あみもののーと・てつむぎのーと

スパムコメント対策のため、はてなユーザーのみがコメントできる状態になっています。

2005-01-24 (Mon)

lum4032005-01-24

[][]

大きさは編み図どおりにできた。試作だけどまじめに作って良かった!

以下、次回のためのメモ。

  • ボタン6個は少なかったなー。えりのボタンの位置も少しずらさないと、ボタンを留めたら一番上と2番目の間がきれいにとまらない。
  • 袖はもう少し短くしても良いみたい。
  • アームホールと胸囲を少し大きくすること(→ゆるみを増やすこと。カジュアルな厚手のシャツを下に着ることが多いから)。
  • えりはもう少し高くても。
  • ポケットはやっぱりある方がいい。

[]Lion Brand "Wool Ease"

  • 色:Oxford Grey 152
  • 85g、180m(3oz.、197yards)
  • 10cmx10cmのゲージ:18目x24段
  • 針:USサイズ8(5mm)
  • アクリル80%、ウール20%
  • Lion Brand Yarn
  • 価格:$2.99(ライオンブランドのサイトより)

Wool Easeを使うのはこれで2度目。前回使った時は「もう2度と使うまい」と思ったのですが、今回は試作だったのもあって安い毛糸が欲しくて、また使いました。でも、今回は価格を考えると十分な糸だな~と思った。用途(または懐の状態)によっては、また使ってもいいかも。ちくちくしないし色数も多いし。前はネップの入ったのを買ったのが良くなかった。ネップがまるでゴミのようだったので・・・

ウール100%の糸のような弾力がなくて、編み目が平べったい印象。どのくらい「持つ」かが見所かな~。Kによると、暖かすぎなくて案外使えるかもとのこと。。21ドルで男性物(日本人、Mサイズ)のセーターが編めます。

Rowanspun DKの靴下

23日の日記に書いた、ローワンスパンDKの靴下です。2002年の12月に編んだみたい。洗うととてもやわらかくなって、ふかふかした履き心地です。今はもうかかとのあたりはフェルト化して編地がつぶれてます。やわらかい糸なので、普段使いにするとすぐ穴があいてしまうかも・・。はっきり覚えていないのですが、多分、ローワンスパンDKひとかせで編めたような気がします。すっごくかわいい靴下ができるので、プレゼントにも良さそうですよね~

*追記(1/26)

編み方ですが、普通に靴下を編むときに脚の部分と甲の部分を2目ゴム編みにするだけです!なので、どの靴下の編み方をでもOKです。ローワンスパンは糸が少しフェルト化していてあまり糸自体に伸びがなく、2目ゴム編みしてもゴム編み部分があまりぎゅうっとしぼまらないので、何度か洗うと平たくなって写真みたいな感じになるのだと思います。

私がこれを編んだときに使った編み図はSpin Off(Spring '02)という手紡ぎ雑誌に載っていたものですが、それは「The Knitter's Handy Book of Patterns (Interweave)」という本の靴下の編み図を転載したものです。この本の靴下はヒールフラップのある編み方の靴下で、暮らしの手帖の2002.12/2003.1号に載っていた靴下の編み方と同じです。本のレビューはこの下↓をご覧ください。

ウェブ上にある日本語の靴下の編み図はこちらをどうぞ!


[]The Knitter's Handy Book of Patterns

The Knitter's Handy Book of Patterns (Interweave)

The Knitter's Handy Book of Patterns (Interweave)

この本には靴下のほかに、手袋・ミトン・帽子・タム(ベレー帽みたいなの)・マフラーベスト・クルーネックセーターの編み図があります。特徴は、各プロジェクトがマルチゲージ・マルチサイズ対応であること。ゲージはプロジェクトによって違って、サイズはアメリカのサイズですが、子ども~男性用Lサイズまで。インチがメインですが、cmでも大きさが書いてあります。女性用Mサイズを1インチ(約2.5cm)に5目のゲージで編むときは作り目が40目で・・という風に、文章と表を見ながら編みます。形はごくベーシックでおしゃれ系ではありませんが、アレンジの方法の説明があったり便利です。靴下を色んな糸・サイズで編みたい人や、手紡ぎする人には便利でお勧めと思います!もちろん私も持ってます。手袋とミトンも便利で良いのですが、親指が横につく形(手の脇で増やし目をして親指を作る)なので、好みがあるかも(日本の編み図は手のひらに親指の穴をあけておく形が普通ですよね)。でも、マルチゲージ対応は便利ですよ~!以前手紡ぎ糸で手袋を編んだとき、糸が途中から微妙に太くなっていたのです・・片手を、同じサイズでゲージがひとつ大きいものに変えて事なきを得ました。笑

