Hatena::Groupamimono

kuropug編み物メモφ(・ω・` )

2011/09/12 (Mon)

10年経っても…

| 14:41


先日Ravelryをふらふらしていて、うっかり綺麗な毛糸の色に惹かれ、

springtree roadというお店で毛糸を少し買いました。


PayPalってほんとに便利! 

どんな頭のいいヒトが考えたんでしょう??


3日ほどしてお店の方からメールが届きました。


  「荷物を郵便局に持っていったら、

   宛先は欧文表記にするよう言われた」


え~~!? "Japan"さえ英語で表記してあれば、何の問題もないのに!!

というか、今までそれでぜんぜん問題なかったし!!


と一瞬思ったけれど、ここはあっという間に折れて、

自宅住所の欧文表記バージョンをメールで送りました。


5日ほどしてメールの整理をしていたとき、自分で書いたspringtree宛ての返信メールがふと目についたのですが、なんか違和感があって、ちゃんと読み返してみました。


そしたらねー。


住所の番地だけが(!)実家の番号になっていたよ。

10年も前に引っ越してたのに(両親はまだそこに住んでます)。

住所はココ、番地は実家。毛糸はどこに?どこに届くの??


うっかりだなぁ。それにしても引っ越して10年経っても染みついてるものなのね~と感慨ひとしお。


気をを取り直して管轄の郵便局に電話をしたら、

国際小包のID番号と発送日がわかればどうにかなる、とのこと。


さっき急いでspringtreeのMayaさんにメールを送りました。


嗚呼!