Hatena::Groupamimono

とにかくやってみよう

2007/01/05

実家の野呂糸・顛末記



さて年末。

「なんか野呂さんの糸がいっぱいあるよ」という母の言葉を聞き、

期待に胸(腹か?)を膨らませて帰省したワタクシでありましたが、

到着してすぐに「糸はどこじゃ!」と騒ぐわけにもいかず、

一通りいろいろ話をしたりなんかして、いよいよ対面です。


…母ちゃん、これは確かに「野呂栄作 世界の毛糸」という袋に

詰め込まれているようだが、野呂糸ではないようだよ。

だってラベルに「ハマナカ」って書いてあるよ。

これは「Made in England」って書いてあるよ。


実家在庫の約85%は、どうやら野呂さんの糸ではありませんでした。

でも、昔から手触りフェチだったようで、どれも結構イカス手触りです。

なので、使いますよ!ええ!どーんと送ってくれたまえ!

→ま、ダンボール1箱分だから大したことないよね!ね!?



在庫の糸でね


そんなわけで、あんまり大収穫ってわけでもなかったのですが、

自宅にいる間に、マフラーの1つくらいは編めるだろうってな勢いで、

1本置いてきました。総鹿子編みのマフラーです。

古い糸だからなのか、ほこりっぽいようなちょっと特有のニオイがあるんだけど

洗ったら結構フンワリしたし、使ってくれろ。

f:id:binaemon:20070105132733j:image:w150


マフラーってずっと苦手意識があったけれども(飽きるから)

あのコートを乗り越えた今、何でもできそうな気がしますよ。

とはいえ、Elfinのフリルとかは、私には無理そうなんだよなあ。

ま、今年もボチボチがんばろうっと。