ちなみに、「The Knitter's Handy Book of Sweater Patterns」というセーターバージョンもでています。アメリカのセーターのパターンは袖が日本のと随分違うように思うので、これは迷ってます。でもこの本もベーシックな形から、模様、すそや首などの色々なアレンジ方法が紹介されているので、それがちょっと魅力。

The Knitter's Handy Book of Sweater Patterns

The Knitter's Handy Book of Sweater Patterns

靴下が載ってる方の本も、リング製本です。どっちもゴムがついてて、本をきっちり閉じておいたり、使うページをはさんだりできて便利。

greenknowegreenknowe2005/01/25 08:48りのさ~ん、すごい、完成ですね。試作品を作り、またそれをまじめにきちんと仕上げる、その姿勢には頭が下がります。少しずつ積み上げていく作業が苦手なので見習わなければ。(ほとんど衝動だけで編んでますから)灰色ジャケット、アクリルがそんなに入っているとは見えないですね。ご主人の要望に沿って、大きさをいろいろ変える。これって手編みの醍醐味ですね。本作の糸は決まっているのですか?毛糸が決まっていたら教えてください。
それから、靴下。靴下。靴下。これにはガツンとやられました。この靴下のデザイン、まるでマーガレットハウエルの靴下のようではないですか。こんなすーーっとしたデザイン探していたのです。私が編んだことがあるのはゴム編みから始まるものだけです。ローワンスパンDK、いいですね。洗うとこんなにやわらかそうになるのですね。この色はネップは白だったのでしょうか?それにしても廃盤とは知りませんでした。いい糸だけにさびしいですね。

裕2005/01/25 10:12うわー。カーデステキ!!
かっこよいなぁ!
この前ねぇ、学校でスパンする人がいて、その人が糸つむぎ機?持って来て、ローウールでヤーンを作るのをデモンストレートしてくれたよ!
あれすごいねー。
りのさんを思い出してたのだ。
その人はすごくて、リネンとかつむぐって言うてたし、今は飼ってないらしいけど、以前は自分とこの家畜のアンゴララビットとか、ヤギとかから、ウール取ってたんやって。
靴下も、暖かそうだなぁ。
私もシャツとか作ったときに、ボタンを全部とめたら1番目と2番目がくしゅってなるときあるんやけど、編み物でもそんなふうになることがあるんやねー。

hiiragi5volhiiragi5vol2005/01/25 10:21カーディガン、お似合いですよ~♪
靴下のローワンスパンDKが廃盤なの~?
この靴下いいな~、編図とか編み方とかどこかにありますか?
教えて~、りのさ~ん!!

nokonoko81nokonoko812005/01/25 10:35こんな大作を試作品として編んじゃうなんて、すごいッス!次の本番の糸がとっても楽しみです。
靴下もと~ってもいいッス。こんな靴下を履くと、足が喜んじゃいますよね~。ひいらぎさんと同じく、教えて~、りのさ~ん!

tsukatsuka2005/01/25 10:46りのさん、すごいハイペースで作品が!
私も、靴下とかばん編んでみたいです。靴下、こんなのなら、どんな洋服でも似合いそう。かばんは揃った糸が無いんだけど、編み始めたらすぐ編めそうですね。

tanishihousetanishihouse2005/01/25 17:17とても素敵なジャケット。カーディガンとしても使えそうですね。靴下もほんわか感が伝わってきて、私も作りたいなぁ、こういうの。贅沢な靴下♪

lum403lum4032005/01/27 06:57沢山コメントありがとうございますーー編み図については、靴下の下に追記しました。(24日の日記の一番下)

灰色ジャケットは、ちょっとずつ修正しつつ冬糸と春物糸と両方編むという野望で・・春物はもう手元にあって、ローワンのCalmerです。冬糸はまだ買ってませんけど候補はあります!
裕ちゃん、洋裁でもそういうことあるんやねー>ボタン。学校の手紡ぎする人、さすが専門だけあって本格的やね。いいなぁ・・
このかばん、すぐできました。毛糸だとかぎ針は早いですね!
ローワンスパンはDKだけでなく、ローワンスパンシリーズそのものが廃盤だそうですよ。糸を作ってた工場が閉鎖だとか。。実は、おととしの秋に日本に一時帰国したとき、某所でローワンスパンは廃盤になるよって聞いたのですが、アメリカではその話がなかなかでてこなかったので(私はこの冬になるまでこちらのお店では聞かなかった)、実はちょっと疑ってました(笑)。やっぱり老舗毛糸屋さんは違いますね・・