Hatena::Groupamimono

とにかくやってみよう

2014/02/10

プレゼントする予定



f:id:binaemon:20140210104121j:image:w270:leftf:id:binaemon:20140210104123j:image:w150:leftもともとは会社の先輩で、かれこれ20年以上の付き合いになるお友達へのプレゼントとして編みました。

2/8に会う予定だったので、間に合わせるべくかなり頑張って編んだのですが、当日、東京は思いも寄らない大雪で、彼女が絶対に出て行かないからね!と早々に宣言したため、渡すのはもうちょっと先になってしまいました。たしかに、出なくて正解だったよね・・・。









f:id:binaemon:20140210104124j:image

Lin-Lin Shawl by Yoko Johnston

  • 使用糸
    • Filatura Botto Poala Classico クラシコ(Puppyから発売されている糸) 209(赤)×6玉
  • 使用針
    • 7号輪針
    • 推奨は10号だと思いますが、自分は手がやや緩めで、掛け目パターンだとさらにゆるくなるため7号であみました。これだとゲージの目数とは少し合いませんが、同じ理由で伸びやすくできあがるので、使ってるうちに大きくなるような気がします。


f:id:binaemon:20140210104122j:image:rightやっぱり私はレースパターンが苦手なんだなあと再認識・・・。なんどか間違えて編みなおし、枝セクションの模様が覚えられるころには鳥セクションに入り、なるほどそういうことかと思うころには編み終わり。そして最後の伏せ止めはかなり心臓破りな感じでしたが、終わってみるとすごい達成感を味わいました。

終わってみると、編地にストーリーのある楽しいパターンだなあ!いう気持ちです。