月虹 ~ あみもの日記 ~

07/11/05(月)

野望があるんです

この春、衝撃的な出会いをしました。

おしゃれ工房のバックナンバーで、シェットランドレースを知ってしまったのです。


ものすごく心を動かされました。

元々繊細なレースが好きでした。でも、なぜか、かぎ針編みのレースには興味がなかったんです。

ボビンレースとかタティングレースの方が気になっていました。


そこに、嶋田俊之さんの作品を見て、「おぉ~。棒針でこんなに繊細なレースが編めるんだ!!」と感動しました。

棒針なら、改めて道具を揃えることもなくチャレンジできるやん!とワクワクしていたら、母から「そんなの編んでどうするの?普段絶対使わないでしょ?」と冷静な意見を言われて、しばらく躊躇していましたが、どうしても編みたくなって、シェットランドレースの情報を求めてネット三昧の日々を送るようになりました。


レース用のシェットランドヤーンは入手しにくいことや日本語の参考本が少ないことなど、チャレンジするには厳しい状態であることを知りましたが、もはや編みたい気持ちが沈静化することはなく、とうとう入手しやすい代替糸で編み始めてしまいました。


いきなり大物は無理なので、練習用にミニサイズにしてみました。

今、ここまで編めています。

syabondama

パピーニュー2PLY col.241を棒針2号で編み、センターパネルを1/4サイズにして、53目133段にしました。

裏も表も模様があって、間違えないように気を付けていても掛け目を忘れて目数が減っていたり、模様がずれていたりして、編み進めている時間よりも解いて編みなおしている時間の方が長かったような気がします。

しかも、掛け目の関係なのか解きたい箇所以上に解けてしまって、何度も「きぃぃぃぃ!」となりました。


「どこを編んでいるか分からなくなる」というのは覚悟していましたが、

解くときも「どこを解いているのか分からなくなる」状態になるとは・・・。

恐るべし!シェットランドレース。


残り1辺になったところで、他の作品を先に編まなくてはいけなくなって足踏み状態ですが、なんとか年内に完成させたいです。


いつか『ニットに恋して』の「月の夜」を編もう!という野望*1を抱いていたら、

嶋田さんの新刊が出て、編みたいリストに登録される作品が増えてしまいました。

超スローペースでしか編めないのに、悩ましいことです。

*1:友人が「希望」の「希」の字は「うすい」という意味もあって、実現可能性が低い気がするから「野望」を使おう!と言います。野望は「分不相応の望み」なので、私の技量では野望の方が適当かと思われます(笑)

amimonosukiamimonosuki2007/11/06 11:05てるてるです。シェットランドレース、これまたすごく繊細ですね(私の現在のボビンレースはこれからいくと粗いですね)よくわからないのですが、棒針で編めるものなのですか?2号でも粗いのですか?
嶋田先生の新刊、私も見ました。素敵なショール載ってましたね。野望がいつか叶いますように。

teaangeteaange2007/11/06 12:00はじめまして。teaです。
シェットランドレース、本当に素敵ですよね。2号の針だと普段使いのショールができるから、ちょっと襟元にまくとか、便利だと思います。私も2号針よく使います。シェットランドレースの解き方は、一目一目、左の針に移しながら解かないとうまく出来ません。シャボン玉の詩のパターンは偶数段、奇数段ともに、掛け目や2目一度があって、なかなか編みにくいですよね。私もいつか編もうかな~。

mikocelestemikoceleste2007/11/06 15:45
●てるてるさん、シェットランドレースは棒針を使って、ガーター編みを基本として透かし模様が入るんです。これが初めてのチャレンジなので、2号で粗いのかどうかは分からないんです。すみません。次に編みたいものは既に決定してて、3つくらい先まで決まっていたりします(笑)
●teaさん、コメントありがとうございます。実はシェットランドレースの情報を探して、teaさんのブログへ何度もお邪魔しては読み逃げしていましたm(__)mこれから、どうぞよろしくお願いします。解く時は、ちゃんと一目ずつ解いていたのですが、エジングの編み付け個所で、すべり目のところでもう1つ下の段まで解けてしまっていたのでした。何度も痛い目にあったので今は解きたいところで止まれるようになりました。シェットランドレースはとっても気を使いますが、楽しいですね~。