月虹 ~ あみもの日記 ~

08/07/12(土)

間違えてる??

糸の細さにもちょっと慣れてきました。

エジングからの拾い目は、月の夜よりずっと分かりやすかったです。

本体に入ると思っていたより表目が多くて、編みやすいわ~と機嫌良く編んでいたのです。


7段目あたりで、編み地を引っ張れるくらいの長さになったので、編み地を広げて模様のチェックをしていたら、左角のエジングでジグザグ模様がずれているのを発見。


「えぇ~?! あれだけ気をつけて編んだのに間違えた?」と、血の気がひきました。

シェットランドレースは間違えないように編むのも大変ですが、個人的には解くときの方が神経使います。なので、この角っこは、ものすごく慎重に何度も何度も確認しながら編んだのです。

「それでも間違えたっていうのぉ~?!」


もしや編み図が間違えているなんてことは・・・、と思いつつ件の箇所を調べたら、

「編み図が違ってるやん! キィィィ~!」←左右対称になってなかったのです。


模様がズレたところの前後を見ても、他のと一致してないし、左右対称になっているはずの右側と比べてもここだけ非対称になっている。


えぇ、もちろん泣く泣く解きましたとも。


縁飾りハの9段目、6目めから 「2目一度・かけ目・2目一度・かけ目」の部分です。

「かけ目・2目一度・かけ目・2目一度」にすると前後のパターンと一致し、右のエジングと左右対称になります。


矢印のところがズレています。


編み直してジグザグ模様が繋がりました。


あと、右側のロの5段目とニの5段目

かけ目・3目一度・かけ目の次が裏目になっていますが、これは表目。

ここはすぐ気がついたので、問題なしでした(^^;)


第2刷で間違いは訂正されたものと安心していたのになぁ。やれやれ。


<追記>

↑の編み図について、書籍ホットラインで聞いてみたら、指摘の通りという返事が返ってきました。


でもって、実はさらに訂正があるとのこと。

『模様編みAの11段め・40目めに「○(かけ目)」が抜けています』ですって。


これを読んで、すぐさま編み地を確認したんですが、間違えていませんでした。

なぜだろう?と編み図を見たら、1模様のとり方を本の通りにしてなかったのです。


ここは1模様36目ですが、私は5目~40目ではなく、4目~39目を1模様ととっていたので、40目めは2模様目の1目めにあたるわけです。で、繰り返し(2模様目)ということで1模様目(4目め)を見て編んでいたので、間違いに気付いてなくても、なんら影響はありませんでした(笑) ← ややこしい話ですみません。

みんとみんと2008/07/12 13:55あらら~!やっぱりまだ間違いが潜伏してましたか!!
私も思わず自分の見ましたが、間違った編み図通りそのまんま編んでました(笑)。みーこさんの訂正記事を見て編み図直させていただきます^^。なんかヘンだな、ヘンだなと思いつつもどうせ角だしいっかーとそのまま編んじゃいました。ここら辺に性格が出ますね。
私のはあまり糸活用プロジェクトなのでそのうちきちんとリベンジしますが、みーこさんのはせっかくのお取り寄せ糸ですものね!きちんと仕上げないともったいないですもんね。

na2maruna2maru2008/07/12 20:00なな丸です。うわ~悲しい・・・。訂正された再版だから「まさか!」って思いますよね。私はみーこさんのご報告をさっそく書き込ませていただきました。ちらりと見えるお手製目数リング素敵ですね。レースのショールを編むときって、こういうビーズのリング似合いすぎ!!かっこいいなあ。

mikocelestemikoceleste2008/07/13 11:01●みんとさん
編み進んでから間違いに気付くと凹みますね~。私はなかなかパターンが覚えられなくて、編み図と首っ引きで編むので、こういうのは痛いです(泣)
この作品は、せっかくお取り寄せした糸を使っているんですから、間違いは気付いたらちゃんと直そうと思っています。
●なな丸さん
再販ものでも間違いはあるかもと思ってはいましたが、もうちょっとリカバリーしやすい箇所にして欲しかったです。まぁ、これから編もうとされる方のお役に立てたなら、私の苦労も無駄ではなかったと慰められます。
目数リングはおまけでもらったチェコビーズ(バイコン)6mmで作りました。重さがちょうどいいんですよ。

rajyarajya2008/07/14 16:11らじゃです。早速本に書き込んでおきました(笑)ありがとうございますです。
丁寧に編まれていてとても参考になります。レースは解くのも手間なのでついついそのまま編んでしまいがちなのですが反省しました。

mikocelestemikoceleste2008/07/14 20:40●らじゃさん
この糸だからこだわっているのかもしれません。今度はいつ本場の糸を使えるかわからないので、納得のいく作品にしたいと思っているのです。
それから、さらに訂正があることが分かったので、それも書き足しておいてくださいね。