Hatena::Groupamimono

とにかくやってみよう

2012/03/28

なんかはまる


編み物でも、ロウゲージのものだと「これは編めるんじゃないか」と思って買えないことってありますよね・・・。実際編まないことも多い・・・どころか、編まないことがほとんどだけど。それでも、もしかしたら編むかもしれないと思って店頭でじーっと見たり、さりげなく目数を数えてみたりすることがあります。熱心に見るのに買わない客ですみませんと思いつつ、冬になると毎年同じようなことを繰り返します。



f:id:binaemon:20120328095254j:image:left:w150

さて、チャン・ルー風のブレスレットを作りました。

セレクトショップからのメールマガジンにご本家のブレスレットが紹介されていて、「おおこれはカッコイイ!けど作れそう!」という気持ちがわいてきて、次の週末にでもやろうかなあとボンヤリ考えていた翌日、いつも覗いているWebの洋裁パターンショップの方がすでに作ってアップされており、これは!と勢いづいて作りました。すでにいくつも作り方を紹介されているブログなどがあり、考えることはみな同じといった感があります。


丸小ビーズを使ったようなアクセサリーは、目が辛くてもう作れないかもしれないと思うけど、これは気楽に作れて楽しかったです。色違いでも作りたい。












チャン・ルー風ラップブレスレット

  • パターン:上記のキーワードで検索。いくつかのサイトを参考にしています
  • 材料
    • レザーコード(これは平たい形の3mmコードですが、丸いコードの方がやりやすそう)1mを半分折り
    • ターコイズ6mm、ソロバン型のスワロフスキービーズ4mm×2色(どちらも数を数えていない・・・あとで数えます)
    • 銀ボタン1つ


編み物ネタが少なくて申しわけありませんが、この次は、これにあわせるとカッコよさそうなインディゴブルーのプルオーバーをアップできるといいなと思っております。