Hatena::Groupamimono

おやすみハムハム

2009-07-11

hamkitchen20090711

糸あり、遠方より来る。

14:10

たったいま神戸から届きました。貯金箱まで総動員してやっと引き取りました。代引きってキライだわ〜。カードで決済先送り(とりあえず翌月)がやはり馴染んでます。

黄緑色はROWANのWOOL COTTON、暗く写っているのはSCOTTISH TWEED DKの紺色です。涼しくなったらこれでがっつりなわ編みを編みたいと思っています。細手のフェルテッドツイードも頼んだんだけど、在庫がなかったみたい。ウールコットンの方のデザインはまったく考えていません。職場で秋から冬、ジャケットの下に着られるモノが編みたいというくらいの考えです。無地はつまらないから何か少し模様を入れたいけど どうしようかなあ。‡HAMKITCHEN‡

画像が「きょうの1枚」に入ってしまっています。やっぱり私、まだよくわかってなかったのね・・・。むむう。

lunachan335lunachan3352009/07/11 23:45gleann さんのところで知りました。ベトナムに行かれたのですね。

ishidayukoishidayuko2009/07/12 00:37イシダユウコです。
輪編みで色を替える時、Jogless Joinsという技が絶大な効果を発揮しますよ!
http://redshirtknitting.com/?page_id=448

hamkitchenhamkitchen2009/07/12 13:01☆ミサゴさん
はい。昨年秋と、今年のGWに行きましたが、まだまだ行き足りない気がしています。お隣のカンボジアについても、観光地の最たるものであるアンコールワットしか見ていません。先のポルポト時代に、兄弟10人のうち7人が殺されたと語る29歳のガイドさんの前で、何も「知らない」ということがとても恥ずかしかった。知らないということは、自分自身で何も判断できないということです。自分で判断できないということは、誰かの言うことを鵜呑みにするしかないということ。それは、まずいんじゃないかと思っています。

☆イシダユウコさん
わわわ、ありがとうございます。早速、見てみました!「うわーん、英語!?」と一瞬回れ右しそうになりましたが、「日本の教育はそんなに低レベルじゃないはず!ここで引き下がっては、教授に申し訳がたたない。」と勇気を振り絞って読み進みました。正しく解釈、かつ正しく実施できているといいのですが・・・。

gleannorachgleannorach2009/07/12 13:48こんにちは、家人が日曜出勤なのでのんびりしています(しすぎで編み物が進んでない~)かわりに明日お休みなんですが・・・
英語ですが、日本の学校教育はそんなにバカにしたものではなく、中学英語で十分日々の生活はやっていけます。日常会話に分詞構文なんてでてきませんもの~要は単語です、これが曲者なんですけどね。今高3の息子3が英語で苦しんでおります。中学のときは勉強しなくてもなんで出来たんだろうとひとりごちておりました。日常会話は現地でぺらぺらだったので、中学英語レベルで十分という証拠かなぁとおもいます。

marigauxmarigaux2009/07/13 12:51英語、中学校の時は恐ろしく(自分でも恐ろしいほど)成績が良かったのですが高校に入ったらさっぱり分からなくなって赤点とかいただいていました(この転落ぶりはわれながら見事だと思う)
中学英語って簡単でしたよね。。でも、日常会話はこれで十分だなと思います。
大学で専門分野の文献を英語でたくさん読みましたが高校英語が赤点でも問題なかったです。あの3年間の英語は大学受験のためだけにあったと言っても過言ではないかも知れない。。。

hamkitchenhamkitchen2009/07/14 12:14☆gleannさん
私は、どっぷり受験英語でしたので、特に会話がまるっきりなってません。日常会話がぺらぺらの息子さんが、とってもウラヤマシイです。しかも、それなら読み書きはOKか、というとさにあらず、国が立てた学校に無事入った途端、私の英語関係の能力は皆、自分たちは役目を終えたとばかりに泡になって消えてゆきました・・・。今の私の英語は、すっかり大人になってから、自分の手でちょっとずつ、拾い集めるようにして身につけ直したものです。
☆マリゴさん
「英語は苦手」を自称してン10年、TOEICで900だか950点だかを越えるのが自慢の家族と暮らしている限り特に困る場面もなかったのですが、その家族からバカにされるのが悔しいので、一応ほそぼそと努力してきました。英語の得意な人からするとちゃんちゃらおかしいレベルに過ぎないとは思いますが、ここ10年ばかりの間に、自分内比較では、もう信じられないくらい上達しました。ええ、ほんと。この私がここまでたどりつけるとは・・・(遠い目、そして涙)。よかったと思うのは、東京四谷のビトー先生の授業と、オックスフォードのブックワームシリーズや、講談社の文庫版の英語本あたりを、とにかく左から右へとワシワシ読んだことです。あとは、家族のつきあいで望まなくても英語を聞く機会が増えたことなんだろうなあ。「僕のおかげ。」と言われるのがまた癪なんですが。