Hatena::Groupamimono

kuropug編み物メモφ(・ω・` )

2012/02/02 (Thu)

クッキー A. さんのWanida

| 16:50

ちょっと大きいんだなー。写真は妙にうまく撮れちゃったのでよくわかりませんが、   たぶん一周の目数が多すぎるんです。

f:id:kuropug:20120202164307j:image:h300

■Design: Wanida by Cookie A.

■Yarn: Skkiny Bugga! by The Sanguine Gryphon

■Needle: Addi 2mm/ 40cm ×2


クッキーさんの模様編み大好き。

でもちょっと大きいのが難点。まあなんとかはけそうですね。

模様も好きですが、この糸、Skkiny Bugga! も大好きです。Sanguine Gryphon社がなくなって、現在はCephalopod Yarnsという会社で販売しているようです。会社がふたつに別れたんですね。いずれにせよ糸の編みやすさ、発色が損なわれてなければよいのです。

jun_111230jun_1112302012/02/02 20:40モデルの足の細いこと、いやいや靴下綺麗です。嶋田先生の本で編むのはいいけど頓挫して、やっと仕組みが分かって出来た所です。だから綺麗に靴下編める人尊敬します。色もきれいし

kuropugkuropug2012/02/03 20:42いやいや、恥をしのんでの着画です。くつした、小さいけれど色んな要素がぎゅっと詰まっていて、慣れるとはまります。増やしたり減らしたり拾い目したり、あれやこれや……。適度に小さくて、ちょっとしたプレゼントにも重宝しています。いっしょにがんばりましょう!!

kyukisakyukisa2012/02/03 21:22ゆきです。
靴下美し~!この色とっても素敵ですね。柄もよく出てるし。Cookie A.さんのパターン、皆さん大きいって言われるけど、彼女の足が大きいんでしょうかね~。外人だから?

hana1000hana10002012/02/04 06:42hanaです。綺麗な編目ですね。この糸の色と微妙なまだら具合もいいですね。そして、足元の絨毯模様が素敵で、そっちにも目が釘付けでした♪

attiatti2012/02/04 08:28attiです。
ステキな靴下ですね~♪Skkiny Bugga!いちど編んでみた~い!
ぜったいcookieさん大足なんですよ。むちゃくちゃ足の小さい私は最近彼女の靴下は難しいと実感しました。うまくサイズ調整ができるものはいいのですがスパイラルなデザインが多かったりするので・・残念。

chocolaBBBchocolaBBB2012/02/04 10:41のらねこです。
履くのがもったいないほどステキにできあがってますね。
靴下はつい、ガチャガチャとした段染めで編んでしまうので
こんなにきれいな模様が出た事がない。
(あ゛、私この本持ってる…)

kuropugkuropug2012/02/04 10:51★ゆきさん、
Cookie A.さんの足、大きいんでしょうねー。でも顔写真見ると思いっきりアジア系なのに(笑) しかも、オレンジ色のくつ下のパターンに"Sake"とか名前つけていて、「鮭の切り身の断面みたい」で「サケに酔ったときの色でもある」と。もしかして日系?? それにしては足大きい…。ナゾなんです!

★hanaさん、この色と微妙なムラはSkkiny Bugga!が手染めだからなのかもしれないですね。まっかの絨毯ほめてくださって嬉しいです。気にいって使ってます。

★attiさん、
Skkny Bugga!ぜひ編んで~~! attiさんならすてきなくつ下を編まれることと確信します。Cookieさんのスパイラルなデザインは微妙な目数調整がしにくくて残念ですね。私もなるべく細い毛糸で編むようにしてます。

kuropugkuropug2012/02/04 11:13★のらねこさん、
段染めの糸って編んでいて飽きないので、私も大好きです。模様優先でいくか、糸の魅力優先にするか……悩ましいですね!

2011/11/01 (Tue)

骨格の違いを思う

| 16:11

欧米のデザインはオリジナルをそのまま編むと、

大きくなること、ありませんか?

