あみもののーと・てつむぎのーと

スパムコメント対策のため、はてなユーザーのみがコメントできる状態になっています。

2004-07-09 (Fri)

[]ワッフル編みのマフラー

ぼんやり編み物したい気分なのでマフラーを編んでいます。そう、帽子を編みたくなったような暑い日もつかの間、いつものグレーな曇りの涼しい日々に戻ってしまいました。まぁ編み物するにはいいんだけど・・。

糸はRowan Yorkshire Tweed 4ply。3玉で完成する予定。模様はたた&たた夫の編物入門の「シンプルなマフラー」にある「ワッフル編みのマフラー」から。素敵な編地ですね~。Yorkshire Tweedは糸が結構つぶつぶしているので細かい模様のこの編地にはどうかなと思ったのですが、案外いい感じに見えます。こんな感じのひざ掛けなんかあったらいいなぁと想像中。2目x4段の繰り返しなので「ぼーっと編み物」にもぴったり。

[][][]最近読んだ本

あぁ・・とうとう英語カテゴリを作ってしまいます・・。しかもカテゴリ分けが意味不明に。カテゴリ分けするのが嫌いなのは、効果的な分け方が分からないからだと分かってきました。

KnitLit (too): Stories from Sheep to Shawl . . . and More Writing About Knitting

  • 一般公募から選ばれた編み物に関連するエッセイが70以上。編み物と共に老若男女の笑いあり涙あり。文字だけの本で、パターンはありません。
  • 日本語でこういうの読みたいな。「編み物読み物」本って群ようこさんの「毛糸に恋した」の他にどんなのがあるんだろう。

Murder Is Academic: A Cambridge Mystery

  • ミステリです。1.著者はイギリス人女性 2.本作がデビュー作*1 3.主人公が女性 4.表紙が良い感じ、これはきっと好みだろうと思って図書館で借りました。
  • 期待通り良かったです。人の感情の表現が自然で、ストーリーは突飛すぎず(多分)でもドラマはあり、誰もが微妙に怪しくやっぱり犯人は予想と違った。主人公は探偵っぽい行動を起こすわけでもなく、うまいなぁと思いました。
  • 夢見が悪くなるような事件があるタイプではありません。私は怖いのは嫌いなので。Patricia Cornwell/パトリシア・コーンウェルとか読むと眠れない。
  • 英語は分かりやすかった。飾り気はないけど叙情のある文章かなぁ。。(←そこまで分かるほど英語も小説も分かってないので信用しないでください・・)法律の解説などの専門的でなじみのない語句が使われる場面がほとんどなく、読みやすい。あえて言えば英文学関連の人名やタイトル、引用くらい?
  • Snow Qweenのお話を知らない私は肝心なところで「?」と思うはめになりました。。
  • 私が読んだのはイギリスの作品のアメリカ版。メートル表記がマイル・インチになっていたので気がついた。マイルは特に感覚がつかめなくて嫌だ。
  • 編み物がほんの少しでてきます。ストーリー展開において重要な点ではないけれど通りすがりの風景でもないから、私だったら事前にどこで出てくるのか知りたくないので・・メモだけ。一番難しいパターン、ショール。

書影がでませんね。なんでだろう。

*1:7/12追記:著者Christine Poulsonの最初のCrime Novelとのことでした。著者は研究者でWillam Morris Societyのchairでもあり、これまでに19世紀の芸術と文学について多数の著書があるほか、ノンフィクションの小説もあるそうです。

トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/lum403/20040709