Hatena::Groupamimono

おやすみハムハム

2009-10-27

む、むずかしい・・・

22:36

f:id:hamkitchen:20091027201759j:image:w250:left編込みって、難しいですね。

裏に渡る糸の引き具合が全然つかめません。これだと、ゆるすぎますか?ゆるんでますよね。きっちり引くと、表がきゅううっと引っ張られて波打ってしまいそうな気がして、ついついゆるみを持たせてしまうのですが、ゆるいですよね・・・。練習・経験あるのみでしょうか。






20数年前に1度だけ(公式記録上。非公式には、この世界のどこかにもう1枚存在する・したかも。フフフ)編んだことのある編込み、あのときはどうやったんだっけ?と押入れを漁ってみました。

f:id:hamkitchen:20091027194910j:image:w150f:id:hamkitchen:20091027195104j:image:w150

右が裏から見たところですが、この時にはそれなりに、ゆるんだりたるんだりせずに編めていたみたいです。ビギナーズ・ラックかなあ。

それにしても、ゲージを取るとか、まったく思いつかず、ただひたすら本にある目数・段数のとおりに編んだセーター。測ってみたら、身頃の幅が60cm、丈も60cmという真四角な仕上がり。いったいどんな体型の人に着せようとしていたのか(受け取った人も、よくこんなのを着て外を歩いてくれたものです)。

進捗状況:義父ベスト  2つめの前身頃の102段目。129段目から、袖ぐりの減らし目です。

namake1namake12009/10/28 00:41ナマケです、こんばんは。編みこみって本当に難しいですよね。一番上の写真は、メリヤスオンリーじゃないですよね?だから余計に・・・じゃないでしょうか?そして、公式セーターはメリヤスオンリーだからやりやすかったのかと。。(推測ですが)というか、公式セーター(勝手に名付けてしまいました、すみません)かなりかわいいですよ?!

namake1namake12009/10/28 00:42再び、すみません。あれ?やっぱりメリヤスかな~??

hamkitchenhamkitchen2009/10/28 12:41☆ナマケさん、こんにちは。
1番上の写真は、身頃の編みこみになっている部分に限って言えば、メリヤスオンリーです。裾のゴム編み部分から続けて編んでいるので、写真の下部は1目ゴム編みです。つれるよりは、ゆるい方が許せるかなあ・・・などとつぶやきながら、練習用と思って進めてみます。前身頃に入るころには、引き加減も掴めているといいなあ。
公式セーター、かわいいですか?ありがとうございます^^。若かった当事、なんか無謀にもいきなりチャレンジしたのでした。意外とできるもんだ、とそのときには思いました・・・。今の方がよほどあれこれ苦労しています。なぜ??

lunachan335lunachan3352009/10/28 15:02ノルディックセーターですね。夫にこんな風なのを2枚編みました。1枚目は輪にすることを知らなかったので、糸調子の調節が大変でした。二枚目や最近のフェアアイルは輪に編むので、調整も簡単でした。

ribbon_amimonoribbon_amimono2009/10/28 19:43こんばんは、りぼんです。
私も編み込みセーターは、どれくらいの締め加減で編んで行けば良いのかいまいち掴めずにいます。
糸替えも、いちいち糸を持ち替えてしているのですが、もっと効率の良い方法もありそうですね。
公式セーター、トリコロールでとっても手が掛かってそうで、素敵です♪ (非公式セーターの行方も密かに気になります…)

hamkitchenhamkitchen2009/10/29 00:38☆ミサゴさん
輪に編むと楽なのですか?んーと、常に同じ側を見て編んでいくわけだから・・・、あ、やはり実際にやってみないとよくわかりません。これ、本では平編みですが、輪編みでやってみることもできるでしょうか。袖ぐりから、前後に分けたらいけるかな?またまた無謀でしょうか。

☆りぼんさん
糸替え、私もどうしていいのかわからないまま、なんとなくごまかしつつ編んでいます。2本いっぺんに指にかけておくとか、何か方法がきっとあるんでしょうね・・・。知りたいです。
非公式セーターの行方は・・・たぶんもう処分されているんでしょうねえ。結構、出来はよかったのですが(少なくとも、公式セーターよりはサイズがまともでした)、うふふ。

marigauxmarigaux2009/10/29 00:54マリゴです。
編み込みの糸加減、難しいですよね。
私も苦労してます。。。
地色を左手に、配色糸を右手に掛けて、それぞれフランス式、なんちゃってアメリカ式で編んでいますが多分どちらかに統一した方がいいんだろうなぁと思いながら編んでいます。両方フランス式にするとものすごくつれてしまうんです。