ことにくつ下は小さいから、手かげんだけでは調整しきれず、

オリジナルより目を減らして、模様編みやかかと部分を計算しなおすることがあります。

みなさんもありますよね、ぜったい!


でも、編込みは、できればオリジナルどおり編みたい。

鳥の柄かわいいし、模様いじりたくない…。

f:id:kuropug:20111101152154j:image:w300

Nordic Inspiration (designed by Stephanie van der Linden)

でもあまりに大きくなってきたので、結局、かかとに入るのを10段早くしました。

甲側の小鳥部分は変えたくなかったので、そのまま模様を編み続けましたが、そのぶん足首の模様を5段だけ減らしました。


こういう作業をするとき、いつも「欧米人骨格大きいな……」と実感、

そして20年も前に見た光景が思い出されます。

コペンハーゲンからノルウェーまでの車両の中で、座席から通路にヒザがにょきって蜘蛛みたいに突き出して、しかもそれが何本もにょきにょきしてる光景!! 足の長さに文字通りのけぞりました。


履いているくつ下も大きいんでしょうね~。けっこう可愛いのを履いてたりして。見せてもらえばよかったかな。なんて。

2011/10/29 (Sat)

ほんとは枯葉色のWedge(写真変更しました)

| 10:22

Cookie A.さんのウェッジ、完成です。

f:id:kuropug:20111030112708j:image:w300

■パターン Wedge by Cookie A.                   ※パターン名"Diva"って間違えてましたので、訂正しました~~(汗)

■使用糸  Bagga! by the Sanguine Gryphon

color: Oak Timberworm

70% superwash merino, 20% cashmere, 10% nylon

■編み針  Addi lace 2.5mm 40cm 2本

-------------------------------------------------------

着るものの後だと、くつ下の楽ちんさが身に沁みます。

それに、Cookieさんのこのパターン、2度目なのですが、

編んでいて飽きがこないんですね。

たくさんのw&tで楔(くさび=wedge)のような斜め模様を入れていきます。


Sanguine Gryphonの糸は、すばらしい色で、

届くたびに感嘆の声をあげてしまうのですが、味わいのある

ビミョウな色合いがぜんぜん写真に撮れてなくて我ながらがっかり。

あまりひどいので、撮り直してみました…。

とても満足いくできではありませんが、ましということで…。

f:id:kuropug:20111030112825j:image:w200

しかも左右の色あいが微妙に違う…。同じ枷なのに(笑)

(↑これはカメラの腕のせいではないと思う)

グレーのミックスに見えますが、ほんとは、

濃緑~茶~臙脂色のグラデーションなのです!!


今回使ったBugga! はその名のとおり「虫の色シリーズ」。

チョウチョやらカブトムシやらの名前が色の名前になっていて、

虫嫌いの人には「ぎょぎょー!!」なネーミングなんです。

それでも手染めのよさもあるのでしょうか、発色がよくて、

艶やかな手触りで、縒りもいい具合。


今回も楽しく編み終えることができました。謝謝。

nago-nagonago-nago2011/10/29 16:46こんにちは、nagoです。
シックな色あいの素敵な靴下ですね~^^

elmo1127elmo11272011/10/29 21:17sachiです。
シックでステキです。
w&tを使った面白い模様ですね。
私もSanguine Gryphonの糸、一かせだけ持っています。
他の色も欲しいのだけど、いつも品切れで…。

kuropugkuropug2011/10/29 22:12nagoさん、コメントありがとうございます。
ほんとはもっとこっくりした色なのです……。じつは撮影し直して差し替えちゃおうかな、と考え中です。

kuropugkuropug2011/10/29 22:20sachiさんもSanguine Gryphon買っていらっしゃるんですね。夜中の1時頃だと結構品揃えあります。Wedge、履きごこちもなかなかいいのですが、今回はプレゼントにするので着用写真はなしにしました。