月虹 ~ あみもの日記 ~

08/03/31(月)

巻き増し目

花のあいさつ、ぼちぼち進んでおります。

真ん中の三角形は、1段の両端で1目ずつ巻き増し目をして、162段編むわけですが、この「両端で巻き増し目」をどうやるのか、よく分からないまま編んでいます。


ヴォーグの基礎本を見たら、左側で2目以上の巻き増し目の図は載っていましたが、編み始め側の1目の巻き増し目は、いろいろ探しましたが結局詳細不明です。

『ニットに恋して』の白樺編みの図説にそれらしいものがあったので、それを参考にしましたが、左右で編み目の形が違ってしまいました。



普通、左右同じ編み目になるはずですよね?

左側は基礎本通りにやって輪ができたようになり、右側はねじれたようになっています。

多分、間違った編み方をしていると思われますが、縁から拾い目したら目立たなくなることを願って、このまま進めるつもりです。

でも、すっきりしなくて、なんとな~く気持ち悪いです。