一番上の写真くらいの緩ませ方、私は大丈夫だと思うんですけれど、どうでしょう?靴下や手袋の場合は結構緩ませておくのですが、着るものだともう少し収まっていた方がいいのでしょうか?

nokorinnokorin2009/10/29 14:31こんにちは、nokorinです。ミュルティコの編み込みセーター、始められたのですね♪
裏に渡る糸の調節、確かに難しいですね。目が大きいほど、裏に渡る長さが長いほど難しい様に思います。私は、裏でたるまない程度、脱ぎ着の時に指が引っかからない程度ならOKと考えています。着たり洗ったりしているうちにフェルト化して落ち着いてきます。なので、↑はOKではないでしょうか?
裏に渡る糸が4目以上の時は、間で地糸に絡ませた方がいいかも知れません。(特に袖は指が引っかかりやすいので...)
糸の掛け方、私は地糸はフランス式、配色糸はその都度、右手でつまんで針に掛ける方法です。ヤーンガイドなども試して、2本とも左人指し指にかけてフランス式の方が、断然編むスピードは上がるのですが...
糸替えが頻繁なものは、糸の付け外しが面倒でした(^^;)特に決まった方法はなくて、自分にあった好きな方法でいいって何かの本に書いてありましたよ。
私のお気に入りの茶系のミュルティコは558です。手編みの本。Vol.6で、レッグウォーマーに使われていました。

lunachan335lunachan3352009/10/29 14:47北欧系とフェアアイルはともに胴体を筒に編んでいきます。そして袖がつくところを北欧系ではそのまま編んで幅1cm位の長いU字形にミシンで縫ってその間を切ります。そして袖(袖山のない台形)を編むときに裁ち目をあとで包み込むための余分を最後に編んでおきます。フェアアイルの場合はスティークという縫い代になる部分を前身頃と後ろ身頃の間に編んで、肩も前後をつないでから、最後に袖つけ口をはさみで切り込みます。袖はスティークと本体の境目から目を拾って袖口に向かって輪に編みます。これがわかりにくい場合は脇下まで輪に編んで、前後は普通に編んでもかなり、楽できますよ。
糸については私もマリゴさんのように分けますが、基本的に右手にかける派なのでいろ数の少ない方を左手にします。といいながら、地色を右手人差し指にかけて、配色糸も適当な右手の指でつまんで引っかけることが多いです。両色同数の時は人差し指で掛け替えています。
娘時代につくったフェアアイルは普通に前後に分けてつくる作り方だったので、裏編みで糸を掛けるのが緩くなってしまい、その頃から糸を左にかける派から右に転向したと思います。

hiromichocolatehiromichocolate2009/10/29 16:26ひろみ♪です。裏にわたる糸の張り加減、難しいですよね。今までの経験だと、へんに意識してうらの渡り糸の加減をゆるめにとかきつめにとか調節して編んだときより、自然にメリヤス編みを編む手加減で糸を送りながら編んだ時の方がきれいに編めていました。なので最近では極力自然に…と心がけています。

糸のかけ方は、わたしも地色の糸を左手でフランス式、配色糸は右手でアメリカ式で編むのにおちついています。注意するところは、裏に渡っている糸が1段の中で交差しないように。どちらの糸も同じテンションになるように。それさえ気をつければ、慣れている糸のかけ方で自分で編みやすい方法でよいみたいですよ。ちなみに嶋田先生はどっちの色も右手でアメリカ式で編んでいらっしゃいました。

hamkitchenhamkitchen2009/10/29 21:45☆マリゴさん
コメントありがとうございます。両手を使っていいのですね。実際にいま自分はどうやって編んでいるのかしらと思い浮かべてみると、地色は左手の人差し指にかけて、配色糸は、編んでいないときはほったらかし!ているみたいなんです。ただ垂らしているというか・・・。もう少し、あれこれ試してみます。

