あみもののーと・てつむぎのーと

スパムコメント対策のため、はてなユーザーのみがコメントできる状態になっています。

2003-08-12 (Tue)Rowan Magazine 34 届く。そして・・・

[]RowanのCast-on(作り目)。ひいぃぃ~・・・

ローワンマガジンの最新号が届きました。サイトですでに見ていたけれど、やっぱり手元にあるのはいいですね。25周年だそうで。ぱらぱらみながら、Rowanは洋裁モノもいいよなあと思いつつ先へ進むと、技術Tipsみたいなページ(P.60)が今回は作り目でした。おっ、これは例の作り目が裏側になってるのを確認するのにいい機会だわ*1と思って写真を見てみると・・・・・・・・・・・・

どうも表がちゃんと表になっています。。。いっ、いったい?!頭の中が白くなりつつあるのを必死で振り払おうとするものの、やっぱり表は表だ!!!!ひぃぃぃ~・・・・そのときの私は多分こういう姿だったと思います。私の言ったとおりに指でかける作り目をして、そのまま次の段から続けて編むことによって、表側に作り目の裏側がでる編み方をされた皆様・・・すみません。間違いでした。とほーー

なんとーここで「多分最もよく使われるタイプの作り目」として紹介されているものは、「左から右」に向かって作り目していくのです。左から右に向かって作り目するので、作り目を終わって続けて次の段を編むとき、表を見たまま始めるようなのです・・。この作り目は、表側は表目、裏側は裏目のようになっていると本には書いてあります。

次のページに別の作り目の方法があり、これは指で作る作り目と同じような作り目ができるのではないかと思うのですが、右から左に進んでいきます。これはこのまま続けて編むと、表側に裏目のような目ができるとあります。ガーター編みなどをするときに良いらしい。。。

ローワン&イエガージャパンのHow to Knitをちらっと見てみましたが、作り目については何も無いですよね・・

でも、表は表って当然でしょうか。ごめんなさい・・

[]2

悪いことは続くもので。身頃を編み終わって袖の目を拾う時に、目数が違うのに気づきました。間違えた。。。。身頃を編み始めたところまで解かないと直せない。不幸中の幸いというのか、毛糸が余っているので最初から編みなおすことにしました。ああ。

一度編んでいるので2週間での完成を目指します。。。

*1:Criss Crossを編んでいる時、確か掲示板でその話をしたと思う

トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/lum403/20030812