・・に手を出し、~EstoniaからQueen Silvia・・・に手を出しています。Victorianの(2)Slip st purlwise with yarn at RSというのはBoader chartにでてきますよね。RSというのは表側なので糸は針のうしろにありますから、糸を後ろにおいて端の一目を左の針の後ろから前にひろう、ということだとおもいます。だから次に表編みを編むときは糸はそのままのいちで編めます。yarn at WSというのは裏側ということなので糸は針の手前にありますから糸を手前に置いて左の針の一目を後ろから前に拾います。次に表編みを編むときは(今の一目を裏編みで編んだのとおなじように)糸を両方の針の間から向こう側へ渡して表編みを編めばいいはずですよ。Victorian~と~EstoniaではBoaderの編み方がちがうので、なかなか興味深いですが、いっしょにやるものではありませんね。Boaderのところへきたらこんがらがりそうです。Victorian~はWSにも操作があるので一見大変そうですが、じつは間違った時に一段だけ戻ればいい(~Estoniaの場合は2段戻らないと修正できない)のでパターンさえ覚えてしまえば、楽っちゃ楽です。みなさんの作品を励みにがんばります。

mikocelestemikoceleste2009/03/21 17:25●gleannさん
ありがとうございます。そうか、作業中の面がRSかWSかにもよりますよね。ちょっと混乱しそうです(^^;)
実際編むときは、針と糸の位置関係に注意すればいいんですね。
Mytre leafとQueen Silvia、どちらも手強そうなショールですよね。頑張ってください~。

hebryehebrye2009/03/22 11:47ヘブリーです。モノは全く違うのですが、現在ニュー2plyの241番を使って編んでます!(教室の課題=かぎ針編みのカーデ)なんたる偶然と思い勝手に親近感を。そうか、余ったらショールが編めるな(Knitted Lace of Estoniaもウチにある)・・・これで今後心置きなく買い足せます(笑)

mikocelestemikoceleste2009/03/22 13:29●へぶりーさん
おぉ!241番をお使いですか。お揃いですね~。
2玉だとちょっと足りなくなりそうなので、センターの模様を少なくするか、買い足すかで迷っています。
ヘブリーさん、糸が余ったら是非ショールにしましょうよ!
課題のカーデの完成を楽しみにしていますね。

na2maruna2maru2009/03/23 19:32なな丸です。浮気したくなるのすっごくよくわかります。かくゆう私も・・。ほほほ(高笑いでごまかす)
実は私、端のすべり目って苦手というか、いつも適当にやって綺麗なすべり目にならなかったんです。そうか、表目を編むようにしたり、裏目のようにしたりしたせいなんだとやっと気付きました(遅っ!)こんな私が言うのもなんですが頑張りましょうね!

mikocelestemikoceleste2009/03/23 21:56●なな丸さん
私も端のすべり目で、悩むことが多いです。Estonia のように一目瞭然の図解があればいいんですが、単に「sl st」だけだと、kwiseなの?pwiseなの?でもって、糸はどうするの?て迷います。
手強いNuppに負けずに(私のは少ないけど)、お互いに頑張りましょうね!