Hatena::Groupamimono

おやすみハムハム

2009-08-23

棚卸し(冬糸)

18:31

いま、かなり深く反省しているところ。いつの間にこんなことになったのか・・・。

f:id:hamkitchen:20090823174943j:imagef:id:hamkitchen:20090823174901j:imagef:id:hamkitchen:20090823175133j:imagef:id:hamkitchen:20090823175209j:imagef:id:hamkitchen:20090823175242j:imagef:id:hamkitchen:20090823175353j:imagef:id:hamkitchen:20090823175508j:imagef:id:hamkitchen:20090823175542j:imagef:id:hamkitchen:20090823182718j:imagef:id:hamkitchen:20090823174822j:imagef:id:hamkitchen:20090823175021j:imagef:id:hamkitchen:20090823175057j:imagef:id:hamkitchen:20090823175432j:imagef:id:hamkitchen:20090823182807j:imagef:id:hamkitchen:20090823175649j:image

1段目左から。これらは今年編みます。この中からボランティアセーターも編むつもり。真ん中は、姪にあれこれ編んだ残りです。必要量の見積もりが下手なんだと思う。右は、パピーのクイーンアニーの残りの方々。なんとか消費しなくちゃと思ってモチーフ編みを始めたはいいが、そもそも鉤針編みがあんまり好きではないので挫折。三色すみれ、とかイメージだけはあったんだけどね・・・。

2段目。左、プリンセスアニーの「残り」の皆さん。一番下のワッフルみたいなマフラーを色違いでたくさん編もうと思って買ったんだけど、2本編んだら飽きたの・・・。で、その上の細長いのを編んでつないで職場用の膝掛けにしようという構想はあるらしい。イメージはハロウィーンのかぼちゃ。自分のことだけど、暖かい目で見守っていこうと思ってはいる(トップダウンで縞模様のセーターに変えてしまおうかな)。真ん中は、中細の子たち。リバーシブルの編み方をやってみたかったのと、編みたいと思っているThermalのためのスワッチ用。 右は試し編み用に買ったモヘア(水色)とローワンのキッドクラシック(生成り)と、マフラーを編んだ残りのモヘア(赤)と同じく残りのイエガーマッチなんとか(紫)、ショールを編んだ残り(紫)と編むはずだった(赤)パピーの2ply。

3段目。左、何かきれいなものが編みたかったダイヤミュゼ5玉、レッグウォーマーを編んだ残りのミュルティコ1玉ちょっと。奥にあるのは、あ、ここにもプリンセスアニー5玉(紫)。ワタシはもしかして紫が好きなのか? 真ん中、叔母の草木染め(琵琶湖のヨシ)の糸。ネックウォーマーを編んではみたけど、残りをどうするか。オリーブグリーンの方は麻か何かかも。固い。 右は試し編み用のローワン ウールコットン1玉、野呂のソックヤーン1玉。

4段目。左、前後身頃と袖のパーツが完成した状態で放置されているモノ。ガンジーセーターを編みたかったんじゃないかな。いつからあるか覚えていないので放置の理由も不明。 真ん中、同じくパーツが出来た段階で、ものすごく細く小さく編みあがってしまって、完成させても到底着ることができないことが判明したので放置(なぜここに至るまで、サイズに問題があることに気づかなかったのかはナゾ)。 右、これはオリジナル。前後身頃だけが出来た状態で放置。アーガイルのセーターにしたかった記憶がある。後身頃は首元に3つだけアーガイルが並んで、ゴム編み部分はマルチストライプという、我ながらなかなか出来たデザインだと思っていたんだけど、春になったから途中でやめたのかなあ・・・。

5段目。左、ネックウォーマーになるらしい細長いもの3枚。ボタンも買ってあったりするんだけど。 真ん中、今年の3月、暖かくなってきたので、とじはぎを残して作業を中止したローワン フェルテッドツイードのセーター。これはこの秋完成させます。着ます。 右、おまけ。靴下ってどうやって編むんだろうと数年前に片方だけ編んでみたもの。どうやって編んだのかすでにまったく覚えていない。

新規購入は禁止にしたいと思います。義父にプレゼントするのも、なんとかこの中から編みたいものだ。

いや、反省のポイントは、在庫糸の量ではなく(たぶんこの程度だったらそんなには多くない?)、編みかけて放置したものの多さのような気がします。でもなあ、この続きを編むかというと・・・ううむ、どうしたものか。