Hatena::Groupamimono

自己満足な作品展示室

2009-04-08

お久しぶりです…

| 15:52

冬糸の季節が終了(自分の中で)したので、編む気力消失。こちらも前回から1ヶ月近く放置していました…。

全く編んでいないわけではないのですが、ねじり目満載靴下に手を出し、力量不足で滞ったまま放置中です。

そんな中、先月末韓国で少し資材を購入してきたので、覚え書きとして画像を。

f:id:eko1971:20090401111300j:image:h300

ウォン安韓国ブームに乗っかったわけではなく、韓国ラブな友人(韓国語もOK)から突然誘われたので彼女に乗っかりました。飛行機・ホテルの予約から、現地での食事・移動などなど、全ておんぶに抱っこ状態(汗)。

観光地には全く興味が無かったので、初韓国だというのに、手芸・ソーイング資材の市場、食品市場、現地スーパー、美術館、本屋など、マニアックな場所しか行っていません。今日本人がぞくぞくと押し寄せているはずなのに、観光客らしき日本人グループにはほとんど遭遇しませんでした。

抹茶色のは、コットン100%の夏糸。原産国表示は無かったけれど、多分輸入物。ラベルが英語表記で、価格が現地糸の5倍ほどだったので…現地ではきっと高級糸?それでも6玉15000ウォン。

生成りのは、コットン95%×アクリル5%の極細糸。ハングル表記で正真正銘韓国産。4玉3000ウォン!!!激安。

思いがけずaddiの輪針を発見したので、持っていないサイズを2個購入。1つ6000ウォン。取り扱っている店が2店舗あったけれど、どちらの店も80cmのしか無かったのが非常に残念。

レースの襟?控えめにスパンコールとビーズも付いていて好みだったので購入。ブラウスでも作ろうかと構想(妄想?)中。5000ウォン。

他にも布やらビーズやらボタンやら欲しい物は山ほどあったのだけど、1人でうろうろしていた為、言葉が…。「はうまっち?」「でぃすわんぷりーず!」で購入できる物しか買えなかった~(涙)↑糸がどちらも6個なのは、1袋6個入りだったからです。

とにかく全ての物が安かったです。そして、食べ物がおいしい!!!今まで色々な国に行ったけれど、食事が口に合わなくて非常に辛かったので、びっくり。「韓国料理=からい」の先入観は誤りでした。

残念なことが1つ。ちょうどキム・ヨナさんが優勝した時だったのでTVでたくさん放映されていたのですが、たまたま見た番組で、キム・ヨナさんの華麗な演技の映像のあいだあいだに、真央ちゃんが転倒したシーンを繰り返し繰り返し挟み込んでいました…同じ映像を「これでもかっ!」ってぐらい何度も何度もリピートです。たとえ逆の立場だっただったとしても、日本ではああいう番組の作り方はしないよな~と少し悲しい気持ちになりました。

せっかく買ってきたので早めに形にしたいな~とは思っていますが、いつになることやら…永久凍土の在庫にならぬよう頑張ります!

jjyamaguchijjyamaguchi2009/04/09 00:04こんばんは★じゅんじゅんです
行かれた場所が、ものすごく羨ましいです。去年、ソウルに行きましたけど友人はまるでこの方面には興味なし!で私もいけませんでした。
韓国も手芸、盛んみたいですね。ソウルの地下鉄で、かぎ編みのレースのスーツを着ている方を見かけました。近づいて編地に触ってみたい衝撃を抑えるのに大変でした(笑)怪しすぎますものね
手芸関係の市場ってどの辺なんでしょう?今度は一人で行ってみようかと思ってます。ポシャギの美術館等、遠慮なく行けますから。

eko1971eko19712009/04/09 22:30じゅんじゅんさん♪
私の友人も全く作らない人なので、とりあえず連れて行ってもらって、別行動しました(だから言葉が通じず…)。毛糸売り場は、とても小さいお店が数え切れないほどあり、迷路のようでした。店番しながら編み編みしている店主さんや、編み編み仲間的な集まりみたいなのをしていたり…「言葉がわかれば!!!」と、とても残念でした。↓のレースマフラーをしていたのですが、店番していた年配の女性が、急に近寄ってきて、マフラーに触れながら語りかけてきたので焦りました。「ソーリー、アイムジャパニーズ!!!」と言うと、ヒジョーに残念そうな顔をされて…「私も残念なの~!!!」という気持ちも伝えられずもどかしかったです。あそこを満喫するには『韓国語』が不可欠だと思いました。
毛糸以外の資材も満載なので、1日中いても飽きないパラダイスのような場所です→東大門総合市場[http://www.seoulnavi.com/spot/goods_article.php?goods_seq=182&category_id=04]

トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/eko1971/20090408