Amu_maru_mom RSSフィード

2012-05-17カミナリの中です。

[][]Shade of tree 23:02

年度末年度初めのバタバタをくぐりぬけ、
またもやお久しぶりでございます(ドキドキ

前回の更新後すぐから着手したカーディガン、
予想外の時間をかけてようやく完成しました。
パターンそのものは簡単です。ただただ、手が遅かったのですよ(汗)

120517_1
パターン まっすぐ編むだけ きゆなはれる著 文化出版局
P.20 jacket
シルクハセガワ 花紬 col.144ベイベリー
170g/935m
JP5/3.6mm輪針 JP5号かぎ針

【MEMO】

元のパターンからの変更点
・袖口のデザインを変更しました。
(本体と同じ模様編み→2倍の増やし目でガーター編みフリルへ)

・ヨークより下の身頃を、前後ひとつなぎで編みました。
・飾りボタンをつけました(が、外すかも)

数年前に買ったきゆなはれるさんの本から、ようやく一点。
しかし、この作品を編みたくて買ったようなものなので、形に出来て良かったです。

身頃・袖全体が同じ模様編みなのですが、ヨークより下の、身頃として編んだ編み地の
段の側からヨークと袖の拾い目をし、またその袖の段の側から袖口の拾い目をする
という感じに、編み地の方向が切り替わっています。
それぞれのパーツは本のタイトル通り、「まっすぐ編むだけ」。
元のパターンでは前後身頃を3枚にわけて編むようになっていますが、今回は
左前立て→背中→右前立てまで一気に一枚で編みました。
そこに、ヨーク+袖、袖口は拾い目で編んでいくので…

120517_5
最終的にはこんな状態に(笑)
とじる作業は袖下と前ヨークだけなのですが、裏表間違えたりねじらないように
ドキドキしながら作業しました。

着てみた感じはこちら。


120517_2 120517_3 120517_4

とじる前の「開き」の状態では伸ばしようによって簡単に縦横の比率が変わり、
実際に着られる状態になるまでシルエットがつかめなかったのですが
想定していたよりも着丈は長く、袖は短め。思った以上に夏仕様に仕上がりました。

編み地は基本ガーター編みなのですが、ドライブ編みを併用しているので、
かなりの透け感がありますね。糸もシルクなので、さらっとして涼しいです。

思いがけず(?)良い夏の羽織り物が出来ました。
…さて、そろそろ派手な色の物が編みたいなあ。