Hatena::Groupamimono

白樺百貨店

2010-10-06

プリマヴェーラとアルファベットサンプラー

| 17:45

嶋田先生の教室、北欧倶楽部も通い始めて1年になりました。あっと言う間でした。

1ヶ月に1回の充実したほんとうに楽しい時間。


f:id:hiromichocolate:20101005112354j:image:w200


前身頃が出来上がりました。


f:id:hiromichocolate:20101005141612j:image:w200


ピン打ちしてアイロンをかけ寸法を出します。

後身頃は無地にして裾にネームを入れます。


f:id:hiromichocolate:20101006171824j:image:w200


後身頃をはじめる前にアルファベットのサンプラーを編んでみました。


もうすぐ嶋田先生の新刊が出ます。裏も楽しい手編みのマフラーamazonでも予約が始まっています。教室の時に中身を少し見せていただきましたが、すごいです。今までにないマフラー本です。手にするのが楽しみ。保存用と実用と2冊注文してしまいました。


裏も楽しい手編みのマフラー

裏も楽しい手編みのマフラー

aoiusagiaoiusagi2010/10/06 18:48東京にお住まいの方はいいですね~。嶋田先生のお教室に通えるなんて・・羨ましいです。私もそちらに住んでいたら、絶対に行ってます。
作品素敵ですね~。色合いが優しくて癒されます。
私も嶋田先生の新刊、予約しました。そんなに凄いんですか~?そりゃ嶋田先生ですもの、一筋縄ではないに決まってるけど、ワクワクドキドキ・・早く見た~~~いです。

chocolaBBBchocolaBBB2010/10/06 19:16のらねこです。
「裏も楽しい…」迷い中です。スゴいですか…(ヤバっ)
アルファベットのサンプラーって…コレだけで立派な作品ですよぉ。

2010-08-21

プリマヴェーラ 左前身頃

| 07:28

f:id:hiromichocolate:20100820135520j:image:w200


嶋田先生の教室、北欧倶楽部で編んでいるプリマヴェーラ。前左身頃ができあがりました。

嶋田俊之のセーターブック ニット・コンチェルト―伝統を奏でるニット24作品では、丸首かぶりのベストなのですが、前開きに変更して編んでいます。


プリマヴェーラはフェアアイルではなくてボーヒュース・スティックニング。

輪編みではなくて、平編み。編込み模様に、裏目が入ってきます。フェアアイルでは必ず1段に2色ですが、ボーヒュースでは1段に3色使いの段がまじってきます。そんな訳で、あみながら頭を使います。編み地もでこぼこしてきちゃいます。


フェアアイルはできるだけ平な編み地に仕上げるようにと気をつけて編まなければならないけど、ボーヒュースは裏目が入ってくるので編み地のでこぼこも風合いのうちだというような事をおっしゃっていたので、編み地のでこぼこはそれほど気にしなくていいんだな…と少し楽に成りました。


花で溢れる野原を遠景で眺めているような配色が、編んでいてすごく楽しいです。


…と書いていて気がついたのですが、ほぼ10日ぶりの更新。毎日、編み針を持たない日はないんですが。

白鳥の歌も完成したのですが、写真を撮っていません。暑くて着てなんぼなんて、とてもとても。透かし編みのジレも脇の綴じ接ぎをするのみなのですが、編む方が楽しくて気持ちが向きません。Rockin' sock clubも新しい糸が、だいぶ前に届いているのですが、ついつい写真を撮ってこちらにupという作業がおっくうになってしまう夏です。はやく涼しくならないかなあ。


そうそう、日本ヴォーグ社で復刻のリクエストをやっていますね。復刊と言えば、復刊ドットコムが有名ですが、なにしろこちらなら自社本ですものね。可能性が高いのではと思います。この嶋田先生の嶋田俊之のセーターブック ニット・コンチェルト―伝統を奏でるニット24作品も絶版になっていて、だいぶ高値がついているようですが、今だに欲しいと思っている人は多い本なので復刻がかなったらいいなと思います。


