Hatena::Groupamimono

こんがらがったん RSSフィード

2015-11-26 (Thu)お知恵拝借

ショールを編んでいます.

もうだいぶ出来上がってきているのですが,ちょっと気になることが...

三日月形?っぽい形になるはずなんですけどね,編み初めの中央部分がこんもり飛び出しているんですよ.

f:id:hana-suke:20151126161903j:image:w300


手加減がわからず,他と比べてもきつくなっていると思います.出来上がってピン打ちしてもこの部分は変わらないような気がしてます.今でも両端から引っ張ると中央だけがくるんと丸まってしまいます.

f:id:hana-suke:20151126161924j:image:w300

このテのショールってこんなものなんですかね?それともやっぱり失敗?ゴールが見えてきているものの,とても気に入った糸で使えるものにしたいから,やっぱりケロるべきか迷っています.

アドバイスいただけると嬉しいです.

あ,パターンはこれです.

attiatti2015/11/26 21:17このぱたーん こうなるんじゃないでしょうか?
http://www.ravelry.com/projects/PauleR91/mizu-shawlette-2
http://www.ravelry.com/projects/islandgirlknits/mizu-shawlette
プロジェクトの画像をみても ぺこっと裏になってたり他のテストのかたのも 中心部延ばした感があります。
きっと かなり伸ばし加減にブロッキングしてるんじゃないかな

hana-sukehana-suke2015/11/26 23:03attiさん、早速のご回答ありがとうございます。
やっぱりこんなものなんですかね。
レース部分まで来たので、このまま進みたいところ。
そして次は白雪かPenneか迷うところです。

lunachan335lunachan3352015/11/28 21:56ガータータブから編み出している感じですが、縁取りと、本体の間の穴が最初の部分だけないので、伸縮性がなくなっているみたいですね。解決法としては、
1.ガータータブの段数を減らす。
2.縁取りを同時に編まず、本体ができあがってから、落ち着くような縁取りを後で編む。
私が今編んでいるショールもタブから、編み出して、滑り目二目表編み、掛け目、1目表編み、掛け目、後は全部表編み、次の段も表編みのガーターです。掛け目二目が増し目になっていきます。そうすると端目が引っ張った感じになります。でも、ウィング系のショールを引っ張って前で交差させて後ろで結ぶタイプなので、問題になりません。このショールもそんな着方をするなら、気にならないと思います。どんな風に巻きたいかですね。

hana-sukehana-suke2015/11/29 00:46ミサゴさん、解説ありがとうございます。
構造上の問題とわかり納得しました。今、玉の反対側から試し編みしてみています。ガータータブの部分をかなり緩めにすると少しは軽減される気がします。巻いてしまえば気にならないと言えばそうですね。ありがとうございました。

2015-11-24 (Tue)

hana-suke20151124

[]冬じたく 15:50

小寒を過ぎて関東も少し寒くなってきましたね.師走の足音も聞こえてきそうです.

編み物を始めたころに作ったHoney cowlが非常に使いやすかったのですが,輪で編んでいてメリヤスメインなのでクルクルと丸まってしまうのが難点でした.新しいのを作ろうかと思っていたころに知ったリバーシブルケーブルという技法.これを使ったスヌードが公開されたので飛びついたのが2014年1月.忘れ去られたり,毛糸玉が見つからなくなったり,編み針にカビが生えたりと多々の苦難を乗り越え遂に完成!!と思ったら,んんっ!!

f:id:hana-suke:20151111213225j:image:w300


リバーシブルケーブルはリブ編みをしながら交差編みを入れていくもの.はぐときも当然表編みと裏編みでとじ方が違うはずなのにぜんぶメリヤスはぎにしてしまいました...適当主義の私もさすがにね.がんばってやり直しました.片方がシンカーループを拾うので頭はこんがらがって大変.なんとかそれっぽくつながりました.

スヌードは2重にするとヌクヌク,暑いときは首にだらんと下げておくと落ちないし,ロングネックレスっぽくなるので重宝します.さっそく週末のお出かけに利用しました.

f:id:hana-suke:20151121131037j:image:w300

f:id:hana-suke:20151121131114j:image:w300


そういえば東京駅周辺に用事があったのでmoolitさんを覗いてきました.ちょうどTokyo Yarn Crawlというイベントの最中で,私が店内を3周くらいする間にも次々と参加者がスタンプと記念品を受け取っていました.このイベントはいわゆる毛糸屋さんのスタンプラリーです.全部まわるのは大変そう.でも一度くらい参加してみたいですね.

moolitさんの糸はどれも素敵♥でもお値段もそれなりに...サンプルで気に入ったショールのパターンがあったのですが,日本語訳付き+特製クリアーファイル入りで1,700円.私にはちょっとあり得ない価格設定でした.後でRavelryで見たら$6でしたよ.編みたいものを決めてから訪ねていきたいお店でした.

moolitさんが入っているKITTEには大きなホワイトクリスマスツリーが飾られていて壮観でした.

pattern: wishing cowl by Universal Yarn

Needle: US6

Yarn: Uruguay Wool (ウルグアイウール)

2015-10-30 (Fri)

hana-suke20151030

[]余白の美 23:17

最近男女を問わずニット帽をかぶっている人を良く見ますね。オシャレ系の若い方に多い気がします。そういうニット帽って先端が余ってヒョコッとしているんですが、それがどうにも気になるんです。その余裕がいいのかもしれないけれど、落ち着かなくて…


日本ヴォーグから手づくり手帖という季刊誌が発行されていて、気になっていました。今回の特集が「青と白」ということでますます気になったのでお試しで購入してみました。この雑誌はヴォーグに直接申し込まないと購入できません。(Amazonでも購入できるみたいです)ありとあらゆる種類の手工芸の紹介みたいな感じで、編み物も数点載っています。今回はガンジーセーターとティーコゼーでした。現代風のガンジーセーターを母が気に入ってしまい、指定糸のジェイミソンズのシェットランド スピンドリフトを購入しそうな勢いです。お揃いの帽子があったので、そちらをまず編んでみました。

f:id:hana-suke:20151029235341j:image:w300

糸は工業残糸の2本どりです。ゲージがピッタリでした。ガサガサしてあまりさわり心地がイマイチ。洗ったら風合い変わるかな?指定糸だと2玉で出来上がるらしいので、Maxでも50g。これは59gだったので2割増しですね。これも被ると上が余るんですよ。しかも私の頭がでか過ぎて余りのところで段ができちゃう。かぶり方の研究が必要そうです。

pattern:ダイヤモンド模様の帽子 from 手づくり手帖 vol.6

yarn:工業残糸2本どり59g

needle: US2.5 (3mm)


手づくり手帖のおまけのポーチ。布の裁断からはじめるので、結構面倒でした。予想通りというか、縫い代間違えて、サイズ合わせに苦労しました。指示通り折りたたんでいくとあら不思議。2つのポケットがあるポーチの出来上がり。布自体はそんなに高級ではないけれど、なんとなくそれっぽいものになり満足です。

f:id:hana-suke:20151030224621j:image:w300