☆nokorinさん
nokorinさんの編まれたミュルティコ&クイーンアニーのジャケットとセーター拝見しましたよー。どちらもとてもステキでした。そして、裏に渡る目数が5目くらいになったときに地糸に絡ませる方法についての記事も読みました。すぐに、今編んでいるセーターの編み図をチェックしてみたところ、3目以上になるところはゼロでした。すごく初心者向けのデザインに出会ったのかも知れません。私のいまやっているやり方は、ほぼnokorinさんと同じのようです。配色糸を右手でつまんでいます。いろいろ試しつつ、慣れるまでさらに編み進んでみようと思います。

hamkitchenhamkitchen2009/10/29 22:00☆ミサゴさん
これまでにもあちこちの皆さんの日記で、フェアアイルについてその「切る」とか「切り開く」という記述を拝見していたのですが、どうにもイメージたつかめないというか、どういう方法なのかまったく想像がつかなくて、どうして編地を切ってしまって壊れてこないのだろう???と頭の中が疑問符でいっぱいです。羊の毛刈りショー(小岩井で見ました)みたいに「スティークの切り開きショー」があったら、最前列を陣取りたいです。ともあれ、自分用なので、じっくりいろいろ試しつつ、経験値を高める機会にしたいです。(来年に予定している本物の?フェアアイルデビューを目指して!)

☆ひろみ♪さん
自然に、ですね。その方が自分なりの一定したテンションになるかもしれないですね。心がけてみます。ありがとうございます。私なんて、編みながらゆるめにとかきつめにとか調整しようとするだけでは足りず、あとから編み終わったところを端から順繰りに引っ張ってみたりしているんです・・・ダメダメですね。交差だけはしないように気をつけています。これは常に上!こっちは常に下!とそこだけはなんとか!嶋田先生はアメリカ式なのですね。実はアメリカ式ができない(というかやったことがない)私です。アメリカ式の方が目がそろうという噂は本当ですか?どっちもできるようになりたいです。

lunachan335lunachan3352009/11/11 13:24スティークの様子をブログに書きましたのでまた、見ておいてください。

hamkitchenhamkitchen2009/11/16 12:48☆ミサゴさん、ありがとうございます。早速拝見しまーす。(15日まで留守にしていたので遅くなってごめんなさい)

gleannorachgleannorach2009/11/16 13:22今年はどうやら編みこみ年の様相を呈してきて焦っているgleannです。わたしは地色を右手でアメリカ式、配色糸を左手でフランス式に落ち着きました。逆にすると配色糸が吊れたりたるんだり、調子をとるのが難しく感じたのですが、今の方法だと『ふつう』に編んでいてちょうどいい感じです。が、往復編みのときの裏編みからの糸調子は、毎回ひと作品おわるころにようやくちょうどいい加減になります。ので、最近は、編みこみ=輪で編んで切る!です。オリジナルが往復編みの場合でも、輪編みに翻訳してやってます(苦笑)

hamkitchenhamkitchen2009/11/16 21:28☆gleannさん
うーん、やはり輪編みが楽チンでしょうか・・・。今回はおとなしく本のとおりに編んでみて、今後、技を磨いていく所存です。糸と針も徐々に細くしていきますよ~。行きますとも!少しずつ後を追いかけていきますので、よろしくお願いします(^^)

umehornumehorn2009/11/18 18:30ほるんですこんにちは。
今頃コメント書いて読まれるかどうかわかりませんが。

>あとから編み終わったところを端から順繰りに引っ張ってみたりしているんです・

これは私がGで習って目から鱗だった方法です。
きつめに編んで、何目かたまったら引っ張ってます。
糸は左手に二本かけてます。
私のブログの「ひょっとしたら誰かの役にたつかもしれない・・・」のカテゴリーの中に動画がありますのでよろしかったら参考にしてください。

hamkitchenhamkitchen2009/11/18 23:01☆ほるんさん
コメントありがとうございます。ほるんさんのフェアアイル、いつもうっとり拝見しています。
後から調節してもいいのですね!?なんだか気が楽になります。
動画、見せていただきますね。わからないことがあったらお聞きしてもいいですか?

umehornumehorn2009/11/19 08:44ほるんです。
私でわかることならいくらでもお答えしますが、私もまだ初心者ですし、本物のシェットランドヤーンは触ったことも無い邪道派なので、正統派に関することはもっと詳しい方に聞かれたほうが良いかもです・・・。

hamkitchenhamkitchen2009/11/19 14:11☆ほるんさん
はーい、了解です。プレッシャーをおかけしたようでしたらゴメンナサイね。でもでも、ほるんさんの日記の記事に関してお聞きしたいことがあるときには、ほるんさんにお尋ねしますので、よろしくです~(^^)。