2010-08-05

白鳥の歌とプリマヴェーラ

| 17:47

白鳥の歌につけるボタンを買ってきました。


f:id:hiromichocolate:20100804143440j:image:w200


木のボタン!と考えていたのですが、お店(吉祥寺・コットンフィールド)に持って行き実際に合わせて選んでみました。

四つ穴がお花みたいに開いている、これに決めました。木ではなくて貝のボタンになりました。


今度の月曜日が8月の北欧倶楽部の日です。

ポタンを付ければ、白鳥の歌は完成なので、次に編む物の準備をはじめました。


f:id:hiromichocolate:20100804090107j:image:w200


嶋田俊之のセーターブック ニット・コンチェルト―伝統を奏でるニット24作品からプリマヴェーラです。

きれいな色が16色。

ボーヒュースなので、輪編みではなくて往復編みです。

本はかぶりのベストですが、前ボタン開きにしようと思います。


f:id:hiromichocolate:20100804174248j:image:w200


他にやらなければ成らない事があるのに、ちょっと試しに編んでみようって思ったら、ダメダメ、楽しくて止められなくなりそうです。

jjyamaguchijjyamaguchi2010/08/06 09:33じゅんじゅんです
同じ先生の同じ作品でも、ボタンのよって全然ちがう印象になることってありますよね。このボタンで、どんな感じになるのでしょうか?とっても楽しみです。いつか実物を拝見したいものです。プリマヴェーラも、ボタンが難しそうですね。

hiromichocolatehiromichocolate2010/08/06 14:05>じゅんじゅんさん
ボタンで印象だいぶ変わりますよね。嶋田先生オリジナルの木のボタンに目が奪われて「木でかわいいボタン」と探してみましたがちょうど良いのがみつからず、こちらにしました。わりと満足しております。

じゅんじゅんさんのエジンバラ〜シェットランド島レポ、楽しく拝見させていただいています。エジンバラは数年前行ったのですが、なかなかシェットランド島まで足を伸ばす勇気がないです。じゅんじゅんさんの行動力がうらやましい(^^)v

2010-07-08

白鳥の歌 残るは糸始末

| 10:50

7月5日が月に一度のお楽しみ、嶋田先生の北欧倶楽部でした。

課題のジャケット,白鳥の歌もあと少しで終わり。


f:id:hiromichocolate:20100705162444j:image:w200


まずは襟ぐり。


f:id:hiromichocolate:20100705162830j:image:w200


前立てのスティークを切り開きます。

失敗しないようにと、とても緊張します。


f:id:hiromichocolate:20100707100121j:image:w200


前立ても編み上がりました。ボタンは、ちょうどよい配置にしたら9個つけることになってしまいました。小さなボタンが沢山並んでいるのもかわいいかな。


あとは、糸始末をするのみ。

身頃の糸端は、スティークのまつりで納まってしまうので、袖だけだから。「終わりはいつかくる」と自分に言い聞かせがんばります。


次は、ニットコンチェルトの表紙にもなっている「プリマヴェーラ」を編みます。前開きにアレンジします。その次に編もうと思う「白夜」の着分の毛糸を、すでに準備してしまいました。


suurisuuri2010/07/08 14:58こんにちは、鳳梨です。
モノトーンのグラデーションが素敵なジャケットですね。
これから夏本番ですが、着るのが楽しみですね。早く寒くなれ~って気持ちでしょうか?
糸始末、頑張ってください。

hiromichocolatehiromichocolate2010/07/08 20:18>鳳梨さん
早く,着たいです。ためしに着てみましたらチクチクして大変でした。糸始末、どうにか乗り越えました。洗って、形を整えて干してます。

2010-06-09

白鳥の歌 袖まで編めた

| 13:48

f:id:hiromichocolate:20100608134303j:image:w200


両袖まで編めました。

スティークはまだ繋がったままです。

ここまで、宿題です。次回の教室で、襟ぐり〜前立てを教えて頂きます。


すごく丁寧に編んでいるので、ボタンも適当に見繕った物ではなく、ちょっと良い物を付けたいなあ、とか思ったりして。


この白鳥の歌の次には、同じく嶋田俊之のセーターブック ニット・コンチェルト―伝統を奏でるニット24作品からプリマヴェーラを前開きにして編もうと思っています。その次は、丸ヨークの白夜。