Hatena::Groupamimono

とにかくやってみよう

2009/04/15

唐突ですが完成です



理由は(たいした理由ではないので)さておき、今期は「シャネルジャケット的な何かを編む」という計画を持っています。その第一弾として、持っていた本の中から1つ。


実際の色は、平置きの写真よりも着用画像の色に近く、本体は鮮やかな黄色です。


Coco Jacket

f:id:binaemon:20090415161933j:image:w200

  • パターン
    • 「Twinkle's Big City Knits」より、Coco Jacket by Wenlan Chia
Twinkle's Big City Knits: 31 Chunky-Chic Designs

Twinkle's Big City Knits: 31 Chunky-Chic Designs

    • このパターンを参考に、いろいろ変更を加えています
  • 使用糸
    • ぴえろ コットンニィート 黄10玉&シナモン2~3玉くらい?
    • パピー スパングルコットン1.5玉
      • 前立て、襟などのトリミング部分は、コットンニィート・シナモンと、パピーのスパングルコットンを2本取り。
  • 使用針
    • 10号、8号の輪針、5号の4本針
  • 変更点
    • 元のパターンは10mm針使用・ゲージは10*12.5という、ものっすごいバルキーな作品でそのカジュアルな感じが素敵なのですが、もうちょっと大人な感じに・・・と思って、目数を計算して編みました。ゲージこそ違いますが、寸法はほぼパターンどおりです。
    • トリミング部分はすべてかぎ針で仕上げるところを、ガーター編みに変更しました。
    • 元のポケットはすべて本当に使えるポケットです。今回は胸ポケットは使うこともなかろうと思ったので、ダミーのものに変更しました。下のポケットはちゃんと作ってありますが、名刺入れが入る程度の小さいサイズです。
    • 前立ては、上から下までボタンで留めるのがオリジナルです。身頃が少し小さめにできあがった*1ので、上の方2箇所をホックで留める仕様に変えました。補強のため裏から綾テープをつけて、そこにホックを着けてあります。細かい裁縫は苦手ですよ。

f:id:binaemon:20090415161930j:image:w150

    • 袖丈を5cmほど短くしています。
    • 襟ぐりは、ポケットが終了して4段編んだところから開けました。元のパターンではもっと襟のつまった丸首で、ほんとうに「シャネルジャケット」という雰囲気のものです。

f:id:binaemon:20090415161932j:image:left:w150

というわけで、元のパターンの寸法以外の細部は変更しまくりですが、大体出来上がって試着してみたとき、パターンがとても今風にできているな~と感心しました。「今風」というのは、個人的には、袖や肩のあたりのつくりで決まるような気がしています。このパターンでは、袖ぐりはそれほどきつくなく少しゆとりがありつつも、袖はかなり細身になっていて、すっきり見えます。また肩もジャストサイズで、全体的にコンパクトな感じ。そんなあたりが、ちょっと今風かなと思います。極端に言えば、バブリーな時代のものはもっと肩がデカイですよね。


このところ忙しかったので「今日は身頃を1段だけ」「今日は袖口の拾い目だけ」みたいな感じで、結構時間をかけてボチボチとしか進まなかったのですけれども、たぶん、仕事が通常営業だったら週末2回入れたら10日間以内でできるのでは?というくらいの簡単さです。簡単でかっこよいパターンが大好きですが、これもそのひとつという印象でした。この本の他のパターンもいくつか編んだ印象では、全体的にそんな感じのパターンが多いように思います。元はさらにバルキーなのでもっと早くできそうですしね!。たとえばアヴリルさんの糸を引きそろえて編んだりしたら、ものすごく個性的なものができあがるように思います。


前立てなどのトリミングに使用したスパングルコットンについては、以前にも使っていて重々承知の通り、1玉がかなりのお値段なので、おいそれと使うわけにはいきません。今回も別に使わなくたってよかったのです。しかし、コットンニィートの卵の黄身みたいな黄色があまりにもカジュアルすぎるので、もう少しだけゴージャスな味わいがでないものかなと悪あがきしたあげく、エイヤっと使ってみました。忙しいのの憂さ晴らしの意味もあります(笑)。やっぱりものすごいキラメキを放つので、使ってよかったなーと思います。写真ではわかりにくいですが、太陽光の下だと恐ろしいほどキラっキラです。若干、美川憲一さん的な、オカン的な香がしないわけではないですが(笑)、まあ、自分も十分にオカンな年齢なのでね・・・。髪や肌に艶がなくなった分、光モノでツヤをプラスするのは、大事なことです。


ほんとうはもう少し細い糸で、もっとカッチリした、いかにも「ジャケット」という風に仕上げたいので、今期、いくつか同じようなものを編むと思います。とりあえず、第一弾としてはかなり満足のいく出来になりました。今の季節に着るにもちょうどよいですしね!



ようやく仕事の見通しがたちつつあり、少し心にも余裕がでてきました。ボチボチ日記も更新しますので、またお付き合いください。

*1:身頃が少し小さめにできあがったというより私が急激に太ったんだが