Amu_maru_mom RSSフィード

2012-02-26春が近づくと秋冬糸が愛しいの。

[][]とりあえず、「ボレロ」 17:16

そろそろ、春物を視野に入れねばね…などと思いつつ、
やっぱりまだまだ冬糸いくわよう!

図書館で借りた「とじはぎなし 輪編みのかんたんニット」(日本ヴォーグ社)の
表紙のボレロに一目ぼれ!

本当は、下の「雪うさぎ」の色違いの糸で編みたかったのですが
購入している量の半分ほどでできそうで残りに困りそうなのと、
色があまりにも秋冬色なのとで見送り。
初めての編み方なのでお試しもかねて、別の在庫糸でCOしました。

f:id:maru_mom:20120226120714j:image

背中の真中から編み広げていく感じ。
久々の5本針と格闘しています。でも、そろそろ大きさが出てきたので
輪針に移行するかも ← 根性無し
中心の穴は後でかがって閉じるようです。

さあさあ、春までになんとか…!

[][]雪うさぎ 17:01

そろそろ、春物を視野に入れねばね…などと思いつつ、
まだまだ冬糸いくわよう!

というわけで、以前から使いたかったておりやさんの糸でかるーいケープを一枚。
ふわっふわです。

120225_1


パターン ほっこり小もの はじめての棒針編み(日本ヴォーグ社)より
#21 今泉史子さんデザイン
ておりや 秋冬ウールナイロン COL.16 90g
7mm 輪針
この、「ほっこり小もの」には簡単なのにツボなデザインが多くて。
それでもこのケープはこれまでそれほど気にならなかったのですが、
このておりやさんの糸を触っているときにものすごく編みたくなったのです。

オリジナルの作品はループヤーンを使用していて「子羊のよう」とありますが、
この糸で編んだ編み地はふわふわなのになめらかで「子ウサギのよう」です。
なので、自分の作品名は「雪うさぎ」としました。

パターンに書かれている寸法とほぼ変わらず本体が編み上がっているのに、
肩からはおってみるとどうも小さく指定の通りに襟をつけるとバランスが 悪い感じ。
そこで襟の拾い目の範囲を長くして、襟を大きくしました。
結果、ボタンの位置なども変えることになったので、本の写真とは
かなり違う印象になっていますが…。

こぶりで何と言っても軽く、今から春先まで十分使えそうです。


羽織った感じはこちら。(モデル:ムスメ)

120225_3 120225_4