Hatena::Groupamimono

こんがらがったん RSSフィード

2018-01-14 (Sun)

hana-suke20180114

[]どんぐりになりたくて 13:22

前回のカウルの前、年末に出来上がっていたので、遅ればせながらご報告。


帽子をかっこよく被りたいです。でも、イマイチ似合いません。自分が見慣れていないからかもしれません。ニットベレーはくたっとして、前頭部の形がはっきり出てしまうのが苦手で、フェルトのベレーみたいに前に膨らみのある形がいいなぁと思っていました。下手に目数を増やすと中華料理のコック帽になってしまい、望みの形にならず悶々としていました。年末にRavelryでrokoさんがDonguri Beretをリリースしているのを発見。これぞ私が欲しかった形よ!!既に、naganasuさんが量産しており、私もどんぐり♪と後に続きました。


f:id:hana-suke:20171231152800j:image:w300


指定の6.5mmで進めると、立ち上がりの膨らみ < 頭のサイズになってしまい、希望の形にならない。糸も違うんだからゲージ取りの大切さを改めて思い知る結果に。改めて8mmでザックザックと編み進め、年末にどんぐり完成しました。うん、いいです。ただね、、、自分の顔の丸さを忘れてましたよorzなんとも丸々としたクヌギが出来上がり、ちょっとね。着画は却下です。実家で編んでいたので母が気に入って、そのまま譲ることとなりました。

f:id:hana-suke:20180114131815j:image:w300

我が母は帽子が似合う人で、どんぐりも前方を深めに折り込んで、ちょっとハンチングっぽく被っていっました。お正月に伊良湖岬へドライブ行った際にパチリ。naganasuさんからアドバイス頂いたり、rokoさんからコメント頂いたりで、舞い上がりっぱなしのプロジェクトでした。


私が使ったcity tweedという糸はツイードの田舎っぽい重そうなテクスチャを細いナイロン糸とエアリーにリリアンっぽく絡ませることで見た目に反して非常に軽い仕上がりとなります。まさに、都会的な糸。毛糸だま2017年秋号(175号)にいくつか作品が載っていました。見た目は重そうなロングコートに見えますが、実はとっても軽いと思います。世界の編み物ではLopiセーターに使っています。これも軽く仕上がって良さそうです。

pattern: Donguri Beret by Hiroko Fukatsu

yarn: City Tweed #6 60g

needle: US11 (8mm)

koronyakoronya2018/01/27 14:14私も昨日編んだばかりですー
半日でさくっと編めて、おふろで洗ってもう完成♪
お母さまのように素敵に被れたらいいのに~
(眼鏡&マスク&帽子で怪しいヒト^^;)

hana-sukehana-suke2018/01/29 09:56koronyaさんも完成されたんですね.
しんのすけさまに顔を突っ込まれそう..笑

2016-09-24 (Sat)

[]触り心地抜群 15:45

ジリジリとした日差しがちょっとばかり懐かしいこの頃。いい加減この長雨が止んでほしいですね。パリッと洗濯物を干したいです。天気予報によると関東も明日くらいから晴れるみたいですが…


虎印のあんまり触り心地よくない糸を編んだ後の反動で、触り心地抜群のMalabrigo Lace♥抗がん治療で髪を剃った父の頭にもピッタリのはず…と思って編みました。看護師さんには髪がない間に日焼けで毛根を焼かなければまた生えてくる、と言われているのですが、カンカン照りの中そのまま外へ出るので、「ハゲる~!!」と叫びながら追いかけるのがこの夏の日常でした。


これから寒くなってきても紫外線はあるし、髪がない分暖かい帽子が必要かなと考えました。日常的に被ってもらうためにはシンプルなものがいいのですが、編んでる方としては実に面白くない。でも、その単純さが苦にならないくらい幸せな触り心地でした。色は地味目のcypress。絵具箱にあったビリジアングリーンに似た色です。手染めなので色の濃淡があり、二本どりで編んでいるので、濃淡が混じりあって趣のある編地になりました。写真では色がうまく出ないですね。

f:id:hana-suke:20160924150256j:image:w300

f:id:hana-suke:20160924152016j:image:w300


暗めの色の方が被りやすいけれど脱いで何処かに放り出したとき、暗い色だと見つけられないに違いない、と思ったので縁だけ黄色を入れました。この色なら見つけやすいでしょう。被るときに見せたくなければ内側に折れば、シンプルに被れます。10月がお誕生日なので、少し早めのプレゼントとして送ろうと思います。被ってくれるかなぁ。

pattern: The Boyfriend Hat

yarn: malabrigo lace cypress 50g

needle: US3 (3.5mm)

CO: 別鎖でつくる1目ゴム編み

2015-10-30 (Fri)

hana-suke20151030

[]余白の美 23:17

最近男女を問わずニット帽をかぶっている人を良く見ますね。オシャレ系の若い方に多い気がします。そういうニット帽って先端が余ってヒョコッとしているんですが、それがどうにも気になるんです。その余裕がいいのかもしれないけれど、落ち着かなくて…


日本ヴォーグから手づくり手帖という季刊誌が発行されていて、気になっていました。今回の特集が「青と白」ということでますます気になったのでお試しで購入してみました。この雑誌はヴォーグに直接申し込まないと購入できません。(Amazonでも購入できるみたいです)ありとあらゆる種類の手工芸の紹介みたいな感じで、編み物も数点載っています。今回はガンジーセーターとティーコゼーでした。現代風のガンジーセーターを母が気に入ってしまい、指定糸のジェイミソンズのシェットランド スピンドリフトを購入しそうな勢いです。お揃いの帽子があったので、そちらをまず編んでみました。

f:id:hana-suke:20151029235341j:image:w300

糸は工業残糸の2本どりです。ゲージがピッタリでした。ガサガサしてあまりさわり心地がイマイチ。洗ったら風合い変わるかな?指定糸だと2玉で出来上がるらしいので、Maxでも50g。これは59gだったので2割増しですね。これも被ると上が余るんですよ。しかも私の頭がでか過ぎて余りのところで段ができちゃう。かぶり方の研究が必要そうです。

pattern:ダイヤモンド模様の帽子 from 手づくり手帖 vol.6

yarn:工業残糸2本どり59g

needle: US2.5 (3mm)


手づくり手帖のおまけのポーチ。布の裁断からはじめるので、結構面倒でした。予想通りというか、縫い代間違えて、サイズ合わせに苦労しました。指示通り折りたたんでいくとあら不思議。2つのポケットがあるポーチの出来上がり。布自体はそんなに高級ではないけれど、なんとなくそれっぽいものになり満足です。

f:id:hana-suke:20151030224621j:image:w300